2006年05月22日

そろそろ引退してもらいましょうか?

 aliasの愛用パソコンはCOMPAQ PURESARIO 5160君なのです。

いまだにWindows98が出てきた頃に買ったモデルを8年近くも使っていたのです(XPまでの間に何世代をスルーしてきたんだろう?)。普段はインターネットとワープロ機能ぐらいしか使わないので、特に問題なかったのですが(ちなみに8GBしかありませんが、aliasには十分なスペックだったのです)、最近は少し画像の重いサイトを開くとフリーズしてしまうような困った人になってしまい、」そろそろ限界を感じていたので現役引退を示唆しておきました(最初は、Windows vistaがでるまで待つ作戦だったのです)。


 で、愛するスイートさんに相談しながら2006年夏モデルなんかをチェックしてみると、ハイエンドモデルや大きな液晶画面など目移りするような商品がたくさんあるのですが、スペック表を見ていると300Wや400Wとかすごい消費電力量になっていることに驚いてしまいました(なんでそんなところを先にチェックするんだ?)。

すでに引退してしまったノートパソコンの三菱 AMITY君(こちらも1998年生まれ)をチェックしてみると27Wだったので10倍ぐらいの違いがあるのです。


 ハイスペック、大型液晶、デュアルコア、省スペース、コストパフォーマンス、低消費電力など、
そんなことを考えていると、さらに後継者選びが難航しているaliasなのでした。

2006年05月20日

炭酸入りコーヒーが発売されるみたいです

 前に炭酸入りのホットコーヒーを飲んでみたいと言ってたら、

ネスレ日本が2006年5月22日から炭酸入りコーヒー飲料“ネスカフェ スパーリング・カフェ”を全国のコンビニやスーパーなどで発売すると発表した。炭酸入りコーヒーはこれまでにも例があるが一般的にはあまり知られていない。ネスレによると、万人向けの味ではないが、20〜30代の世代をターゲットに売り込む予定だ。

だそうです。

夢って願えばかなうものなんですね(たまたまだって!)。


 実はアイスコーヒーを飲んだことがないaliasなのですが、とりあえず怖いもの見たさで飲んでみようと思っているのです(ネスレさんに怒られるぞ!)。次は炭酸入りのホットコーヒーを開発してもらえればaliasの夢はかなうのです(だから、物理的に無理だって!)


2006年05月19日

チャンチーが発生してるみたいです。

 2006年の台風第1号の名前はチャンチーだそうです(真珠って意味みたいです)。
今年もこんな季節がやってきたのか〜と思っていたのですが、台風のコースが日本を通過しそうになっていると聞いて、いつもバイクに乗っているaliasはすこしブルーになっているのです。


 それにしてもゴールデンウィークが明けてからもよく雨が降りますね。最近の天気予報を見ていると、今年の5月は梅雨前の予行演習のように雨がよく降るでしょう!との事なのです。

そんな雨ばかりの天気を伝える気象予報士さんは自分が悪いわけでもないのに、天気が悪くなることに頭を下げながら平謝りをしているのです。

そんなことで詫びられても…。朝の情報番組で放送されている占いの順位が悪かったことをアナウンサーの人が謝る事くらい、こちらとしても困る謝罪なのです(おいおい)。


 とりあえず今年の梅雨は予行演習がなどの練習をしっかりする梅雨前線な人(天気?)みたいなので、いざ梅雨になったら緊張してしまい雨を降らせることが出来ないような本番に弱い人である事を望んでいるaliasなのでした(それはちょっと意味が違う!)。


2006年05月16日

至福の早朝

 バイク乗りにとってはいい季節になってきました。

それは温かくなってきたら厚着しなくてもバイクに乗れるという意味ではなく、“日の出、日の入り時刻”までの時間が長くなってきたからという意味なのです。

バイクと言えば、深夜に暴走族な人々が騒音を撒き散らしながら低速で徘徊したり、走り屋な人達が夜間に無謀な公道レースをしているイメージがあるのですが、走ることを楽しむ人は交通量の少ない早朝からお出かけする人が多いのです。

