2005年10月27日

エターナル・サンシャイン

【DVD】 エターナル・サンシャイン DTSスペシャル・エディション


あなたは、ひどく傷つけられた失恋の痛みを、手術で消せるとしたら、受けてみたいですか?


過去を振り返りながら、一晩で恋の記憶は消去されていきます。


破局を身近に感じながら、ケンカばかりしていた毎日も

一緒にいるだけでも、楽しかった日々の思い出も

出会った頃に感じた、新鮮なきらめきも…

そして、

ふたりにしか、わからないこと

ふたりで乗り越えて、成長してきたこと

ふたりのことを思い、あなたが決断してきたこと


そのすべてが消えることに、人のこころは耐えられるのでしょうか?

 
この映画にはやさしい嘘が隠されています。

2005年10月23日

セブンソード

 “HERO”、“LOVERS”に続く武侠・超大作・第3弾!!

って、宣伝してますが、いつのまにシリーズ化したんだ?

3作とも1話完結型の物語だし、“HERO”“LOVERS”はチャン・イーモウ監督で、“セブンソード”はツイ・ハーク監督です。チャン・イーモウ監督が本当に第3弾を出したらどうすんだろう?

確かに3作とも武侠映画という点では共通しています。映画の特徴としては、
“HERO”が、美しさと哲学が共有した映画、
“LOVERS”がアクションと美を追求した映画、
“セブンソード”は武侠の本質に戻ったような映画でした。

 新しく勃興された清王朝の非道な政策に対して、反清王朝のである村に7人の剣客が集まり、新国家と戦う物語なのですが、どこかで聞いたことのある設定だなと、思われる人も多いことでしょう。
そして、7人の剣客それぞれのエピソード、それぞれの戦いが画かれるのですが、2時間30分の映画の中にも詰め込むことができなかったようで、誰に感情移入すればいいのか?迷ってしまいますし、物語もタイトに進んでゆくので多少混乱してしまいました。何度も観て楽しめる映画なのかもしれません。

アクションはCG、ワイヤーアクションなどを、多用していないところが、懐かしくもあり、新しさでもある、香港映画の王道スタイルでした。ストーリーは適当に聞き流していても、アクションだけでも楽しめる映画だと思います。



セブンソード
セブンソード


2005年10月21日

私の頭の中の消しゴム

 助詞の“”の字を三回連続使うなんて、文法的におかしな題名だな〜
というのが最初の印象だった、“私の頭の中の消しゴム”を観てきました。

 この映画に出てくるのは、ちょっと物忘れの多いおとぼけなところがかわいい女性と、不良っぽい無口でかっこいい男性。コンビニで出会った二人が、偶然的で、運命的な、微笑ましい恋愛をする映画です。
彼女は服のデザイナーをしていて、さらに社長の娘。彼は土建業で、毎日汗水をたらしながら働く職人なので、世間から見れば不釣合いと言われるカップルだったのですが、、彼が建築士の免許を取り、どんどん女性が結婚の理想とする、社会的に認められた男となっていきます。
周りから見ていても、らぶらぶな二人はやがて、数々の困難を越えて、結婚しましたとさ。

…で、エンドロールの字幕が流れるはずもなく、結婚して幸せに過ごす二人の生活を画きつつ、違和感のあるシーンが少しずつ盛り込まれていきます。それが、彼女の頭の中の消しゴムなのです。

彼女の記憶が少しずつ侵されていき、社会の中での生活にも対応していけなくなり、彼女を包んでくれていた、友人、家族、夫の存在ですら彼女の記憶の中では不確かなものへとなっていきます。

そんな彼女に対して、男はいったい何ができると言うのでしょうか!


ラストシーンでは、aliasのほほにも一筋の何かが…

恋愛映画としては、今年最高にハマってしまいました。



 それにしても、世の中の男性がだまされやすい、さとう玉緒さん的な小悪魔な女の子って、あんなタイプに見えるように努力しているだろうな〜と、別な視点から見てしまうaliasの冷静な別人格がいました(おいおい)。



私の頭の中の消しゴム
私の頭の中の消しゴム


2005年10月16日

ルパン

 特に興味はなかったのですが、友人が好印象だったので観てきました。
その友人がルパンとルパン三世は遺伝子的に同じだと言ってたので、何のことやら?と思い、
映画館で見ると、すぐに意図が分かりました。両方ともモミアゲが長くて濃かったのです。
ルパン三世が生まれた背景には、怪盗ルパンの原作にアジアに孫がいるというくだりがあったので、それをヒントに作られたと、聞いたことがあるのですが、原作は読んだことがないので本当かどうか知りません。


