2007年10月08日

最後にアムロを受け止めたのは誰だったのか?

 2007年10月8日の月曜は体育の日ということで世間は三連休だったのですが、珍しく愛するスイートさんと共に三連休になったので、家で一緒に映画を観てみました。

ふたりで一緒に7時間ほどらぶらぶ映画を観たのですが、ガンダム・ファーストシリーズの劇場版と呼ばれる、機動戦士ガンダムT(砂の十字架)、U哀・戦士編、Vめぐりあい宇宙編だったのです(恋愛映画とか、普通の作品を観ろよ!)。

お互いに何度も観たことがある作品なので、プラモデルを作りながら観ていたのですが(だから普通に映画を観ろって!!)、スイートさんは“機動警察パトレイバー MG 1/35 98式AV イングラム1号機”、aliasは“装甲騎兵ボトムズ 1/20 ブルーティッシュドッグ”を製作してみました(何で?ガンプラを作らないんだ??)。

最近のプラモデルは配色ごとに部品が分かれているので、色を塗らなくてもほぼ忠実にカラーリングが再現されていることや、可動関節が増えているためアニメに近いポーズができること、さらに多彩なギミックが施されていることに驚かされてしまいました。



MG イングラム1号機     1/20 ブルーティッシュドッグ



 ということで本題なのですが(前置きが長いって!)、
“めぐりあい宇宙”で宇宙要塞ア・バオア・クーから脱出したラストシーンのことなのです。

簡単に説明すると、シャアとの生身の戦いを終えたアムロは自分が脱出する前にニュータイプの能力を駆使し、ホワイトベースのクルーたちを危険となった戦場から離脱させるのですが、そこから逃げだした彼らはアムロがまだ脱出用のランチには乗っていないことに気付くのです。しかし、爆発するア・バオア・クーの中から自力で脱出したアムロが「僕にはまだ帰れるところがあるんだ!」と言って、コア・ファイターを捨てランチに乗っているみんなの下へ帰ってくる名場面となるラストシーンが映し出されるのです。

なのですが、このラストシーンではアムロが無事に帰ってきたことに喜んでいるクルーたちの姿は画かれているのですが、感動的に抱き合うシーンは無く、アムロさんが彼らに向かって飛び出したところで映画は終わってしまっているのです。


 で、そんなシーンを観ていたふたりは、作中では画かれていなかった最後にアムロを受け止めたのは誰だったのか?ということで議論になってしまいました(ちなみにテレビ編を見てもラストシーンは同じような状況で終わっていました)。



 まず、速度差のある乗り物から飛び出した人間を受け止めるには女性は危険なので男性が受け止めるのが普通なのですが、物語の中でアムロと受け止めるために手を広げていたのは、ミライさん、セイラさん、フラウ・ボゥさんとみんな女性になっていました。

映画のラストシーンで抱き合うのは愛するもの同士というのが定番なので、男性に対して女性が手を差し伸べているのは普通の展開なのですが、恋愛については孤立しているアムロだったので彼と強い絆を持つ女性がいないことが判断を難しくさせるポイントになってしまうのです(彼の憧れだったマチルダさんは途中で亡くなったもんな…)。

彼を受け止めようと手を広げているシーンで最初に映し出されたミライさんには、裸を見てしまったことぐらいしか私情で関わるエピソードはなかったし、アムロにとっては母親的なものを感じさせる人だったので、彼を受け止めるには設定が希薄な人物なのです。

次に映し出されたセイラさんはパイロットとして仕事上でのパートナー的な付き合いや、シャアさんとの関係もあったので、異性として意識しにくい人だったと思われるのです。

そして、最後に映し出されるフラウ・ボゥさんは物語の冒頭ではアムロさんに恋心を抱いていた人物なのですが、いつまでも振り向いてくれないアムロさんを諦めてしまい、物語の終盤では身近にいたハヤトさんに好意を寄せるようになってしまっていたのです。

つまり、彼がどの女性に受け止められても物語として必然なシーンにはなりにくいよう思えるのです。さらにミライさんの横にはブライト艦長がいて、セイラさんの後ろにはカイさんがいて、フラウボウさんの前にはカツ・レツ・キッカがいて、そばにハヤトさんがいるという恋愛関係を表現するカットになっていることもあり、彼女たちがアムロを受け止めると、恋愛感情がある彼らとしても気まずい状況にもなってしまうと思われるのです。