日が一番長い夏至の前後になる5月から8月の中旬ぐらいまでの期間は、朝の4時30分ぐらいには明るくなり始めるので、この季節は早朝ツーリングを楽しむことが出来るのです。なので、aliasは裏山にある地元の走り屋の人達には有名な難所なコースを、朝の5時くらいから80kmほどのコースを1時間ほどで駆け抜けるのです。


 朝から走るメリットは、珍走族な人たちや公道レースをするような人々、酒気帯び運転をしている人なども帰宅済みだし、車とすれ違うこともほとんどないので、この世の中にたった一人しかいないんじゃないか?と錯覚するほど開放的な時間帯なのです。さらに深夜ではないので危険な運転をする対向車もいないし、明るいので路面状況もしっかり把握することができるので運転だけを楽しむ人には最高の条件なのです。

そして少し冷たい風を感じ、山道のタイトなコーナーを何度も立ち上がるバイクのエンジン音だけを聞きながら山の頂上にたどり着き、朝日を眺めながら温かい紅茶を飲んでいると、日常の嫌なことを忘れ至福のひと時になれるのです。


 そんな早朝ツーリングにはひとつだけ問題点があり、たまに道路の真ん中でサルが寝ていたり、イノシシが横切ったりするのです(野生動物が活動し始める時間帯なのです)。それにだけには気を付けないといけないところが唯一の難点なのです(どれだけ田舎やねん!)。


2006年05月08日

暑いと思ったら熱かったのです。

 ゴールデンウィークに突入したくらいから、気温も上昇して暖かい日々になりましたね。
もう昼間に出歩いていると汗をかいてしまうぐらい季節になってしまいました。


 で、先日バイクに乗って信号待ちをしていると足元から熱気を感じたので、ついにバイクのエンジンから放射される熱で足元が汗ばんでしまう季節になってしまったのかと思っていたのです(特に、夏場はすごい熱さになるのです)。

でも、なぜなのか右足だけが暑いのです。最初はそれほど気にはならなかったのですが、そのうちその温度に耐えられなくなり、ついにラーメンを足元にこぼしたくらいの熱さに変わっていったのです(後で見たら、軽いやけどになっていました)。


 なので、右太ももあたりにあるエンジンの様子を見てみると、そこからすごい勢いで蒸気が出ているのです(加湿器なんて目じゃないぐらいの勢いなのです)。

慌ててバイクを降りて点検してみると、エンジン上部にある部品が割れてしまい冷却水が漏れているようでした。そのまま修理をしてくれるところまでバイクを乗っていこうと思ったのですが、熱い蒸気がとんでもない量で噴出してくるので、もしバイクに乗るなら片足を上げて蒸気が足に当たらないようにしながら走行するしかなかったのです。

もちろんaliasはそんな器用な乗り方は出来ないのですが、運のいいことに、いつもメンテナンスをしてくれるバイク屋さんが近くにあるのでそこまでバイクを押していったのです。


 なのですが、行き着いてみるとゴールデンウィークのためにその店は休業中なのです。仕方なく、6kmほど離れた所にある別のバイク屋さんまでバイクを押していきました。

でも、向かう先にあるバイク店は、その店か系列店で購入したバイク以外は修理してくれない事で有名なレッドバロンさんなのです。もしかしたら修理してくれないんじゃないかな?という心配が心をよぎるのですが、わらにもすがる思いで行ってみたのです。

すると、系列店以外で購入したバイク以外は基本的に修理はできないと最初に言われたのですが、店員さんがaliasのバイクの状態を見て、さすがにこれはやばい!ということで、壊れている冷却水を循環させる部品をホースに取り替え応急処置をしてくれました。


 応急処置なので、ちゃんと本修理をしてくださいね!ということでしたが、おかげで何とか家までたどり着くことが出来ました。悪い評判があっても、本当に困っているときは助けてくれるもんなんですね。次にバイクを買うときはその店で買おうかな?と思ってしまった単純なaliasなのでした。


