2005年11月25日

イントゥ・ザ・サン

 先日、“世界バリバリ☆バリュー”って番組で、ガメラシリーズで有名な藤谷文子さんが、父親がスティーブン・セガールさんであることを紹介していました(一部ファンしか知らなかったのです)。

昔、セガールさんは大阪で合気道を習い、その道場の娘さんと結婚していたので、
インタビュアーの質問にも、流暢な大阪弁で答えていました。

最近は一時の沈黙シリーズほど、セガールさんの映画には集客能力がないので、
こんな宣伝のやりかたをするんだ!と、少しさみしくなりました。


で、映画のストーリは、

 あらゆる人種がいる東京で、不法入国している外国人を一掃することを、マニフェストで挙げていた知事が殺される。そこでテロの可能性も考え、日本国政府はアメリカの捜査機関にも捜査を依頼した。そこで選ばれたのが、子供の頃は東京の下町で育ったセガール。
そして、ヤクザの関係者から捜査をはじめたセガールの前に現われたのは、中国マフィアと、新興勢力の暴力団の二大勢力が手を組んだという事実。
その新興勢力に婚約者を殺されたセガールは復讐のために立ち上がる。


とまあ、ブラックレインに似た感じの映画でした。悪役の大沢たかおさんは、ちょっと威厳がなくて物足りなかったのですが、相棒役の豊原功補さんは、なかなかいい雰囲気出していました。
ハリウッドデビュー作ということで、日本の役者さんたちは気合の入っていたようですが、
大人の事情により、日本でしか公開されなさそうです(かわいそうに)。

で、注目すべき点は、日本を舞台にした映画なので、日本語と英語、中国語が混じってくるのです。

基本的に、短いセリフは相手の話す外語を使い、セリフが長い時は母国語を使うという、
よく分からない、不自然な設定になっていました。

ところで、映画の広告には

ラブシーンあり、マーシャル・アーツあり、殺陣あり、しかも関西弁炸裂

と書いてあったのです。

確かに関西弁が得意なセガールなのですが、

映画の設定は東京下町育ちと、なっているのに、なんで関西弁やねん!(笑)

日本公開では東京の下町育ちという設定を隠すか、最初から映画の設定を変えとけよ!

アクションも面白いのですが、セガールが真剣に関西弁を話すたびに、場内から爆笑がおこる不思議な映画でした。


ちなみにaliasが一番好きなシーンは、セガールが刀を構え、敵に「叩き殺すぞ!」と叫ぶところで、
本当に叩き殺すシーンが大好きです(観た人しか分からないのです…)。



イントゥ・ザ・サン
イントゥ・ザ・サン

続きを読む?

2005年11月20日

七人のマッハ!!!!!!!

仏像を取り戻すために戦った(笑)、あのマッハ!が帰ってきました。

今度は本物のチャンピオン達が挑む、究極の異種格闘技戦!だそうです。

と言っても、トニー・ジャーの出演はなくて、マッハの撮影チームが帰ってきたんですけどね
(トニー・ジャーは2006年に公開される“トム・ヤム・クン”まで、おあずけなのです)。

で、今回の主人公たちがあやつる格闘技は?

ムエタイ    トニー・ジャーの同級生で親友のタイアクションの新星!(国技ですからね)

テコンドー   タイ・ナショナル・テコンドー金メダリスト!(韓国の格闘技も入ってきました)

ラグビー    アジア競技大会7人制ラグビーの銅メダリスト!(体当たりとか怖そうですもんね)

器械体操   東南アジア競技大会25の金メダリスト!(このへんから、だんだんあやしくなる)

体操女子   東南アジア競技大会銀メダリスト!(確かに運動神経は良さそうだけど…)

セパタクロー 足でやるバレーボールみたいな競技の優勝者!(おいおい…)

サッカー    韓国プロサッカー大会最多ゴール記録!(……)