 そんな風にストーリー的な展開で考察すると、誰がアムロさんを受け止めたのか?判らなかったのですが、アムロさんが飛び出したラストの映像を繰り返し見てみると、位置的にはセイラさんに向かって飛んでいるように見受けられたのです。

なので、カイさんとセイラさんの恋愛関係はカイさんの一方的な片思いでもあったので、アムロさんをセイラさんが受け止めたのかな?という結論をaliasは導き出したのです。


 なのですが、スイートさんの最終結論によると「単独で誰が受け止めても感動的なシーンにはならないし、アムロには帰ってくる場所はあっても、帰ってくるための動機付けとなる特定の人物がいない。それに単独の女性が彼を受け止めてしまうと、対する男性人の心のわだかまりやそれを選ぼうとするアムロの心に葛藤が発生してしまう。だから不必要なシーンは削り富野由悠季総監督はあんなエンディングにしたんだよ!」と言い切られてしまったaliasなのでした(たぶんオタク的な分析としては正解だと思う)。



機動戦士ガンダム III めぐりあい宇宙編 / 特別版 【劇場版】
機動戦士ガンダム III めぐりあい宇宙編 / 特別版 【劇場版】

2007年07月10日

現在のサッカー日本代表とモーニング娘。

 昨日行われた“サッカー・アジアカップ2007「日本×カタール」”を、愛するスイートさんと一緒に、昨年行われた“2006FIFAワールドカップ・ドイツ大会”をテレビで観戦した友人の家に集まり、7名ほどの小さなパブリック・ビューイングを催してみました。

なんとか勝てそうだった試合が終了直前に引き分けとなってしまい残念な結果でしたが、友人たちのほとんどがジーコ・ジャパンからオシム監督に代わってからは興味をなくしていたようで(視聴率が表しているのです)、高原直泰さんや中村俊輔さん、中澤佑二さん、川口能活さんなどの引き続き日本代表に参加している人しか分からなかったみたいです(でも、加地亮さんはあまり覚えていなかったのです)。


 なので話を聞いてみると、トルシエ監督からジーコ監督に引き継いだときはほとんど選手が変わらなかったのに、オシム・ジャパンになってから大きく選手層が入れ変わってしまったことや、イケメンな選手が少なくなってしまったこと(←重要なポイントなのです)、選手の定位置が無くなってしまうほど激しくポジションチェンジしてしまうので、選手の名前が覚えられなくなったそうです。

彼らはジーコ・ジャパンのとき、中田英寿さんや小野伸二さん、稲本潤一さんたちの試合の出来を評価したり、W杯で柳沢敦さんが豪快にシュートをはずしたことに文句を言ったり(もう、忘れてあげたら?)、選手層が変わらないから新しい世代が育たないなど、全員が批評家みたいに批判していたのに、今では試合すらほとんど見ていなかったようです。


 そんな話をしていたら、愛するスイートさんが、

数年前のモーニング娘みたいな状況やな〜


と、的確な表現方法でこの状況を例えてくれました。


 トルシエ監督やジーコ監督のときもそれぞれ多少の選手の入れ替えはありましたが、それは加入・脱退(卒業)という画期的なアイデアを生み出したモー娘に例えると、福田明日香さんや石黒彩さん、市井紗耶香さんが脱退したような感じぐらいに思えるのです。

そして、中田英寿さんや黄金世代などの活躍を見てサッカーファンになった友人たちは、初期の頃のメンバーがいなくなったことで衰退してしまった今のモーニング娘と同じような状況になってしまったのかな〜?という話になり、盛り上がってしまいました。

今ではモーニング娘。の在籍メンバーが分からなかったり、元メンバーのできちゃった婚や喫煙騒動などが次々と報道され、解散時期を逃したさみしい状況になっていますが、数年後の日本代表が同じように衰退しないことを祈るばかりなのです。


 で、試合が終わりスイートさんと一緒に車に乗り込み家に帰ったのですが、車中では、中田英寿さんをモー娘に例えると安倍なつみさんなのか?後藤真希さんだったのか?言い争いになり、家に着くまでに結論には至らなかったふたりなのでした(おいおい)。

2006年06月03日

冷やし中華始めました

 愛するスイートさんの家の近所には、今ぐらいの季節からおいしい冷麺を出してくれる定食屋さんがあるのですが、そのお店はそれ以外の定食や丼ものなどは、この世のものとは思えないような味がする不思議な店なのです(つまり、冷やし中華以外は食べたくないのです)。

