2006年02月22日

電気用品安全法

 2006年2月に入ってから、古い電化製品が買えなくなる!という記事をよく見かけます。

どうやら原因となっているのが、これ↓

電気用品安全法は家電などの安全性を確保するために2001年4月に施行された。対象となる電気製品は450種類になり、そのうちのテレビ、冷蔵庫、掃除機、オーディオ機器、電子楽器、ゲーム機など259品目が2006年4月から“PSE”の表示があるもの以外、新品や中古にかかわり無く事業として販売できなくなる。PSEを表示するためには製造業者、または輸入業者による出荷前の製品の検査が必要となり、高い安全性が要求されるコンセントやコード類は第三者機関の検査が必要になる。もしPSE表示の製品に問題があった場合、メーカーまたは輸入業者の責任となる。ただし個人間の取引や海外へ輸出は対象外になる。

なのです
(詳しい情報はこちらがお勧めです→電気用品安全法@2chまとめ)。


 簡単に言うと、2001年より前に販売された“PSE”マークが無い家電製品が買えなくなります
(もちろん売ることもできなくなるので、これ以前に買った家電製品は資産価値ゼロになるのです)。

例えば、少し古い型のゲームのハード機であるプレイステーションやスーパーファミコン、

古くても名器のエレキ・ギターやシンセサイザー、アンプ、レコードプレイヤー、

そして、ベータのビデオやLDプレイヤーなど。


 もともと電子情報技術産業協会などが、テレビとか世界レベルで争う家電製品に全世界での安全基準になるようなものを日本で作って欲しいという意見を法律制定前から訴えてきたそうですが、

古い製品を排除して、新しい製品を売りたいメーカー側からの圧力あったのではないか?とか、

これまで国が電化製品取締法によって事業登録や製品認可を経済産業省で管理していましたので商品に問題があった場合はメーカーだけでなく国にも多少の責任があったのですが、メーカー側に全責任を負わせるためにこのような法律になったのではないか?などと、いろいろな情報がネットで流れていました。


 前にも 、Blu-rayとHD DVDでなどで繰り広げられる次世代記録メディアについて嘆いていましたが、むかしから持っているビデオやLDなどの映像作品を再生している今のプレイヤーが壊れてしまったときに、次の製品を買うことができなくなってしまうことはaliasにとっても大問題なのです。


 昨年の石油ファンヒーターのような不具合の出る製品が野放しになっているのは、消費者としても困った事態ですが、これはリサイクル市場に関わっている人にとっても死活問題のようです。

PSE表示の無い中古品を扱っている会社は4月までに商品を売り切らなければただのゴミになるどころか、家電リサイクル法によりお金を払って廃棄しなければならないリスクがあるので、いま店先に並んでいる中古電化製品などはとても安くなっているそうです(5年も前に施行された法律なのに、何で今まで話題にならなかったんだろう?)。


 こんな時こそホリえもんのように、誰かが法の抜け道を思いついてくれないかな?(笑えない)

2006年01月24日

少子化傾向

 “行列のできる法律相談所”の橋本徹弁護士にもうすぐ6人目の子供ができるそうです。
日本の少子化傾向に対して、たった一人で立ち向かっているのかもしれませんね(二人?)。


 で、少子化現象に何の問題があるのでしょうか?

かつて世界に存在した温帯雨林の半分がすでに伐採され紙や材木などに変わり、乱獲による海洋資源の減少、化石燃料に代表される埋蔵エネルギーの枯渇、そしてCO2排出による地球の温暖化現象など、人類が贅沢なった面もありますが、すべては地球上に人間が増えすぎてしまったこと自体が、一番の原因ではないのでしょうか?

まるで橋本弁護士が子供の教育費のため、多数の番組に出演してお金を稼いでいるのと同様に、
増えすぎた人類を生存させるため、地球の資源を多量に消費しているのではないでしょうか?


 少子化によるデメリットとして取り上げられるのが、年金問題、人口減少による日本国力の衰え、そして企業の人員確保の問題などがあります。
しかし、数年前ゼネコンなどによる、過疎地での高速道路建設、第三セクターの“箱もの行政”の問題では、公共事業を減らせば大手ゼネコン企業などが潰れ、多くの失業者が増えるために公共事業は減らせないという論理で政府が言い訳をして、誰も使わないものに多くのムダな税金を投入されていたのと同様に、将来の年金をまかなうために人間を増やそうとする無理な考え方になっているような気がします。需要が減れば供給も減る市場の原理もあるので、必要の無くなった企業が倒産することは仕方ないのです。

未来の子供たちのことを考えてペットボトルの再生や、低燃費の車に乗るより、エネルギーを使う人間が減った方が地球にやさしいんじゃないのかな?いまを生きている人たちは老後にもらえる年金も少なくなり多くの負担を抱えることになりますが、次の世代の事を本当に心配するのなら現在の人間ができることはその負担を受け入れることではないのでしょうか。少子化は先進国に見られる傾向ですが、いまだに全世界では人口は増え続けています。世界初の実験台として、日本は少子化を薦める国になってもいいんじゃないのかな?


