2006年04月03日

二度あることは三度あり、そして…

 aliasがいつも使っている街の中心部へと向かう二車線の幹線道路があります。道が空いている時は15分ぐらいで通り抜けられる道なんですけど、平日の朝のラッシュタイムはいつも30〜40分ぐらいかかってしまう道なのです。


 で、3月30日(木)の朝は、いつも渋滞するところのはるか手前で混み始めていたのです。道路電光掲示板を見てみると、この幹線道路を抜けるまでに60分ほどかかると表示されていたので、年度末に近いから渋滞しているのかな?と思っていたのです。完全に停止している車を横目に見ながら、バイクでするすると抜けていったのですが、何の障害物も無いところで警察のパトカーが一車線を防いでいるのです。どうやら事故処理をしていたようなのですが、現場を見ているとトラックとフロント部分が大破したバイクが止まっていました。道に付いている事故の爪あとと車両の損傷具合を見ていると、どうやらすり抜けしていたバイクとトラックの接触事故のようでした。aliasも気を付けなきゃ!と思いながら、その日は現場を通り過ぎていきました。


 で、3月31日(金)の朝も、前の日と同じように渋滞していました。年度末と週末が重なったので混んでいるのかな?と思っていたのですが、前日の事故の光景が頭の中をよぎっていました。そして前の日と100mも離れていないところで、パトカーが止まっていました。今度はバイク同士の接触事故のようです。この場所には見晴らしのいい、何の障害も無いところなのに…。


 で、4月1日(土)の朝は、渋滞も無く20分ぐらいでこの道を通り抜けることが出来ました。
でも帰りの夕方はまた混雑しているのです。すれ違う車の車内を見ていると家族連れの人が多かったので、休日だから混んでいるだけなのかな?と思っていたら、3月30日に事故を起こしていたところと全く同じ場所の反対車線で、また事故が起こっていました。

心霊などの超常現象は信じませんが、いつも事故が起こらないところで集中して事故が起こるとちょっと怖いですね(負の影響が残っているような気がします)。


 で、4月2日(日)は、その幹線道路は使わなかったのでこの日に事故が起こっていたのか?は知らないのですが、4月3日(月)の本日、その道路を通ることを考えると、朝から少しブルーになっているaliasなのでした。

2006年04月01日

富豪刑事デラックスが始まるみたいです。

 春から始まるドラマのラインナップを見ていると、金曜21:00から筒井康隆さん原作“富豪刑事”の第2弾がテレビ朝日と朝日放送の共同制作で始まるみたいです。でも、何で大阪の放送局と組んでドラマ制作するんだろ?筒井先生が神戸に住んでるからなのかな?(たぶん違う!)


 原作では強引で悪徳な取引を繰り返し大富豪になった男が人生の過ちを悔い改め、世間で起こる難事件の解決するために、刑事である息子に巨万の富を与えるのです。そして世間ずれした息子はそれを湯水のごとく捜査費用に使い事件を解決していく物語なのです。

で、テレビ版は主人公が深田恭子さんという制約があるために(?)、設定が富豪の孫娘という設定に変えられていました。それは普通の物語では致命的な事態になるのですが、この物語では深田恭子さんのいつものすっとぼけた演技が世間ずれした金持ちの主人公を表現するには向いていたようなので、たまに見ると面白かったのです(おいおい)。

前作は初回放送で最高視聴率の16.2%を出し、その後も10%を切らずに平均視聴率12.4%で終わったみたいです。木曜21:00のドラマとしてはそこそこの視聴率が取れたから、金曜の時間帯で勝負する気なのでしょうか?