その店の「冷やし中華はじめました」という張り紙を見るとスイートさんと一緒に毎週のように食べにいくのですが、秋になるといつのまにか予告もなしにメニューからなくなっているのです。

なので、年に一度はその店のとんでもない味がする定食を義理で食べなければならないのです(さすがに、なにも食べずに店を出る勇気はないのです)。

そんなつらい経験はしたくないので(おいおい)、いつも冷やし中華はいつやめるの?と聞くのですが、店の主人は注文が少なくなったら止めると曖昧な返事しかしてくれないのです。

なので、「冷やし中華やめました」って張り紙も出して欲しいと願うふたりなのでした(おいおい)。

タグ:冷やし中華

2006年05月15日

…検索中…

 aliasのパソコンの壁紙は、いまだに“世界の中心で、愛を叫ぶ”なのです(映画版)。
映画公開された2年ぐらい前からこの壁紙のままなので、そろそろ新しいものに変えようかと思っていたのです。でも探そうと思っても、壁紙って欲しくもないものは無数にネットで流れているのですが、欲しいものは意外と見つからないのです。

例えば俳優さんの壁紙を探そうとしても、第二検索ワードに壁紙とか画像とか入力しても、なぜかアダルトなサイトに飛ばされてしまうので途中でめんどくさくなって諦めちゃうのです。


 って、そんな悩みを愛するスイートさんに話したところ、

「1024 768とか画像のピクセルサイズを入力した後に、映画の題名やタレントの名前を入力したら欲しいサイズの壁紙が簡単に見つかるよ!」

と教えてくれたので、試してみると意外と簡単に探すことが出来るので、今のところ誰の壁紙にするのか選定中なのです。


 でも、何でそんなこと知ってたんだろ?常識なのかな??もしかしたら、スイートさんのパソコンって、そんな画像でいっぱいなのかな〜?と少し疑っているaliasなのでした。


タグ:壁紙

2006年04月24日

女房酔わせてどうするつもり?

 先日、愛するスイートさんとべれべろになるまでお酒を飲んだ後にTVを見ていたら、石田ゆり子さんが「女房、酔わせてどうするつもり?」と印象的なセリフを言う、ニッカウヰスキーのオールモルトのCMが流れていました。


 なので、この夫が何をするつもりなのか?ふたりで考えてみました(おいおい)。

普通に、そのまま押し倒してしまう(よくある恋愛ドラマのような展開です)。

本当は、今から離婚の話を切り出す(不倫系のドラマような修羅場な展開です)。

実は、夫が妻に内緒で多額の負債を抱えていた事を打ち明ける(ミナミの帝王のような展開です)。

真実は、ウイスキーの中には睡眠薬(または毒)が入っている(土曜ワイド劇場のような展開です)。


 ふたりともウォッカやジンなど強いお酒を飲んで完全に酔っていたので、こんな展開しか思いつかなかったのですが、その後のふたりはこれ以外の事をして楽しんだのです(内緒なのです)。


2006年04月10日

同じものを見ていても…

 桜の花が舞い散る並木道を、愛するスイートさんと通り抜けてきました。

でも、昨日は強風の上に黄砂まで飛んできていたので、宴会で騒いでいる人たちや、バーベキューの臭いや煙を振りまいている人たちは、風であちこちに物が飛んでいったり、シートがまくれあがったりして大変そうでした。

中には、焼肉の網の上に桜の花びらが落ちてくるのを見て、

「こんな不衛生なもの食べれるか!」

と言いながら、肉を捨ててる人もいました(そんな汚い物を見るために宴会をしに来たの?)。


 昔から日本人には、杯に桜の花びらが落ちてくるのを見てそれを飲み干す風流さがありましたが、アメリカなどでは春にあれほどゴミ(落ち葉)を出す木はない!と嫌われているそうなので、日本に西洋の文化が浸透した結果なのかな?(違うだろ!)。

それに、今では農薬いっぱい付いているかもしれない花びらを口に入れるのはやっぱり無理なのかもしれませんね(笑えない)。


 でも空を見上げると、この日の黄砂はなぜか白い砂だったので、白く霞んだ空と舞い上がった桜の花が入り混じり、うすいピンクのような空の色になっていました。なので、そのことに気付いていたふたりには、まるで不思議な空間に迷い込んだような気分でした。