 それとも、このまま人類が増えていき住む場所や資源もなくなる前に、ガンダムのように宇宙へ人類の勢力圏を広げていく未来の方がいいのかな?

2005年12月20日

米国産牛肉輸入を再開したみたいです

 政府は、牛海綿状脳症(BSE)の発生で止まっていた米国などの北米産牛肉の輸入再開を2005年12月12日に決めたそうです。そして18日には最上級のヒレ肉 “テンダーロイン”約100kgがアメリカから空輸されてきたそうです。

少し前に牛肉の産地偽装問題もあったのでスーパーの表示なんか信用できないもんね!
しばらくは牛肉を食べないことにしよっと!!

と思ったのですが、牛肉そのものよりゼラチン質や牛エキスとか危険部位に近いところの方が、スープのだしとかに使われれる可能性もあるのでチェック仕切れないし、そもそも異常プリオン自体が原因かどうかわかってないし…、あきらめて楽しく焼肉でも食べたほうがお得なのかも?(笑えない)

気になるのが、食品安全委員会が日本側と北米側の検査体制に大差がないと主張していることなのです。個体識別をして全頭検査している日本と、骨格や肉質で月齢判断をしたり、サンプル検査しかしていないアメリカと、どこが同じなの?日本の検査体勢もそれぐらいいい加減になっていると言いたいのでしょうか?
そしてアメリカの検査体制をチェックする調査チームを今ごろ派遣するそうですが、調査結果の発表は来年春頃だそうです。つまりこの2年間はちゃんと調査もしていなくて、アメリカ側からの圧力の押されて輸入再開したと宣言しているのと同じことなのです。2年間の輸入停止の間にアメリカは何の改善もしてこなかったのにいきなり再開を決めたと言うことは、日本の世論が静まるのを待っていただけなのでしょうか?

とりあえず牛肉そのものを食べないことを心の誓ったのですが、でも愛する人が一生懸命作った料理なら食べちゃうかも?(笑えない)

2005年12月16日

耐震強度偽造の問題

 最近のマスコミは牛肉問題もそっちのけで、耐震偽装のことばかり報道していますね(きっと視聴率が取れるのでしょう)。
最初に矢面に出た姉歯秀次さん(最近、ズラのバージョンを変更したようです)から、ヒューザー、木村建設、イーホームズ、日本ERI株式会社、平成設計など、いろいろ出てきましたね。そして黒幕と言われている総合経営研究所の内河健さんが登場してきました。でも、関西には内河さんをさらに裏で操っている人がいるという、噂もあるようです。日本では大きな事件になると、なぜか重要人物が自殺して真相は闇の中へ…というお決まりがあるので、早めに姉歯を拘束してくれないかな?
それに責任者が偽装離婚して財産を隠してしまうパターンも心配です。

被害者の皆様はマンション購入でローンを支払っているのに、新しく引越ししたら家賃などを払わなくなくてはならないので、家賃を二重に払っているのと同じ事になると、主張されているそうですね。
ローンを組んでいる銀行などに担保として入っているマンションを引き渡して、残りはヒューザーから直接回収してもらう事ことにしてもらえば、税金を投入しなくて済むんじゃないのかな?公的資金を投入してもらって、いまや銀行も黒字になったんだから、それぐらいの恩を返してもらってもいいような気が…。
そうするとマンション購入の頭金などは多少無駄になってしまいますが、資本主義の世界では騙された人間が悪いという面もありますし(冷たいことを言いますが…)、阪神大震災の時だって全額保証なんてしてくれなかったのです。
ヒューザーも最初から国の援助を受けようとする態度にも問題がありますが、世論に押されて公的資金を投入しようとする国にも問題があると思います(どんな決着になるんだろ?)。

 そういえば、あのフローピーディスクの一部を開発したドクター中松さんが、耐震偽装を見破る発明したと言ってるそうです。16日に記者発表を行い、偽装調査依頼の受付を開始すると言ってるのですが…。またフライングシューズをはいて記者会見をするのでしょうか?(おいおい)

2005年12月05日

NHK受信料のアンケートがきたらどうしよう!