で、気になるのがこの物語の題名なのです。

“富豪刑事デラックス”と言われても、少し古い車は一番下のクラスがデラックスと呼ばれていたり、家電製品なんかもデラックスと呼ばれるものがスタンダードなバージョンだったり、ピザなどの飲食物でもデラックスと呼ばれるものが定番アイテムの事を指していたりするので、どうも貧乏くさく見えるんですよね〜。なので、弾3弾が放送されることを考えてタイトルを考えてみました。


富豪刑事2006(普通ですね)

富豪刑事プレミアム(そんなに高級感は出ないのです)

富豪刑事/王の帰還(それってロード・オブ・ザ・リングじゃ…)

大富豪刑事(ぼちぼちです)

富豪刑事ゴールド
富豪刑事プラチナ
富豪刑事ブラック(それって、ただのクレジットカードのグレードじゃん!)


 で、結局、高級感がある題名は思いつけなかったので、普通に“富豪刑事2”とかにしとけばよかったと思います(そんなオチなのか?)。


2006年03月31日

舞い落ちるもの

 昨日は思ったより早く家路につくことが出来たので、少し寄り道をして近所の桜の開花状況を見に行ってきました。席取りをして宴会をするような花見は好きではないのですが、次の休みの日に愛するスイートさんと桜並木を一緒に歩いてみようかと思っていたのです。

でもニュースによるとaliasが住んでいる地方もそろそろ開花しているとの情報なのですが、数日前からまた寒気が戻ってしまい、春の装いから冬服に戻ってしまいましたからね。見に行く前に、はかない桜が散ってしまわないか心配になったのです。


 バイクで向かっていると、何だか真冬に戻ったような感じがするぐらい体の芯から冷えていき、さらに雨も降り出しそうな雲行きだったのです。現場に着いてみると、樹には花びらが付いてないし白く小さなものがはらはら舞い落ちていたので、花の見頃を逃してしまったのか?と思っていたのですが、それは手でつかむと消えてしまう雪なのでした。

夕方から雨が降る天気予報だったのですが、まさかこの時期に雪に変わるとは…。


 街の方では桜の開花が始まっていたのですが、aliasの住んでいる辺りはまだ蕾のままだったので、桜が散ってしまうことは心配しなくて良さそうです。

なので、来週くらいに、見に行こっと!
タグ:さくら 花見

2006年03月28日

成分解析されてみました。

 最近、解析の結果というものを表示させているページをよく見かけるのですが、

チョコレートの成分解析結果 :

チョコレートの69%は罠で出来ています。
チョコレートの16%は怨念で出来ています。
チョコレートの11%は気の迷いで出来ています。
チョコレートの3%は根性で出来ています。
チョコレートの1%はハッタリで出来ています。

などと、訳のわからない文章で綴られているのです。


 なのでそのネタ元を調べてみると、カドルコア世代のClockさんが配布している成分解析 Ver0.1っていうソフトで物質(単語?)を分析した結果だったようです。制作された方も「本気にしないでください」と書かれているぐらい謎なツールなのです。

さっそくダウンロードしてみたらツールの名前がなんとBuffalinなのです。そういえば、むかし頭痛薬のCMで「バファリンの半分はやさしさでできている」って言ってたもんな〜(薬のバファリンはBUFFERINなので、一文字違いなのです)。そのCMに影響されてソフトを作成されたのかも?


 で、さっそくaliasも分析されてみました。

aliasの成分解析結果 :

aliasの47%はかわいさで出来ています。
aliasの35%は信念で出来ています。
aliasの10%は心の壁で出来ています。
aliasの3%は夢で出来ています。
aliasの2%は成功の鍵で出来ています。
aliasの2%はやらしさで出来ています。
aliasの1%は海水で出来ています。


だそうです(最後の1%が気になりますが、当たっているような気が…)。


 で、このページのタイトルを入力してみると、

不思議の国にいる君への成分解析結果 :

不思議の国にいる君への99%は真空で出来ています。
不思議の国にいる君への1%は毒電波で出来ています。

だそうです(つまり毒電波100%という意味なのでしょうか?)。


 で、最後に解析したのが、

バファリンの成分解析結果 :

バファリンの77%は知識で出来ています。
バファリンの15%は着色料で出来ています。
バファリンの6%は愛で出来ています。
バファリンの2%は回路で出来ています。


つまり、やさしさの成分は6%以下だったということなのかな?(違うだろ!)