空を見上げもせずにいた人たちには散々な日だったのかもしれないのですが、お散歩をしに来ただけのふたりには、歩いているだけでも楽しめた時間だったのです。


タグ: 花見

2006年03月22日

春物の服を買い忘れてた…

 最近はやっと暖かくなってきたと思ったら、先日はみぞれ混じりの雪が降ったり、台風なのか?と思わせるほどの暴風で街中のゴミが空に舞い上がっていました。最後まで異常気象で今年の冬は終わりましたね(まだ終わってないのかも…)。


 先日、愛するスイートさんと、「そろそろ春物の服を買っとかないと、まともな商品が店頭から無くなるで!」という話になったので、昨日の仕事帰りにふたりでユニクロに行ってきました。

昨日は春分の日で、祝日だったことをふたりはすっかり忘れていたので、道は混んでいるし、店に入っても家族連れでいっぱいだったのです(世間の方々はお昼にWBCのキューバ対日本の決勝戦を観ていたから、夕方前からお出かけし始めた人が多かったのかもしれません)。

混雑している場所が嫌いなふたりなのですが(っていうか、この店には平日はほとんど人がいないのです)、一緒に出かける機会があまりないので、あきらめて買い物をしました。


 でも、ちょっと見栄っ張りなふたりには、ユニクロでアウターやパンツを買う勇気はないのです
(おいおい)。

もちろん服の値段が安いことは重要なポイントですが、やっぱりそれなりの服を着ないとね…。

ユニクロにはカットソーやTシャツなどいろんな色や形がそろっているので、結局買うのは無地のインナーとして着る服だけなのです。


 なのですが、店内で壁を見上げると、かっこよくユニクロの服を着こなしたモデルさんのポスターが大きく張り出してあったりするので、「たまにはカーゴパンツやチノパンでも買ってみようか?」という話になる時があるのですが、

視線を下に戻し、試着している普通の体型の人々を見ていると、「モデルさんが着てるから、服がかっこよく見えるだけじゃん!」という結論になり、結局はそれを買えないふたりなのでした。



2006年02月20日

トリノオリンピックを初観戦

 愛するスイートさんはトリノオリンピックがお気に入りのようです。

aliasにとっては、冬季の五輪は無理やり作り出したように見える競技が多いし、みんなゴーグルやサングラスを着けて顔を隠してしまうので番号の書いてあるゼッケンでしか選手の判別ができないから、テレビで見ていてもあんまり応援のしがいがないんですよね〜。

でも、先日スイートさんと一緒に見ていると、競技の注目ポイントや有力な選手を教えてくれるので、それなりに楽しくコタツの中で一緒に見てました。

テレビの解説でもしつこいほどに日本人選手の紹介をしているのですが(おいおい)、スピードスケートやショートトラックなどの屋内競技の選手は、同じ競技場の同じ所属チームで練習している人がけっこう多いんですね。

そこに手腕のいいコーチがいたりするから、同じ競技場から何人ものオリンピック選手を輩出しているのかな?と、スイートさんに聞いてみたところ、、

「冬のスポーツは競技人口自体が少ないから練習する施設自体が限られてくるので、遠方にすんでる人でもそこまで引っ越して来るじゃないのかな?」

だそうです。いつも真実っぽいことを、適当に言うスイートさんなのでした
(甲子園に出場するために県外留学する高校生と同じようなものなのかな?)。

2006年02月14日

チョコレートな日

 今年もなぜかバレンタイン・デーがやってきました(おいおい)。

毎年2月14日になるとバレンタインの日になっちゃうんだよな〜(当たり前だ!)。

こんなイベント楽しみにしている人なんて、どれくらいいるんだ?(言い過ぎです!)

