2006年06月21日

臨時で株主総会をしていたみたいです。

 先日、少し古いニュースを見ていると…、

2006年6月14日にライブドアの臨時株主総会が行われた。ライブドアの常套手法であった株の分割をしていたために15万4814人という膨大な人数が株主になっていた。そのため株主の約10%の1万5000人を収容できる千葉県の幕張メッセ国際展示場を選び、2万個ものお茶を用意したが、当日は1794人と全体の1.15%しか出席しなかった。

だそうです(想定外な出来事だったんでしょうね)。

会場では株主から、これだけの事件を起こした後だから休日に行うのが当然ではないか!という怒号や堀江前社長の経営復帰の可能性などの質疑が行われ、いったん打ち切られた総会で経営陣が再登場するアンコール質疑まで行われる異常な株主総会になっていたそうです。


 で、aliasが気になったことは、株主のために用意していた2万個のお茶の行方なのです(どこのメーカーの商品なんだろ?)。

通常で考えれば返品とかできそうにないので、ライブドアオークションとかで格安で売り出されたりするのかな?とちょっと期待しているaliasなのでした(それともディスカウントスーパーなどに格安で引き取ってもらったのかな?)。

2006年06月16日

梅雨

 6月の初旬からaliasの住む地方でも梅雨入りしました。

バイクでお出かけをしているaliasにとってはつらい時期なのですが、今のところは雨が降る日は仕事がお休みの日なのでつらくないのです(にこにこ)。

このまま空梅雨のままで行って欲しいとも思うのですが、夏場に水不足になっても困るので微妙な気分なのです。

なので、aliasの休みの日だけ雨が降って欲しい!と都合のいいことを考えているのです(おいおい)


 そういえば、6月というのは雨ばかり降るので学業にも仕事にも向いていない時期なのに、なんで祝日がないんだろう?(農耕民族だったの日本としては、恵みの雨が降る大切な時期とされていた頃の名残なのかな?)

タグ:梅雨

2006年06月14日

次世代のドラえもん

 先日ニュースを見ていると、

昨年の3月までドラえもんの声優を務めた大山のぶ代が、第2のドラえもん声優の育成に乗り出す。6月11日に大山のぶ代の自伝“ぼく、ドラえもんでした。”の発表サイン会で、2007年4月に東京都内の音響技術専門学校(音響芸術専門学校に改称予定)の学校長に就任することを発表した。同校は来年から声優やアナウンスなどの専門課程を新設予定のため、その趣旨に賛同した彼女がこの役職を引き受けた。

だそうです。


 確かに同じ作品の声優を26年ものあいだ演じた彼女の経歴はすごいのですが、大山さんはドラえもん以外の声優をしたことあるのかな?

それ以外のイメージが全くなかったので、大山のぶ代さんで検索してみると、「ドラえもんを演じる間は他の役をやらない」と彼女が公言していたため、自らの意思で他の作品に出演しなかったそうなのです(理由までは検索し切れませんでした)。


 そんな声優へのポリシーを持っている彼女に学校長を任せるのはいいことだと思うのですが、この記事で気になったのが、この第2のドラえもん声優の育成というところなのです。

これは彼女が言ったセリフかどうか分かりませんが、先日ののび太の恐竜2006で映画も公開されるほど活躍している、現役の第2のドラえもん声優である水田わさびさんの立場はどうなるんだろう?

彼女は水田さんのことをドラえもん声優として認めてないのかな?(おいおい)


2006年06月12日

久しぶりに吉野家に行ってみたのです。

 先日、仕事帰りに美容院でカットをしてもらおうと思ったら、予約をするのを忘れていて当日に申し込んだのですが、仕事が終わってから1時間後の予約しか取れなかったのです。

いつも忙しい毎日に追われる中、急に時間が空いてしまったので、何をしようか?と思い悩んだのですが、生命の欲求であるおなかの減り具合には勝てなかったので(大げさだな〜)、久しぶりに吉野家さんに行ってきました。


 そういえば、アメリカ産牛肉輸入の停止以来、牛丼は再開されていなくて未だに豚丼がメイン商品だと聞いていたのですが、店に入ると牛焼肉丼とか牛すき鍋定食とかがあるのです。