で、そんなこんながありまして続きを読む?
タグ:成分解析

2006年03月27日

消えゆくチョコレート

 最近お疲れ気味なaliasなのですが、そんなときにはチョコレートを食べると疲労回復になるよ!と愛するスイートさんに言われました。

なので、いつでも食べれるようにスーパーで大袋入りのチョコレート(290g)でも買おうと思ったのですが、板チョコなどの食べ切るタイプは売ってるんだけど、お徳用タイプは店頭を探してもなかなか見つからないのです。


 調べてみると、固形のチョコレートは高温になって溶けたり長期保存をするとカカオの油脂成分が浮いて白くなるのです。この白くなった部分を専門用語では“ブルーム”と呼び、ブルームが生じたチョコレートを食べても特に問題はないそうですが、風味が損なわれてしまう。

って、チョコレートの箱の裏に書いてありました(おいおい)。

だから、スーパーの仕入れ担当者も売れ残ることを心配して、気温が上がる時期にはチョコレートの在庫を極力減らすから市場は品薄感になるのでしょうね。


 野菜や果物などは季節感が無くなるほど、年中あらゆるものが売っていますが、

チョコレートは意外と冬の季節を感じることができる食べ物なようです。


2006年03月25日

本音と立前

 先日ニュースを見ていると

ブラジルの宝くじ売り場で、従業員をモデルガンで脅し現金250レアル(約1万4千円)を奪って逃走した犯人が、現場に就職活動で使っていた履歴書を落としてしまったことに気付き、犯行現場に戻ったところを警察官に逮捕された。
履歴書には正直で誠実、献身的と自分をアピールしていた。

だそうです。

 日本だけじゃなく、履歴書の改ざんは世界各国で行われているようです。

でもお金が欲しいから強盗する考え方が自分の欲望に正直だし、履歴書が現場に残っていても自分とは関係ないとシラを切ればいいのに、わざわざ取りに戻ったところは誠実さの表れだし、当たっていないのは献身的というところぐらいでしょうか?(違うだろ!)

2006年03月24日

被害者になってしまいました。

 自転車のサドルシートが破れていて、雨上がりの日に座るとじんわりと水が染み出してくるって経験を子供の頃にしたことがあったのですが、大人になった今になってその災難が再びやってきました!aliasが大切にしているバイクのシートを破られちゃったのです。

0.9mmぐらいの大きさで切られた傷が不自然なところに2ヵ所ほど付いていました。どうやらカッターなどの刃物で切られたしまったようです。

いまだに、こんなことをする人がいたんだ!と、世間の広さを認識しました(おいおい)。

伝説のパンクバンドの“THE BLUE HEARTS”さんが昔に、「弱い者達が、さらに弱い者を叩く」という悪循環の根源を言い表した名台詞を残しましたが、この犯人には自分より弱い者がいなくて、物に当たるしかできなかったんですかね〜?(ちょっと違う!)


 で、このままバイクを傷ついた状態にしておくと、さらに傷が増えちゃうのです。

なぜかと言うと、ゴミひとつ落ちてないきれいな道でタバコのポイ捨てをする人はあまりいませんが、少し汚い道ではタバコを遠慮なく捨てるのと同じ心理状態で、傷ついたバイクで駐車していると、世間の人々はなぜか?これは傷つけていいものなんだ!という認識をするので、一度目を付けられるとそのバイクは日を追うごとに傷が増えていくのが、日本の現状なのです
(弱り目に祟り目ってやつです)。


 なので、さっそく家でシートを修理する方法を検索してみました。

……検索中……

バイク用品で検索してみても、割れたウインカーやカウルなどを修理する接着剤などは売られているのですが、破れたシートをリペアする記述は見つからないのです。その他のページを見てみてもシートを張り替える専門店などがあるのですが、作業に一週間ほどかかるみたいだし、張替え費用2万円〜と書いてあり、修理に付いての記述はないのです(それに、この“”がけっこう怖いのです)