で、マッハな格闘家たちと、が7つそろって、“七人のマッハ!!!!!!!”だそうです。

相変わらず、ワイヤーなしー、CGなし、スタントなし、の基本を守り、

相変わらず、危険で、計算もしていない、無茶苦茶な撮影を強行しております。


タイの映画撮影中に、事故が起こり、多数の死者が出ました。
この監督は以前から無理な撮影が問題になっており、関係者に事情聴取…


って、そのうち、ニュースで流れるかもしれません。


あと0.1秒遅れていたら…、死んでいた!という衝撃の映像を、笑いにする宣伝もすごいので、

予告編を観るだけでも価値があります(公式ページでも観れますよ。)。


迫力もありますが、ジャッキー・チェンの香港時代のようなアクション展開に、懐かしさを覚えました。



七人のマッハ!!!!!!! プレミアム・エディション
七人のマッハ!!!!!!! プレミアム・エディション

2005年11月17日

イントゥザブルー

 ギラギラと太陽が燃えるように熱い空、そして青いカリブ海、この映画が夏に公開だったらエンドロールの後に、そのまま泳ぎに行きたくなるような映画でした。
そんなリゾート地に来る観光客相手にバイトをするカップルところに、懐かしい友人が14時間前にナンパした彼女を連れて遊びに来るのです。さえぎるものは何もない水平線の上に浮かぶ船から、底まで透けそうな美しい海に潜ると、熱帯特有の魚などで、地上の世界まったく違う世界を作り出すのです。

そんな海を舞台にした、二つの恋人同士のラブロマンスかな?
と思っていたら、彼らは海の中で遺物を見つけ出すのです。調べると億単位の財宝をのせた沈没船が残したものかもしれない、その周辺を探索していると、近くには先日の嵐で沈んでしまった小さな飛行機を見つけ、その中から大量の麻薬も見つけてしまうのです。

発掘するのに何年もかかる財宝と、手っ取り早くお金になる麻薬、
どちらを取るかで、4人の関係が少しづつおかしくなり、そして、飛行機事故を調べてる警察官と、麻薬を探しにきたマフィア達の姿が…。

 主人公のポール・ウォーカーはワイルドスピードに出ていたぐらいでぱっとしない人なのですが、
日本でこの秋公開された映画に3本も主役級クラスで出ているほど、映画界で注目株のジェシカ・アルバの、均整の取れた美しい水着姿が満載された映画でした。

でもパンフレットと、見比べると映画の中の彼女と、胸のあたりがちょっと違うのです。

ポスターの大きなチチは、CGで加工してるのかな?(おいおい)



イントゥ・ザ・ブルー
イントゥ・ザ・ブルー

2005年11月13日

ヴェニスの商人

 最初、映画を観ながら思ったことは、「こんな話やシーンって、どこかで観たことあるよな〜」って、デジャブな気分を感じていたんですが、そりゃ当然です、16世紀に書かれたシェイクスピアの戯曲のひとつなんですから!21世紀になってもいまだに普遍のパターンとしてまだ使われている、シェイクスピア戯曲のすごさに関心。
この映画の面白さは、当時は喜劇映画として画かれていた作品が、人間ドラマとして現代に提起されてきたと言うことです。

この物語は、愛を試すための試練と、いわゆる人肉裁判の二つから成り立っています。

 金・銀・鉛の三つの箱には、あなたが私と結婚するのにふさわしい男性であるか?を試す言葉が書いてあります、どれをえらびますか?といったものと、
この指輪は二人の証です。もしあなたがこの指輪をなくせば、二人の愛も終わるでしょう、といった二人の愛を試す恋愛の話と、

普段から敵対視していたユダヤ人にお金を借りなければならなくなり、彼は頭を下げるのですが、そのユダヤ人は「期限までにお金を返せなければ、あなたの肉体から1ポンドの肉をもらう」というのです。そして、予定通りなら返せるはずだったお金が急に返せなくなるのです。期限を過ぎてからお金を返せるようになったので、20倍の金額を払うから肉をそぎ取るのは許してくれと頼むのですが、ユダヤ人は、お金なんか要らない、証文どおり肉片で払ってくれというのです。そして、決着をつけるために裁判にもつれこむのです。

 昔はこの物語には最後にどんでん返しがあり、(キリスト教徒にとっては)喜劇として終わる物語だったのですが、このむかし話的な作品を現代の問題提起として作り上げてきたのです。