 原作の小説を読んでいる人には、ルパンシリーズの名作を詰め込んだ映画で、子供時代のきらめきを思い出すような作品だったそうです。
ルパンは、三世と同じように、きれいな人や、困っている女性にはやさしく、悪女にはとても弱いひとでありながら(参考 峯不二子)、金持ちの女性からは身に付けている宝石を盗めると言う、矛盾した人格の持ち主でした。

こんなんじゃ!ただのこそ泥じゃん!!と思っていたら、
いきなりトゥームレイダーやナショナルトレジャーのような宝捜しの物語に変わっていくじゃないですか、それと同時に派手なアクションシーンなども展開していきます。
このあたりが、フランス映画なのにハリウッド的と言われる所以かもしれません。

この宝捜し物語に所々絡んでくるのが、子供時代のトラウマの話です。
子供時代の画かれ方はルパンシリーズの原作が前提にあって、その原点を画いています。
たとえば、今年の夏に公開されたスターウォーズや、リング・ゼロ、バットマンビギンズなど、
どうしてあのかわいい少年(少女)がダースベーダー(貞子)になってしまったのか?のような、
怪盗ルパンになってしまった理由(負い目)が画かれていました。
このあたりのセリフの掛け合いがフランス映画っぽく画かれています。

 
フランス映画独特の世界観と、ハリウッド的派手さの両方を生かそうとしているので楽しめますが、
ちょっと中途半端とかも?(シリーズ化したいのか?)



ルパン コレクターズ・エディション (初回限定生産)
ルパン コレクターズ・エディション (初回限定生産)

2005年10月13日

アラハン

 アラハンといえば1986年に公開された、少林寺拳法で戦うジェット・リーの大ヒット作品なのです(阿羅漢)。映画の冒頭で叩いていた大木が壊れてしまい、映画のギャラのほとんどが慰謝料にとられてしまったことを思い出しますが、

韓国発のこの映画は垂直になっているビルの壁を走ったり、かめはめ波みたいな物を打ったり、空中浮遊したりする、小林サッカーなどに代表される、この世にありえない力を使いこなすカンフー映画でした。

 主人公の警官は犯人を追いかけ必死で走っているのに、昼休みの休憩が終わり会社に急いで戻ろうとしているOLにも追い抜かれるほどのひ弱な成年で、風貌がお笑いコンビのドランクドラゴンのメガネをかけている人(名前不明)に似ていることで、さらにひ弱さが強調されていました。そんな彼が成長していくにつれ、お笑い芸人から、韓流スターの貫禄がある顔へと変貌していくのです。

最初は七仙と呼ばれるカンフーマスター達に素質を見込まれてカンフーを始めるのですが、つらい修行をさせられ、うだうだと文句を言ったり、失敗を繰り返し、コミカルに話は進んでいきます。ところが七仙の師匠たちが何者かに次々倒されていく、七仙は最終解脱者(アラハン)になるためのカギを守るためにいる存在だったのです。

軽い雰囲気の主人公側に対して、ダークサイドに落ちた敵がシリアスに画かれていて、
世界観を両極端にしているところが面白かったです。

 ヒロインのユン・ソイさんはモデル並にスタイルいいし、髪も長くきれいで良かったです。でも、最近の韓国の女優さんはチョン・ジヒョン(猟奇的な彼女)を目指しているのでしょうか、彼女とよく似た雰囲気をもった人が(彼女を含め)たくさん映画に出てくるような気がします。韓国では整形が日常で行われているといいますから、あれが今流行している顔なんでしょうか?(おいおい)



アラハン
アラハン

2005年10月09日

チャーリーとチョコレート工場

●ウンパ・ルンパが最高!

●チョコレートの川で泳いでみたい!!

●もしあんな不思議なお菓子工場があったら行ってみたいな!!!


 って、友人、知人、検索してみても、このような内容の賞賛の言葉が、あちらこちらから聞こえてきます。

チョコレートとお菓子でできた森や、だれも食べたことのないお菓子、夢のような機械など子供たちが楽しめるものばかりなので、ファンタジーな気分で映画館に行くと、

入場する映画館を間違えたの?

aliasの頭がおかしくなったの?

それとも別世界に迷い込んでしまったの?

と、思うほどaliasの認識と世間の認識にギャップがありました(想定外ですよ!)。
まるで教会の礼拝やお坊さんの説教のように

悪いことしたら地獄へ連れて行かれるぞ!

嘘ついたら舌を引っこ抜かれるぞ!!