2006年05月05日

渋滞の先頭には…

 ゴールデンウィークも終盤になり、そろそろ帰省ラッシュが始まりました。
なので、Uターンラッシュの渋滞状況がテレビなどでも空から撮った映像で中継されています。

でもaliasはバイクに乗るので、渋滞で動けない車を横目に見ながらすいすい進んで行くことが出来るのです(自慢なのか?)。


 で、渋滞の抜けた後によく見かける風景が…

1 事故で渋滞している。
車線がふさがれて渋滞しているのもありますが、事故現場を見ようとしているわき見運転の車が原因で渋滞している場合が多いのです(つまり、反対車線も事故見物で込んでしまうのです)。

2 交通量が限界を超えている。
3車線から2車線に減ったり、高速などの合流地点で交通が麻痺しているのです(普通ですね)。

3 駐車場や料金所の処理能力が限界を超えている
ETC搭載車両でも高速道路の料金所付近では結局スピードを落とさなければいけないし、土日などはスーパーなどの駐車場の処理能力をはるかに超えている車が駐車しようとするので、付近の道路が混んでしまうのです(都市部の駐車場はまだまだ足りないのです)。

4 カーブや坂などがあるため車が減速している。
緩やかな上り坂になっていることに気付かず無自覚にスピードが落ちている車がけっこう多かったり、前の状況が見えないカーブの手前や坂の頂点の手前、トンネルの手前で危険予知のために減速している事が渋滞の原因になるのです(安全運転が渋滞の原因になる時もあるのです)。

5 標識や看板を見ている。
目立つ看板や美しい風景、道路情報など注意を引くものが見えるとスピードを落としてしまう人がいるので意外と渋滞の原因になっているのです(渋滞情報を表示することにより、渋滞が起こってしまう矛盾な図式なのです)。

6 本当に渋滞の先頭がいる。
法廷速度をはるかに下回る安全運転をしている人や、街中でカップルが並んで歩くように2車線の道路を塞ぐように低速度で並走する車が本当に渋滞の原因になっていたりするときもあります。ほかにも暴走族と称しながら低速走行をする人達が車線を塞いで渋滞の先頭になっていたり、前にパトカーや白バイが走っているのを見つけると周辺の全ての車が法定速度以下までスピードを落とすので、それが後方では渋滞の原因になっていたりするのです(月に一度は見かける風景なのです)。


 自然渋滞の原因はまだまだ解明されていないそうですが、結局、前を走る車より後ろの車は速く走ることは出来ないし、誰かがブレーキを踏めば後続車両の全てがブレーキを踏むことにより、後方の渋滞の原因になっていることだけは間違いないようです。


2006年05月03日

読書速読測定に挑戦してみる!

 最近、見かけたのが、この読書速読測定なのです。

週に1冊は本を読んでいるので、どれくらいのレベルなのか気になったので試してみました。

 ……挑戦中……


 で、結果が、

あなたの読書速度は1303文字/分です。

だそうです。

日本人の平均読書速度が400〜600文字/分なので、そこそこの成績なのです。

でも、難易度の高い大学に現役合格する人は1500前後で、司法書士試験などに必要とされる読書速度が2000文字とされているそうです(まだまだのレベルなのです)。


 そういえば子供の頃にじっくり読んだ作品って今でも鮮明に内容を覚えているんですけど、大人になって本を速く読むようになってからは、内容については鮮烈な作品じゃない限り印象にも残っていなかったり、あまり内容も覚えてないので、後から再読することがたまにあります。

なので、今の読み方ってどれくらい内容を理解しながら本を読んでいるんだろう?と別の事が気になりだしたaliasなのでした(気が付かないうちに読み飛ばしているのかな?)。


2006年05月02日

騙されたのかな?