たとえば、海外では、太ってしまったから、健康を損ねてしまったから、タバコ会社やファーストフード店を訴えたり、日本でも、布団を叩いたり大騒音を流していたおばちゃんや、ゴミを家の周辺に置き悪臭を放つ家などが問題になり、ニュースや、ワイドショウなどでは迷惑な人として取り上げられていましたが、その本人がなぜそんな事をするようになったのか?何のためにやっているのか?といったことは、その人が今まで受けてきた仕打ち、生き様なども含め、私達にはわかりませんが、何かのきっかけはあったのだと思います。

この肉片を受け取ろうとする嫌われ役にアル・パチーノを起用し、日ごろからキリスト教徒に迫害されてきたユダヤ人として、復讐しようとする心の動きにリアリティがあり、ある意味、観客を共感させる難しい役をみごと演じきっていました。

一部やりすぎとの意見もありましたが、人の心の中にある善と悪、恋愛の美しさと悲しみ、宗教対立、など人間ドラマが詰め込まれた、よくできた作品でした。


 でも、aliasは残り30分でおこる裁判の山場のシーンで、ちょっと引いてしまいました。最後のオチが読めたから面白くなくなったという意味ではなく、年に一度ぐらいしか映画を観ない人や、ふだんから舞台を観ている人は、あのシーンに納得できるんだろうな〜って感じです(意味不明)。



ヴェニスの商人
ヴェニスの商人

2005年11月10日

バットマン ビギンズ

 シリーズ物の宿命、あまりにキャラクターが出来上がりすぎてしまって、新しい話が書けなくなり、しかたなく原点に戻る基本的戦略の映画でした。スタートレックシリーズだって、宇宙大作戦(TOS)とネクストジェネレーション(TNG)は宇宙探索ものだったのに、いつのまにかデープスペース・ナイン(DS9)では宇宙ステーションを運営しながらの二大勢力の宇宙大戦の話になり、次のヴォイジャー(VGR)では遠くの宇宙の飛ばされて故郷へ戻る、母を訪ねて三千里みたいな話になり、ついに未来を書きすぎてネタ詰まりになって、いまのシリーズのエンタープライズ(ENT)は人類がはじめてワープ飛行で宇宙を探索する話になってるのと同じです(日本で分かる人どれくらいいるんだろう?)。


そんなことはさておいて、話を戻しましょう。

バットマンの始まりをえがいた作品なので、他のアメコミのマーベリックシリーズヒーロたちと違ってただの生身の人間なのに、なぜそこまでして戦うのか?なぜ悪を憎むようになったのか?なぜ秘密兵器を開発できるのか?といったことが画かれています。

 通りすがりのちんけな強盗に父親を殺された少年は、あるきっかけで忍術に出会い、師匠役のリーアム・ニーソンから山奥での厳しい修行を受けます。(リーアム・ニーソンってスターウォーズでも同じような役をやってた様な気が…。それに忍者なのに日本じゃない国らしきところで修行してたんだけど、忍者って日本以外の国でもいたのかな〜。忍者のルーツって日本じゃないの?)

そして数々の武器を作る役にモーガン・フリーマン。つらく厳しい修行のシーンが画かれていたので、秘密兵器にも数々のドラマが画かれるのかと思っていたら、モーガン・フリーマンはドラえもんのように簡単に秘密兵器を出し、のび太君に道具を与えるように、バットマンが望むものを簡単に彼に渡していくのです。

こんな説明からは分からないと思いますが、物語は暗くシリアスに、そしてアクションは派手に進んでいきます。これまでのバットマンシリーズとは一線を引くほどの作品になっているので、この設定で新しくシリーズを立て直そうをしているのかもしれません。
でも物語り全体の作り方が荒いので、ちょっと冷静に見ると、そんな奴おれへんで〜と、突っ込みながら楽しむこともできる映画でした。


 渡辺謙さんが出ていたのに日本公開前にそれほどに宣伝されなかったのは、、彼がちょい役だったことや、劇場公開時にスターウォーズや宇宙戦争の二大メジャー作品が公開され、影に隠れてしまったこともありますが、
ラストシーンが当時の日本人では受け入れがたいと思い(4月25日におきた事件とダブらせるので)、映画会社も大々的に宣伝しにくかったのかもしれません。日本で2005年に封切られたことが残念でした。