そもそも、なんで甘党の少ない男性にチョコレートなんか送るんだ?(たぶん正論)

甘いものが嫌いな人でも、愛する人のためなら食べてくれるのか?と女性が男性を試しているんだと、昔は思っていたのですが、

最近行き着いた結論は、どんなチョコレートを贈るか決めるために女性がいろいろ試食して、いろんな国のチョコレートをたくさん食べる理由付けにしている人が多いんじゃないか?と思ってます
(ダイエットの精神的リバウンド効果ですね)。


 ところが、先日ニュースを見ていると

チョコレートを渡す習慣なんていらない!と思っているOLが70%、サラリーマンも50%いることがアンケートの結果わかった。

と、言ってました。

OLの皆さんだって本命に渡すためだったら楽しいんでしょうけど、職場の女性達で出資しあい職場の男性全員に義理チョコを配ったりするのが大変だったり、男性は義理チョコすらもらえなかったらどうしようと思う方々が多いのでしょうね(最近は義理チョコとは言わずに感謝チョコと呼ばれているそうですが、何に対して感謝しなければいけないんだろ?)。


 本日はaliasもスイートさんも仕事で忙しいしので、チョコレートの受け渡しをして愛を語り合うことなんてありえないのです。相変わらずイベントに参加するのが嫌いなふたりなのでした。

2006年01月25日

電気街の街角で…

 昨日は、久しぶりに愛するスイートさんと次の休みが同じ日になったので、仕事終わりに待ち合わせをして、お出かけしてきました(にこにこ)。といっても、某有名電気街に行ってスイートさんが欲しがっていた“iPod nano”を見に行くことになっただけなんですけどね〜。


 着いた頃には日もすっかり暮れてしまっていたのですが、電気街の裏道にはさまざまな紙袋を持ったオタクらしき人々がたくさん歩いていたのです。その中に混じってゴツイ体格をした40歳くらいの人が通りの角で、人を値踏みするような視線で通り過ぎる人々を見ながら立っていたのです。最初aliasは、電気街には現金を持った人がたくさん歩いているので、私服警官の人が警戒しているのかな?と思っていたのですが、そのおじさんの横を通り過ぎた後にスイートさんが「あのおじさんやばいで!女の子をじっと見てるで!!」と、小声で話し掛けてくるのです。

で、おじさんの視線が集中するところをたどってみると、10〜15メートルくらい離れたところにメイドさんの格好をした女性が二人ほど立っていたのです。スイートさんが言うには、おじさんはそのメイドさん達の事をじろじろと見ているようなのです。

彼女達が何かを配っていたので貰ってみると、メイド喫茶の呼び込みチラシを配っているようなのです。この辺りでも先日は雪が降っていたぐらいなので、18時ぐらいの電気街でも氷点下近くの気温になっているのに、彼女達は絶対境界線が見えるような薄着のままのメイドさん姿なのです。冷たい風でほほを赤く染めながら、彼女達は必死でチラシを配っているのです。そんな彼女達を星飛馬の姉のように(参考:巨人の星)、隠れて見ているおじさんって、いったい…?

と、思っていたのですが、二人で相談した結果、メイドさんがいじめられたり、襲われたり、囲まれたり、セクハラされたり、脅されたり、さらわれたり、殴られたり、なめられたり、(しつこい!)、
身の危険が無いように見張ってる私服ガードマンさんじゃないか?という結論になりました。

だって、彼女達を観察していたalias達は、そのおじさんから威圧の目で見られちゃったのです。


 最近、一部地域ではメイド喫茶が乱立されたため、コンビニのように供給過多となり閉店する店も出てきているので、コスプレ喫茶の客寄せイベントでは “スク水night”(スクール水着のコスプレでお出迎えしてくれる、夜のイベントがある日の事なのです)などインパクト勝負で客引きをするような状態ですから、これくらいの営業努力はしないといけないでしょうね。


 で、本題なのですが(いまごろかよ!)、

「よろしくお願いします!」と言いながら彼女達は一生懸命にチラシを配っているのですが、
メイドさんの掛け声が普通すぎるということなのです。

「ご主人様、お帰りなさいませ!」というセリフが売り文句で人気になったメイド喫茶なのですから、
もうちょっと気の聞いたセリフを言って欲しいんですよね〜。


 で、ふたりでメイドさんがチラシを配るときのセリフを考えた結果、

「ご主人様、よろしくお願いします!」(そのまま過ぎますね)

「新しいご主人様になってくれませんか?」(ほとんど風俗店みたいですね)

「私がまぜまぜしますから、コーヒーを飲みに来ませんか?」(ぼちぼちです)

「ご主人様、新しくできた別荘に行ってみませんか?」(けっこういいかも?)

「私と一緒にコーヒーを飲んでくれないかにゃん!」(ネコ耳にしてみました)


 そんなムダ話をしている間に、当初の目的だった電気店が閉店の時間になっていることには、
まだ気付いていなかった、ふたりだったのです。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。