 ゴールデンウィークなので、遠隔地の都市にすんでいる友人がこの街に帰ってきました。

たかが300kmぐらいしか離れていないので、aliasのバイクなら3時間もかからず行ける場所なのですが(おいおい)、人の込み合う時期なので朝の7:00に車で家を出たのに、着いた頃には21:00になり、14時間も経過していたそうなのです。

ゴールデンウィーク中なので大渋滞をしている事は分かっているのにわざわざ車で帰ってきた理由は、最近買った新車を自慢したかったようなのです。


 で、昨日は5人くらいの友人たちと集まって近くの店でお食事会をする予定だったのですが、その友人が車でaliasをずいぶん早く迎えにきたので、何でだろう?と思っていると、

「洗車するから手伝ってくれよ!」

と、言うのです。

なので、ゴールデンウィークが始まってずいぶん経ってから帰ってきたのに、何で向こうで洗車してこなかったのか?と思い、友人に話を聞いてみると、

「高速で走ると車のフロントガラスやバンパーとかに虫がついて汚れるから、こっちに帰ってきてから洗おうと思ってん!」

と、それなりに説得力のある話をするのです。

なので、仕方なく友人の車を二人で洗っていたら、さらにワックスまで手伝わされました。


 でも、冷静に考えると300kmの道のりを14時間もかけて走ったのなら、平均21km/hの速度で走っていた計算になるのです(休憩時間は除いて計算してみました)。

つまり、そんな程度のスピードじゃ虫がつくわけないじゃん!と、後から気付いたaliasなのでした。


2006年05月01日

ヌードなサンダル

 最近、気になった商品が、 a-dex さんが販売している“ヌードサンダル”なのです。

サンダル自体が足の裏に直接張り付くためにストラップの必要がないので、数年前にヒットしたヌーブラをまねて“ヌーサン”の愛称で呼ばれているみたいです(もちろんヌーブラと同じく粘着力が1年ぐらいしか続かないそうです)。

普通のサンダルって、長時間歩いていると足のかけひものところに負担がかかってしまい、周辺が赤く腫れたり、皮がむけてたりすることがあるので、意外といい商品かもしれませんね。


 で、気になるところが、ビーチサンダルのように海辺の砂浜を歩けるのか?というところなのです。サンダルとの間に砂が入って足の裏が痛くなったり、砂で粘着力がなくなって途中で脱げたりしないのなら、ちょっと欲しいかも?

とりあえず、サンダルが足に張り付くと聞いた時、子供の頃、塗りたてのコンクリートに足を突っ込んでしまって靴がコンクリートに張り付いて脱げてしまい、そのまま転んで生のコンクリートまみれになった苦い記憶を思い出してしまったaliasなのでした(あまり関係のない話でしたね…)。



2006年04月29日

ゴールデンなウィークが始まる前に

 2006年4月26日に耐震強度の偽装問題に関わったとされる姉歯容疑者ら8名が逮捕され、4月28日には3億円の保釈金を払ったライブドア前社長の堀江貴文被告が釈放されたようです。

ゴールデンウィークの間はニュース記事自体が減るので、しばらくの間はニュースやワイドショーでこの件についての特集ばかりをしそうな気がします(誰かがそう仕向けたのでしょうか?)。


 で、世間は今日から始まるゴールデンウィークを前にして、昨日から浮き足立っていたようです。

朝からオフィス街を歩いていても、スーツ姿をした男の人が大きな旅行カバンを持ち歩いていたり、がらがらと車輪の音を鳴らすスーツケースを引きずっていたり、仕事帰りにそのまま飛行機や電車に乗るために準備をしてきたと思われる人をたくさん見かけました。

さらにお昼休みの話題も、ゴールデンウィークの行き先の自慢話をしている人が多いのです。

そして夕方には急ぐように家路に向かう人々の姿が多数見受けられ、高速の出入り口付近や空港へ向かう車は大渋滞でほとんど動かない状態になっていました。


 何で世間の人々はこんな混む時期にわざわざお出かけするんだろう?といつも思うのですが、愛するスイートさんもaliasもゴールデンウィークは仕事だし、ふたりは会う予定すらないのです。

なので、そんな風に考えてしまうのは世間に対するひがみなのかな?とも思うaliasなのでした(都市の中心部は人がいない期間なので、スイートさんをお食事にでも誘ってみようかな?)。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。