バットマン ビギンズ
バットマン ビギンズ

2005年11月06日

フォーガットン

 最初に映画館で観たときは、この映画を観たことをフォーガットンしたくなりました
(おいおい)。

 息子のサムを飛行機事故で亡くした母親のテリーは、1年以上経ってもその傷から立ち直れず、いまだに精神科でカウンセリングを受けている。そんな彼女が大切にしている、フレームの中にある家族の写真から、なぜか息子の姿だけが消えている。夫が事故の痛みを忘れさせるために写真を取り替えたのかと思い、夫に詰め寄ると、なぜか彼は「僕達には息子はいなかっただろ?」と答える。いつのまにか、家族全員で撮ったはずのビデオ画像からも息子の姿は消えている。そして、息子が生きていたときのままに残しておいた、彼が着ていた服、彼のおもちゃ、彼を忘れないため手を付けずにいた部屋も無くなり、彼の存在を証明するものが彼女の元から消え去っていく。ついに彼女は本当に子供がいたのかしら?と、自分を疑ってしまいそうになりますが、自分自身を信じて真実を証明する事を決断した彼女の周りには、なぜか怪しい男たちの影が…。

と、出だしから興味が湧いたのですが、オチがね……。

で、今回のDVDの発売にあたり、別のエンディングが用意されているのそうです。
終盤までははらはらする展開だったので、あの期待感を裏切られた気分になったのを取り返すため、観てみようかな〜と思っています。

(また裏切られたりして…)



フォーガットン
フォーガットン

2005年11月04日

買う? スター・ウォーズ エピソード3 シスの復讐 

スター・ウォーズ エピソード3 / シスの復讐


日本での映画興行成績は最終的に100億円に届かず、当初の目標には届かなかったそうです。

シリーズ物の悲しさで、過去の作品が5作もあったから、古い映像を見るのが面倒と思う若い世代の人達は、いまいち盛り上がれなかったのかもしれません。

現役で観ていた人たちは、物語の終盤で、CGで画かれたクローンたちが消え去り、乗り込んでいる宇宙船内のセットや、カメラアングルが旧三部作をダブらせるように撮られていることに懐かしさを覚えつつも、最後はアナキンがダークサイドに落ち、ダースベーダーなってしまう悲しい物語だったのに、
エンドロールが流れてくる頃には、あのいつもの音楽と共に、エピソード4、5、6の懐かしいシーンがよみがえり、ダースベーダーが改心して息子を助けダークサイドから抜け出し死んでゆくまでのシーンを、走馬灯のように思い出し感動してしまった人や、
30年近くもかかり完結した作品ですから、一つひとつの作品に思い入れがあり、その映画を観ていた頃の自分の青春を思い出し、泣いてしまったそうです。

で、今回11月23日に発売されるDVDには、そんな時代を見てきた世代も楽しめるシーンが追加されているそうです。

ジョージ・ルーカス監督が長くなりすぎるからと言う理由で公開しなかったシーン、16分26秒が収録され、最後にシャトルに乗って消えていったヨーダの隠居生活をはじめるまでのシーンなどの、旧三部作につながるシーンが追加されているそうです。

さらにメイキングや、インタビューなどの特典ディスクだけで6時間近く収録されているそうです(でもいつも思うんだけど、特典のメイキングやインタビュー全部チェックしている人って、どれくらいいるんだろう?)。

ちなみにコンプリートボックスが2万円を切る価格で発売されるそうです(クローン大戦というEP2とEP3の間を画いたアニメ2作と、劇場作品で合計8作品です)。

どうせ、後からサウンドリニューアル版とか、Blu-rayディスク版とか、いろいろ出て来るのは分かってんのに、全部買っちゃうんだろうな(泣)


490332690Xスター・ウォーズ コンプリート・セット (Amazon.co.jp仕様)


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2005年11月03日

機動戦士Zガンダム −星を継ぐ者−

 ガンダムはファーストシリーズ以外の作品はほとんど観たこと無かったのですが、

今ごろ何で20年近く前の作品を映画化したんだ?と、気になり観てみました。

冒頭から出てくる、ファーストシリーズに出てくるモビルスーツを引用した機体に、なつかし〜と思える反面、ガンダムやドムに似た機体が味方として一緒に戦っているシーンなどに多少違和感があり、そのうえテレビシリーズを短くまとめた作品のため、展開の早さにちょっとついていけない面もありました。