 NHKが一連の不祥事を受けて設置した、第三者組織のNHK“約束”評価委員会が、視聴者が適当と思う受信料をアンケートで算出することを決め、視聴者約4000人を目標に、総合、教育、衛星など、5つのチャンネルごと別々に具体的な金額を聞き、同時に受信料不払い者の意識調査も行うことも決めたそうです。


 で、もしアンケートが自宅にきた時、ほかに比べるものがほとんどないのに(WOWWOWぐらい?)視聴者はどうやって価格の判断すればいいのでしょうか?それにスキウタの時も中途半端なアンケート結果を出し、結局いつもと変わらない紅白歌合戦を行うことを決定した事と同じように、視聴者を無視した(または歪曲した)受信料が決まるような気がします。

だったら、今放送しているものでいらないと思う番組(例:連続テレビ小説、大河ドラマなど)や、新しく加えて欲しい番組(例:海外ドラマ スポーツ中継など)をマークシート方式などで選んでもらい、
どんな値段になるのか、保険価格や、車オプションなどの見積もり価格表のように、アンケートを受ける人に提示しないと意味がないのでは?
でも、そんなことをするとスカイパーフェクTV!のように選べる多チャンネルにする方向にしないと、対応できなさそうですね。
結局、このアンケートも解決などにはならない、ただのごまかしになりそうな気がします。

NHKは裁判に訴えて受信料を強制徴収するよりは、形だけでもアンケートをして1割ぐらい値下げしてでも、90%以上の世帯から回収したほうがいい(数年後に値上げもできますから)と思っているのかもしれませんが、
もし、アンケートで受信料値上げという結果になっても、発表する勇気はあるのでしょうか?

タグ:受信料 NHK

2005年11月29日

都市部での方言の流行

 昔あったギャル語や、ら抜き言葉、コンビニ敬語と呼ばれる“○○でよろしかったでしょうか?”や、“○○のほうでよろしいですか?”など、これらを日本語の乱れだと指摘する人は多いのですが、

都市部での方言の流行を、言葉の乱れだと言い切れる文化人はいるのでしょうか?
(傾向としては面白いと思います)


今の流行は関西弁などの一部地域ではなく、全国の方言を組み合わせて使っているそうです。

電車男などの2ちゃんねる用語を映像で初めて見たとき、新鮮な語感に感じられたように、ブログや漫画などで使われていた地方色ある言葉が、標準語にはないインパクトや、あいまいさなどの表現方法を方言が持っていたから、影響され会話でも使われるようになったのだと、aliasは思ってます(“もったいない”という言葉が、日本独特の概念だったことと似ています)。

あと、都市部では仲間同士でしか通じない言葉であること。初めて会った人なのに同じ出身地だとローカルな話題で盛り上がれるのと同じで、グループ内でしか通じないから連帯意識が生まれる効果もあります。


ある程度は自然淘汰されると思いますが、
クレヨンしんちゃんのように、世代が変わっても根強く使われる例もあるしな〜(悩)。

どちらにしても、ドラマなどでイントネーションを間違えた方言を使われると、
地方の人間は、なぜかムカつくことだけは確かなのです(←これが言いたかったのかよ!)。

2005年11月21日

牛肉、鶏肉、豚肉

 最近、鳥インフルエンザの特集が、テレビではよく報道されています。

特にタイでは闘鶏が盛んですので、戦っている鳥が負傷した時の血液が人間が接触するので危険だとか、渡り鳥が鳥インフルエンザを国境を越えて運んでしまうなどと、鶏肉のイメージを悪くなるように報道されていますが、

アメリカからの牛肉の輸入問題から目をそらす為に、意図的に報道されているのでしょうか?


抗ウイルス薬オセルタミビル(商品名がタミフル)についても、子供に飲ませると睡眠薬を多量に飲ませたのと同じような状態になる話や、薬を飲んだ直後に自殺した少年の話が、情報として錯綜しています。薬害エイズの時と同じようなことにならないと、いいのですが…。


こんな話を聞いていると、鶏肉も食べにくいし、狂牛病で牛肉も食べられないし、豚もインフルエンザを仲介する動物だと言われてるし、いま一番安全な肉って何なんだろう?

