2007年12月06日

ガリレオは毎週見てるのです。

 2007年10月15日より、フジテレビ系列の月9の放送枠で毎週オンエアーされているドラマ“ガリレオ”は福山雅治さんと柴咲コウさんが共演していることで有名なのですが、2006年にドラマ化された白夜行などの原作者である東野圭吾さんのファンとしてドラマを見はじめたのです。

でも、aliasはこのドラマの原作小説である“探偵ガリレオ”と“予知夢”に関しては読んでいない程度のファンなのでした(おいおい)。


探偵ガリレオ (文春文庫)     予知夢 (文春文庫)



 物語は、新米警察官である内海薫が持ち込んでくる超常現象のような摩訶不思議な事件のからくりを、物理学科の准教授である湯川学が解析していくドラマなのです。頭脳明晰で天才な湯川さんなのですが、変人と呼ばれるほど数字や公式にはめて物事を考える理系男なので、事件の被害者を助けたい一身でがんばる内海としては感情面で理解できないのです。でも、彼がスポーツ万能なだけでなく芸術などにも造詣が深いところや、場所も気にせず夢中になって数式を書きながら事件の謎を解き明かしていく姿をみてしまったり、ロジックの中で生きている彼が彼女の純粋な心に引かれ始めたりして、やがて相手に好意のようなものを抱き始める二人が画かれるドラマなのです。

この作品は視聴率が低迷しているドラマ業界で、初回は24.7%(関東地区)を叩き出し、その後も20.0%付近をマークしているのです。


 で、ドラマの初回放送が終わった後の10月21日に、2008年秋公開予定でガリレオの映画化が発表されました。

1話目の高視聴率を受けて、この作品を映画化が決定したような番宣だったのですが、
数々の映画やドラマなどに起用され“KOH+”の歌手として数年先のスケジュールまで決まっているはずの人気芸能人である柴咲コウさんと福山雅治さんなので、一年後に公開される映画のロケ・スケジュールを急遽組み込むことはできないはずなのです。

それにスポンサーなどの金銭面や製作スタッフなどのことを考えると、このドラマを放送する前から映画化されることが決まっていたと推測されますので、ガリレオ・プロジェクトはフジテレビの社運をかけたコンテンツであることは間違いないようです。

映画の題材として選らばれた原作小説は、探偵ガリレオ、予知夢に続くシリーズ3作目の“容疑者Xの献身”という作品を映画化するのですが、第134回の直木賞や第6回本格ミステリ大賞などに受賞した作品でもあり、物理学者と数学者が戦う、心理戦をメインにした天才同士の対決の物語だそうです。


容疑者Xの献身



 そんなこんながありまして、このドラマを毎週見ているのですが、全体的に古臭さを感じてしまう物語なのです。今では“CSI:科学捜査班”などに代表される最新科学を駆使して、現場に残されたわずかな血痕や繊維、ほこりを分析して犯行の過程を推測するリアルなドラマなどが放送される中、刑事コロンボや土曜ワイド劇場的な展開で事件を解き明かしていくのです。さらに物理学者が主人公なので数式のようなものを書き出したり、理系っぽい会話が交わされるのですが、小学生の実験かよ!(または、学研の科学と学習のおまけ)と、思わされてしまうもので展開されるのです。

なので、本格ミステリ好きな人としては、物語の冒頭シーンで謎の真相がほとんど解ってしまったり、ミステリ界における禁じ手を使ったりするので、ドラマを見てるのが辛い状態なのですが、すでに8話まで放送され、残りの9話と10話はゲストに久米宏さんを迎えたラストになるので、映画を楽しむためにも最後まで耐え抜こうと決めたaliasなのでした(特番で11話目が製作されちゃうかも…?)。



 でも、推理小説を読まない人やあらゆる年齢層を対象にしたドラマなので、誰でも納得できる謎解きをするためにはこれぐらいのレベルにしないといけないのでしょうね。それに最近は恋愛ドラマとして見ていたり、別の意味でのドラマの楽しみ方をしているのです。