どうやらネットでは解決できそうになかったので、近くにあるバイク用品店のおじさんに相談してみると、シートを新しく買うか(4万円近くかかるそうです)、革用の接着剤で修理するしかないと言われてしまったのです。


 なので、今回は被害の程度が少なかったので、接着剤で対応することにしました。

さっそく家で試してみたのですが、傷の間に接着剤を塗るだけで意外と傷は目立たなくなりました。でもシートって全体重の乗るところだから、すぐに傷が広がるかも?(ちょっと心配なのです)。


 耐久性が問われる革やビニールなどのシートって、バイクだけでなく自転車などでも使われているし、けっこう破れているものを見かけたりするので、バンドエイドのように上から貼り付けるタイプの接着シートのようなものを開発したら意外と売れるんじゃないか?と、都合のいいことを考えているaliasなのでした。


2006年03月18日

テレビショッピング

 24時間放送しているテレビショッピングのチャンネルとかありますが、あれってリアルタイムで放送しているから在庫の状態も実況されていて、特に服などの商品が紹介されると結構早い段階で残りあとわずか!とかsold outの表示を画面に出してきて、こちらの購買意欲を刺激してきますよね。

さらに商品を紹介している人に、「在庫が少なくなってきました。お急ぎください!」と言われたら、思わず買いたくなりますが、

本当は、最初から残りわずかなんじゃないのか?と、最近疑っています。

2006年03月17日

洗うところ

 お風呂では、普通は腕から洗い始め体から足へと洗うのが一般的なようで、ファミリードラマや銭湯などの光景を見ていてもだいたいそんな感じですね。

でも精神分析的にいうと、一番最初に洗うところが本人が一番大切にしている体の部位であると言われていて、医学的には足元から洗うと心臓に負担がかからなくて良いらしいのですが、

掃除の基本は上から下になるので、aliasとしては頭から洗うのが正しいと思います。

2006年03月15日

システムキッチン

 最近、CMなどでよく見かけるのですが、座りながら台所仕事ができるシステムキッチンって、いいよな〜と思い、リフォームの予定はないのですがaliasもよく料理をするので調べてみる。

 ……検索中……

そのCMのホームページを見ていると座りながらできるのは、どうやら洗い場のみのようでした。
でもaliasは食材を切ったりこねたりするスペースでも座りたいのです。
別に普通に椅子を持ってきてやればいいじゃん!と思うのですが、足を入れるスペースがないとひざをぶつけたりするのでやりにくそうだし、普通の机では足が弱いのでぐらぐらとゆれるので、食材加工するには向いていないのです。
で、食材を加工するスペースに足を入れるものがないのかな?と調べてみる。

 ……検索中……

どうやらフレームキッチンというものがあるのですが、シンプル過ぎるつくりなため棚のように区切られているだけなのです。そうなると周りから収納スペースが丸見えだし(隠したいものもあるのです)、さらになべなどがたくさん収納できなさそうなので実用的ではないのです。その他の商品を探してみたのですが、aliasが望んでいる商品は、検索には引っかかってこなかったのです。


で、aliasの提案
料理をする時に座りたい椅子と言えば、リラックスできるような深く腰掛ける椅子ではなく、BARなどのカウンター席にある軽く腰掛けるタイプの椅子に座りたいのです。料理をしているときは、食材を加工しながらも鍋の様子や、皿も出したりしないといけないから、低く腰掛けるタイプの椅子に座ると、立ち上がるのが大変なのです。なので理想としては身長の半分に10、20センチぐらい引いた高さに調整できる椅子が理想だと思います。


 でも、そんなものを検索しても見つからないので自分で作るか、オーダーメイドしないと無理っぽそうなのです(泣)。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。