夢のように画かれた映画の表面には出てきませんが、上記のような責め苦が物語の根底に画かれていて、全然楽しめません(R-12を指定したくなりました)。

さらにみんなの一押し!ウンパ・ルンパという小人のおじさんがいるのですが、独特でインパクトのある曲にのせて登場してくる彼らは(同一人物が1人20役を演じています)、まるで小さなみのもんたが20人いるくらい、うっとうしいのです。


 夜中に、20人の小人とあの歌が、ぐるぐると頭の中をめぐる悪夢をみて、うなされてしまいました。

子供にも大人にも、パニッシュメントが必要なのかな?
この映画はaliasにとって工場見学ではなく、地獄めぐりのような映画でした。


 こいつ酷いこと書いてるよな!と、いうことはaliasも認識しているのです。体調や精神状態によって、受ける印象が変わってしまうことはよくあるので、この認識は間違ってるのかもしれません。

でも、この映画を見るときは心の片隅に止めておいてね。



チャーリーとチョコレート工場
チャーリーとチョコレート工場

2005年10月07日

シン・シティー

 白黒のインパクトのあるCM展開をしている映画ですが、
この白黒画面が意外と曲者で、観てる人の想像力を働かせることで平凡な風景を美しく見せたり、
手や足が引きちぎれ血が舞うようなシーンでもアニメチックに和らげられています(多少ですが…)。
さらに印象付けたいシーンには、女優の唇や、服、空などを単色で彩り、映像を引き立てています。


 3個の独立したエピソードがシン・シティーという場所の中で、すれ違うこの物語では豪華共演人が格闘技ゲームのようにさまざまな独自のスタイルで戦います。

ほとんどが有名な人ばかりなので、あまり知られていないデヴォン青木に注目してみました。
ワイルド・スピードの二作目に出演してたくらいにしか覚えていないので、調べてみると、


…… 検索中 ……


彼女は日本人ハーフで世界的にはトップクラスのモデルさんらしい。
それなら日本でも、もっと有名なるはずだろうと思うのですが、顔がね…
日本人好みじゃないところが、この国ではメジャーになり切れないのでしょう。
そんな彼女が他の共演者に負けず劣らず暴れまわり、舞うがごとく二刀流を使いこなし、手裏拳を投げ、忍者のように飛び回ります。

う〜ん…、いまだにハリウッド映画人の認識で日本人は忍者のイメージから抜け出せないのねと、少しさみしい気持ちになりました。
そういえば映画ファンドで有名になった 忍 SHINOBI をハリウッドリメイクするって言ってたしなぁ〜(遠望)。


 それからイライジャ・ウッドが意外なキャラクターになってました。彼が演じるシリアルキラーは

もうロード・オブ・ザ・リングのイメージは捨てたいのね!
と、思わすほど、幼さをのこしたままの殺人鬼を演じる彼には、妖気が漂っていました。


 あの洗練されたCMを見て、女性と観に行こうと思っている方は、まるで女性に北斗の拳を勧めるのと、同じ状態になってしまいます。結局のところヴァイオレンスな作品なのです(リメンバー キル・ビル)。

でも、キル・ビルと同様にハマってしまう人は多いと思います。



シン・シティ プレミアム・エディション
シン・シティ プレミアム・エディション


2005年10月05日

ステルス

 大空を飛び回る飛行機や、海を駈けぬける船のアクション映画はあまりヒットしないのです。
なぜかと言うと、速さを比較する対象物が無いので、スピード感をいまいち体感できないからです。

たとえば今までベンツに乗ってたけど、家庭の事情で軽自動車に乗り換えました〜
みたいな感じです(よけい解りにくいか?)。

ところがこの映画は最新型のステルス戦闘機が、ビル街や山間を駈けぬけ、さらに空の上にも対象物を作り出し派手なバトルを展開します。

 映画の序章は、人工知能を備えた最新ステルス戦闘機に、一撃の雷が落ちたことがきっかけとなり、自我に目覚め世界を相手に暴走し始めた…

って、おいおい、雷って

スパイダーマンでも、もうちょっと現実的な設定にしてたで、
と思うのは私だけではないでしょう。


 自我に目覚た戦闘機“エディ”が暴走し、核爆弾や前評判でも話題になった北朝鮮も絡んできて、世界大戦の危機に巻き込むストーリー展開に「この先どうなるんや?!」と思わされましたが、いつのまにかエディがナイトライダーのキットのような従順な相棒へと変わっていることが、私としては一番面白かったです。



ステルス デラックス・コレクターズ・エディション
ステルス デラックス・コレクターズ・エディション


映画レビューの一覧なのです。

あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行 英数字

 
 あ行
悪魔の棲む家
アラハン
イーオン・フラックス
インサイド・マン
イントゥ・ザ・サン
イントゥザブルー
イン・ハー・シューズ
インビジブル2
インファナル・アフェア
ヴェニスの商人
ウォレスとグルミット 野菜畑で大ピンチ!
UDON
姑獲鳥の夏
ウルトラヴァイオレット
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序
エターナル・サンシャイン
エミリー・ローズ
エラゴン 遺志を継ぐ者
エリザベスタウン
ALWAYS 三丁目の夕日
男たちの大和/YAMATO