シャア・アズナブル、アムロ・レイ、カイ、ハヤト、ブライト、カツ・レツ・キッカなどその他多くのキャラが十年経って大人になった姿で出演し、彼ららしい成長の仕方をしていたのですが、いわゆる大人のしがらみに縛られたキャラとして再び登場しています。

で、今回の主人公カミーユ君は、当時アムロが持っていた、理解できない大人の論理に対して立ち向かう子供っぽさや、リビドーなどのキャラクター部分を引き継ぎ、
ファーストシリーズで数々の名言を吐いてきたシャアも、ザビ家を倒そうとしていた頃の若さゆえに衝動も無くなった完全な大人になり、理論武装して大人ぶった態度をする役目は、ほかの配役に回されていました。


 全体としては、パワーアップした感じはありますが、レベルアップした感じはありません。宇宙から、地上に降りてくる話の展開などファーストシリーズと同じだし、人間関係が少しややこしくなっただけだし、ヒーローロボットの定番、主人公が乗る機体に、白、青、赤、黄色の4色のうち、3色をメインに使う原則からは逃れられないみたいだし、
所詮、懐かしさで押し切った、古いアニメの焼き増しだな〜と思ってしまう一面もありましたが、
ファーストシリーズの劇場版だって、一作目はやしきたかじんが主題歌を歌ってたことを覚えてないくらい印象薄かったけど、三作目の“めぐりあい宇宙”なんて当時の人々を熱狂させた作品になったのだから、次回の“機動戦士Zガンダム−恋人たち−”に期待しようかなと思っています。

(でもスターウォーズのエピソード2も恋愛をテーマにしてたけど、やっぱり展開がまどろっこしかったしな〜。やっぱり結末を綴る最後の作品の3作目が一番期待値が高いのかも?)



機動戦士Zガンダム -星を継ぐ者-
機動戦士Zガンダム -星を継ぐ者-

2005年10月31日

2005年10月30日の日曜洋画劇場

 きのうは、日曜洋画劇場で放送していた“LOVERS”に、ついつい目が離せなくなりました。

テレビで放送される映画って、気分が盛り上がってきた絶妙のタイミングで、トイレの消臭剤のCMが入ったりして、気分がそがれるのであまり観ないんですが、そんなことよりもチャン・ツィイーさんが太鼓の音を鳴らされる中、無数の豆をよける冒頭の15分ぐらいのシーンで、見惚れちゃいました(やっぱり、かわいいのです)。

目の見えない踊り子の役なのに、飛びまわるし、戦いまわるし、舞いまわるし、
ワイヤーアクションの頂点を極めたような作品で、
中盤以降は金城武さんやアンディ・ラウさんもかっこよく映っていたのですが、
でも冒頭は、ほとんどチャン・ツィイーのプロモーション映画のようでした。


で、今回放送していた映画は、日本語吹き替えだったのですが、

金城武の声が金城武の声じゃない(?)。

で調べてみると、

声の出演 宮内敦士 (金城武)


だって!

仕方ないことかもしれないけど、やっぱり日本でおなじみの俳優さんだったので、
本人に日本語でやって欲しい!と思うのは、わがままなのでしょうか?

DVDでは金城武さんがやってたのかな?調べてみたけどわかりません。

こんどDVD持ってる人に聞いてみよっと。



LOVERS
LOVERS



2005年10月30日

ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン

 ファイナルファンタジーというゲームの続編を映像のみで綴った作品で、さらにDVDのみの発売と云うことで、映画ファンの方には全然興味ないと思われますが、アクション映画好きの方にこそ、ぜひ観て欲しい作品です。

物語の脚本には魅力はないし、ゲームをしていないと分からない設定などありますが
アクションの展開、カメラアングル、スピード感、独特の間、言葉にすると陳腐ですが、
これを実写で映像化するなら3年以上先の映像だと言うことだけは、はっきりと断言できます。
これから先のアクション映画にはこれにインスパイアーされた作品が続々と出てくると思うので、

少し先にある、未来を観てみませんか?



ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン (通常版)
ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン (通常版)

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。