@ 福山雅治さんは理屈っぽく融通の聞かない理系な男としてマイナスイメージになりかねない役どころなのですが、それを回復するため彼の男らしさを感じさせる姿が映し出されるのです(例:スカッシュ、フリークライミング、アーチェリー、彫刻)。

なのですが、そのシーンもだんだんネタ切れしたのか無理のある設定なってきたので、次はどんな姿で彼が登場するのか?楽しみな設定なのです(年を重ねても、やっぱり彼はかっこいいのです)。


A そして、ミステリ小説の世界では人を騙すためのトリックはやり尽されたと言われている業界なのです。そのため、このドラマも過去の作品をリスペクトした仕掛けが施されているので、どの作品からパクッた仕掛けなのか?思い出したり、調べてみるのも楽しいのです(例:横溝正史さんの本陣殺人事件)


B さらに、事件を真相を閃いたときに、彼がところかまわず数式を書き出すお約束のシーンがあるのです(例:道路のアスファルト、ドラム缶、黒板、机、地面、くもった車の窓、ショールームの窓ガラス、民家の壁)。

最初は地味な場所に書いていたのに、だんだん派手なシュチュエーションになってきたので、ドラマのラストや映画化されたときには、国会議事堂や皇居、世界遺産の建造物など政治的に配慮されている場所に落書きするシーンが出てきたり、女子更衣室や人の体に口紅で書くなどの18禁な展開もあるのかな〜?と、楽しみにしているaliasなのでした(ドラマのファンに怒られるぞ!)


2006年04月07日

名探偵モンク3が始まったみたいです

 刑事である主人公エイドリアン・モンクは妻を殺されてしまい、その事件が迷宮入りなって以来、妄想や強迫観念症に陥り、普通の生活すら困難になってしまう。結果、休職となってしまうが、その後刑事として優秀だった彼はその才能を活かし探偵として現場に戻る。

と、いうとずいぶん暗い話なのかな?と思わせるのですが、名探偵コナン君が子供になってしまった理由ぐらい、本編とは関係ない設定の海外ドラマなのです(おいおい)。


 刑事コロンボや田村正和さんが演じていた古畑任三郎のように、最初に犯行現場を映し出し、どうやって犯人を追い詰めるかという手法で1話完結のドラマが展開されます。普通の人がちょっと真面目に考えたら事件の謎が解けるという、IQで言ったら105ぐらいの微妙な事件解決の難易度設定がされているのです。 “CSI:科学捜査班”のように最新技術を使った犯罪捜査の知識を売り物にしたドラマではなく、シャーロック・ホームズのような古き良き時代を思い出すような懐かしさを覚えるドラマなので、家族そろって安心して観れるのですが、全米のケーブルテレビでトップの視聴率を取ったこともあり、数々の賞を受賞したドラマなので、意外と侮れないのです。


 モンクさんは人ごみが苦手で、潔癖症で人と握手した後には除菌ティッシュで手を拭かないと気がすまなかったり、物の場所が少し歪んでいると直したくなってしまったりする、普通よりちょっと過敏な人なのです。それを笑いにするところも多々あるのですが、それを克服しようとするモンクさんの生き方が微笑ましいドラマでもあるのです。


 原題は“Monk”で、日本では今のところNHKのBS2で放送中です。そんな困ったモンクを演じるのが“トニー・シャルーブ”さん。そして病気の看病をしていてそのまま探偵のアシスタントになったシャローナを演じるのが“ビティ・シュラム”さんだったのですが、第二シーズン途中から降板したため“トレイラー・ハワード”さん演じるナタリーがアシスタントになりました。この方は前からファンだったのでaliasとしてはさらに面白くなったドラマなのでした。



Monk: Season Three (4pc) (Ws Sub Dol Slim)
Monk: Season Three (4pc) (Ws Sub Dol Slim)