 
 か行
傷だらけの男たち
機動戦士Zガンダム -星を継ぐ者-
機動戦士Zガンダム II -恋人たち-
機動戦士Zガンダム III -星の鼓動は愛-
CASSHERN
逆境ナイン
嫌われ松子の一生
銀色の髪のアギト
キング・コング(2005)
クィーン
グミ・チョコレート・パイン
暗いところで待ち合わせ
クラッシュ
クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲
GOAL! ゴール!
GOAL!2
恋空
氷の微笑2
50回目のファースト・キス

 
 さ行
最後の恋のはじめ方
最終兵器彼女
サイレン FORBIDDEN SIREN
サイレントヒル
サウンド・オブ・サンダー
サマータイムマシン・ブルース
サムサッカー
THE MYTH/神話
SAYURI
Gガール 破壊的な彼女
幸せのポートレート
四月の雪
ジャーヘッド
16ブロック
守護神
主人公は僕だった
シュレック3
シリアナ
シン・シティー
真救世主伝説 北斗の拳 ラオウ伝 殉愛の章
親切なクムジャさん
スウィングガールズ
スケバン刑事 コードネーム=麻宮サキ
スケルトン・キー
スター・ウォーズ エピソード3 シスの復讐
ステルス
スパイダーマン3
SPIRIT
300 <スリーハンドレッド>
世界最速のインディアン
セブンソード
戦国自衛隊1549
ソウ2(SAW2)
ソウ3(SAW3)

 
 た行
ダーウィンの悪夢
ダーク・ウォーター
大停電の夜に
タイヨウのうた
タッチ
007/カジノ・ロワイヤル
チキン・リトル
チャーリーとチョコレート工場
デイジー
ディパーテッド
ディープ・ブルー
ティム・バートンのコープス・ブライド
DEATH NOTEデスノート 前編
DEATH NOTE デスノート the Last name
DOA/デッド・オア・アライブ
デュエリスト
東京タワー
時をかける少女
トム・ヤム・クン
ドラえもん のび太の恐竜2006
ドラえもん のび太の新魔界大冒険 〜7人の魔法使い〜
トランスポーター2
ドリームガールズ
トンマッコルへようこそ

 
 な行
ナイト・ウォッチ/NOCHNOI DOZOR
ナイロビの蜂
ナショナル・トレジャー
NANA
NANA2
ナルニア国物語 第1章ライオンと魔女
南極物語(2006)
日本以外全部沈没
日本沈没

 
 は行
バイオハザードIII
博士の愛した数式
ハチミツとクローバー
バックダンサーズ!
パッチギ!
バットマン ビギンズ
バベル
ハリー・ポッターと炎のゴブレット
ハンニバル・ライジング
B型の彼氏
ピンクパンサー
七人のマッハ!!!!!!!
ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン
フォーガットン
フォーン・ブース
武士の一分
フライ,ダディ,フライ
フライトプラン
ブラザーズ・グリム
プラダを着た悪魔
ブラッド・ダイヤモンド
プレステージ
ブロークバック・マウンテン
PROMISE
ベオウルフ/呪われし勇者
僕の、世界の中心は、君だ。
ポセイドン
ホテル・ルワンダ

 
 ま行
マイ・ボディガード
迷い婚 -すべての迷える女性たちへ-
Mr. & Mrs. スミス
M:i:III
ミュンヘン
名犬ラッシー
殯の森(もがりのもり)
モンスター

 
 や行
ユナイテッド93
欲望の街

 
 ら行
LOVERS
ラブ★コン
力道山
ルパン
レジェンド・オブ・ゾロ
レディ・イン・ザ・ウォーター
ロッキー・ザ・ファイナル

 
 わ行
ワールド・トレード・センター
ワイルドスピードX3 TOKYO DRIFT
私の頭の中の消しゴム
WATARIDORI

 
 英数字
007/カジノ・ロワイヤル
16ブロック
300 <スリーハンドレッド>
50回目のファースト・キス
ALWAYS 三丁目の夕日
B型の彼氏
CASSHERN
DEATH NOTEデスノート 前編
DEATH NOTE デスノート the Last name
DOA/デッド・オア・アライブ
GOAL!
GOAL!2
Gガール 破壊的な彼女
LOVERS
M:i:III
Mr. & Mrs. スミス
NANA
NANA2
PROMISE
SAW2
SAW3
SAYURI
SPIRIT
THE MYTH/神話
UDON
WATARIDORI
タグ:映画
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。