ヘビでも食べろという気でしょうか?(おいおい)

2005年11月07日

で、まとめてTBSと阪神の株の買占め 続き

 関西ではサッカーのナビスコ杯決勝でガンバ大阪が、ジェフユナイテッド市原・千葉 に負けた試合の放送のあとに、阪神のリーグ優勝特番が放送されていたので、
「また千葉に横取りされたわ!」と思った関西人もいたかもしれません(おいおい)。

 結局、阪神は日本一になれませんでしたが、「村上ファンドで、ケチがついたからや!」とは、あまり言われませんでしたね。阪神ファンに気高さを感じました(暴動を起こすのは、ただの騒ぎたいだけの、野球とは関係ない人達だったようです)。

 最近の球界問題では、オリックスの二重支配疑惑が浮上したぐらいで、あとはこう着状態になり、水面下の経過はわかりませんが、表面上では先日にオーナー会議がありました。
阪神上場問題に関してはほぼスルー状態で、楽天のTBS株買占めは、野球協約で2球団のオーナーはできないことに違反していますが(協約にも多少問題がありますが…)、結果は保留で先送りになってしまいました。

去年、基本的には問題が無かったホリえもんが新規参入を宣言した時とは、全然態度が違います(マスコミが取り上げないだけなのでしょうか?)。

当時からあった、ライブドアを新規参入させないために、社会的に信用のある(ネクタイを付ける)三木谷さんが他球団のオーナーまたは関係者から依頼されて、新規参入してきたという噂は本当だった証明になってしまうのかも?

2005年10月29日

爬虫類なペットのお話

 最近、さそりやへびなどペットにしていたと思われる動物が逃げ出したのか?捨てられたのか?分かりませんが、民家周辺に現われたことが頻繁に報道されています。
最初にインパクトのある大きな蛇や、ピラニアなどが見つかったから、続編の記事として書きやすいのでニュースになるのでしょうね。ちなみに、日本で犬などのペットが一番捨てられた時期は、バブル経済崩壊のあとで、年々ペットが捨てられる数は減っており、今はピーク時の半数ほどになっていると言われています。

具体的な数字を挙げると沖縄の犬を対象とした資料ですが、2004年度福祉保健部には8.500匹近くの捨て犬が持ち込まれ、9割近くが…

ペットが捨てられるのは最近からじゃないんですよ。ずいぶん前からで、昔と違う点は珍しい動物が捨てられるようになっただけなんです。


話が暗くなったので話題を元に戻しましょう。

ヘビなどの爬虫類を飼う人って信じられないと、言いますがあれは後天的なものらしい。
たとえば、母親が危ないものだから近づいちゃだめよ!とか、ヘビを見て悲鳴をあげる大人たちを見て、危ない生き物だと、子供達は学習するのです。学習をしていない赤ちゃんや幼児などは平気で爬虫類たちに近づけるそうです(何でも口の中に入れますしね)。こうなると“卵が先か、鶏が先か”という有名な話と同じになってしまいそうです。
ついでに言えば、カブトムシでも子供達に害虫と教えれば、彼らは害虫だと認識してゴキブリ同様に扱います(台湾カブトムシは沖縄では害虫として認識されています)。

と云うことで、偏見なし見る事ができれば爬虫類はよほど大きいものでない限り、かわいいと思えたり、美味しそうと思える文化もあるそうです。aliasの前にはその偏見の壁が大きく立ちはだかっているので、近づきたいとは思いませんが、

あなたは、その壁を越えたいですか?

2005年10月14日

TBS株の買占め

TBSの買収対策はある程度していたようですね(株式を公開しているマスコミの悲しさです)。敵対的買収をかけられた時のマニュアル作りがしっかりとできていて、ニュースでの対応、発表用の原稿までちゃんと用意されていたようです。株の大量保有報告書を提出されたことを確認してから、楽天、次に村上ファンドと、確実なことが分からない限りTBSでは報道しないと決め事があるのでしょう。
さすがに、系列局、ワイドショーまでには気が回っていなかったためか、この件には触れない事で統一されてたようです。
数々の問題発言を繰り返していた、みのもんたの朝ズバッ!でも(ワイドショーと定義するかニュース番組とするのか判断が難しい番組ですが)、前日のマニュアル対応をそのまま放送していたそうです(見てないので詳しいことは知りません)。

 この件で一番に気になったことが、小泉首相がいつもの官邸での会見で、TBSの件について
「よく解らないんだよ、株取得とかね、敵対的買収とかね。野球はわかるけど、」
と、こんな発言を堂々と首相がしてるのに、誰も問題発言と言わないことが恐いです。

  で、暴論

公共性を保てないことを理由として、上場しているテレビ会社の買収に問題があると言うのなら、ニュースを第三者の外部に発注するか(それって誰かが言ってたような気がする)、
最初から、バライティーやドラマの部門を子会社扱いで上場して、ニュースなどの公共性のある部門を親会社にして株式公開しなければよかったのでは?(経済には詳しくないので、実現可能な話ではないかもしれません)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。