2005年12月11日

ザ・ホワイトハウス

早朝に「POTUSが転ころんだ」と書き込まれたのポケットベルが鳴り響き、そして多くの人がその対応に追われるところから一日が始まる。その転んでしまったドラマ主人公は

residents he nited tates

そうアメリカ大統領なのです。

このドラマは24のようなアクションシーンもなく、恋愛シーンもそっけないドラマなのですが、
大統領のために働くスタッフ達は、銃規制法案や、国税調査の法案など、議員の説得や情報リサーチに追われる多忙な日々に、さらに突発的に大災害や、テロなども巻き起こる。早急に対応しなければならない事に、情報を集めなければならないスタッフ、短時間で次の行動を決断しなければならない大統領、そんな緊張感がただの会話だけで観ている者を魅了します。そんなスタッフにはロブ・ローやアリソン・ジャニーなど映画でも見かけるような人が出演しています。

政治の話なので多少とっつきにくそうですが、スタッフの中にもベテランから新人までいるので、専門外の人に説明するシーンなどを使って、画面の前の観ている人たちにも分かりやすく話しに溶け込めるようになっています。

基本的には1話完結型なのですが、トータルで見るとこんな風につながってくるのか!と緻密に計算された展開に驚かされてしまいます。

もちろん大統領に魅力がなければ成立しないドラマなのです。配役にはマーティン・シーンを使い、エピソードの中には大統領が新しく入ってきたスタッフに声をかけ、「勝手に調べさせてもらったが、君のお母さんは銃で撃ち殺されたそうだが、わが政権はその銃を規制する法案に取り組んでいるんだ。いっしょに働いてくれるかい?」
って、こんなことを言われたら、一生付いて行きたくなるよな〜。

こんな文章ではこのドラマをうまく説明できませんが、あなたが見たくなったら幸いです。


原題はThe West Wing(←ホワイトハウスの西側にある大統領執務室のあるところです)で、
第1シーズンはNHK総合で放送されていたのですが、なぜか第2シーズンからはNHKのBS2で放送され(たぶん韓流ブームに負けたのです)、ただいま第4シーズンに突入しています。第1シーズンから観たい方はDVDで観るか、スカイパーフェクTV!、ケーブルテレビなどの、スーパーチャンネルで放送中です。

2005年11月18日

LOST放送中

Lost: Complete First Season (7pc) (Ws Ac3 Dol)


 人気の海外ドラマがついに放送ということで、“24”と比較する人は沢山いるのですが、

主人公の名前が、またジャックだよ!と突っ込む人はあまりいないみたいですね。


ふと気づくと森の中で目覚めたジャックは、人声のする方に向かう。

すると見えてきたのは、海岸と、破壊された飛行機の胴体部。

事故に怯え、泣叫ぶ声と共に負傷者達の姿が見える。

医者の資格をもつジャックは、できる限り人を安全なところに移動させ治療を行う。

いつまでたっても救援が来ないので、通信機のある飛行機の先端部を探しに森へと入っていく。

森の深い奥の方で機体を見つけ、操縦席にはまだパイロットが生き残っていたのだが、

突然、何者かに襲われ、必死で森の中へと逃げるジャックたち、

しばらくしてから現場に戻ってくると、なぜかパイロットが10メートルぐらいある木の上で惨殺されていた。


で1話目が終わりました。

2話目は海岸では通信機が使えないため、またあの森に戻り山頂を目指すという話になっています。

目の前の現実への対処と、飛行機が壊れ落ちていく事故を回想するシーン、そして主要メンバーの過去が少しづつ明かされながら物語は進んでいきます。彼らはたまたま同じ飛行機に乗っていただけだった、人種、年齢もばらばらな、相手の事を全く知らない集団にすぎないのです。

今のところ、24のようなサスペンスなのか、X−ファイルのような超常現象の話なのか
全く区別出来ませんが、けっこうはらはらハマっています。

今は、スカイパーフェクTV!、ケーブルテレビなどの、AXNでしか観れないみたいですが、
半年ほど待てばレンタルされそうだと推測されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。