なので、なんで牛丼を再開しないんだろう?と思ったのですが、アメリカ産牛肉以外では肉質や食材の確保、採算面が合わないので取り止めているのかもしれませんね。

それにニュースでも、吉野家さんは豚丼が好調なので2005年度の連結決算で2年ぶりの黒字になったそうです。同業界の中国産牛肉を使っている松屋さん、オーストラリア産を使っているなか卵さんも増収を確保してたそうです。


 で、そのニュースの中には2006年7月にアメリカ産牛肉の再開予定のことも報道されていたのですが、吉野家の安部修仁社長は「9月を過ぎることは想定していない。あるとすれば怠慢以外にない」と、政府の対応を促したことも伝えていたのです。

なので、店員さんに牛丼再開はいつ頃なのか聞いてみると、

「どんなに早くても年末ぐらいじゃないですかね〜」

と社長とは違い、冷静に考えているみたいです。

アメリカ産牛肉の輸入を再開してすぐに牛丼を復活されても、それは吉野家さんにとって危機管理の甘さとしてマイナスイメージになる可能性が高いので、この店員さんの意見が現時点としては一番正しいような気がします(マスコミに取り上げられやすい格好の材料になりそうなのです)。


 そんなことを考えながら豚丼を食べていたのですが、昔は並盛くらいじゃ物足りなかったはずなのに、久しぶりに食べた並盛のご飯に多さに驚き、結局は食べ終わるまでに30分くらいかかってしまい、美容院の予約の時間に遅れそうになったaliasなのでした。

タグ:吉野家

2006年06月05日

今の仮面ライダーはカブトムシなんですね。

 先日ニュースを見ていると、

バンダイはアース製薬との共同開発で、子供向け番組“仮面ライダーカブト”をモチーフにしたライダーベルト型の携帯用虫よけ器“おそとでノーマット 仮面ライダーカブト”を商品化した(税込み1785円)。6月1日より順次発売されるこの商品は電池でファンを回転させ薬剤を拡散させるため煙などは出ない。ライダー気分を味わいながら、同時に蚊や虫除けもできる画期的な商品だ。

だそうです。で、商品がこれなのです


 そういえば今年の春頃に仮面ライダーの大人用変身ベルトが3万円くらいで売られていましたが、結構いい売れ行きだったようなので、その勢いに乗ってこの商品を開発したのでしょうか?

普通の携帯用虫よけ器の定価も1180円になるのでそれほど高い商品でもないのです。なので、仮面ライダーファンの親だったら子供に買ってあげたくなるかも知れません(父親なら昔は仮面ライダーを見ていたかもしれないし、最近の戦隊ものや仮面ライダーにはイケメンな方々が多数出演しているため子供と一緒に見ている母親がファンになるケースも多いので、親を抱き込む商品としては最適だと予測できるのです)。

でも、4725円で売られている普通の子供用ライダーベルトと比べるとやっぱり見劣りするので、小学生ぐらいの子だったら付けることを恥ずかしがるかも知れませんね。


 で、aliasが一番気になったことは、仮面ライダーってバッタからヒントを得て作られたヒーローだったような気が…。さらにカブトムシなので、二重の意味で昆虫なキャラクターっていうことですよね(おいおい)。そんなキャラクターの商品で虫除けさせることに疑問や自己矛盾は感じなかったのかな?(バンダイさんに怒られるぞ!)

2006年06月02日

ミニ 宇治金時ミルク仕立て

 先日スーパーの店頭に“キットカット ミニ 宇治金時ミルク仕立て”という期間限定商品が並んでいました。ネットで調べてみると、発売されていたのが5月22日だったのです。甘いもの大好きなaliasとしてはこんな商品を見逃していたことを悔やんでいたのですが、とりあえず食べてみるのです。


 キットカットは夕張メロンや信州リンゴ、“きっと勝つ”と読めるので合格のお守りとして受験生が持ち歩いているという口コミに便乗して、5角形のマグカップ(←合格と読ませたいみたいです)を付けた合格祈願パックなどいろんな商品を発売していますが、スタンダードなチョコレート味の超える商品はあまりないのです。

なのですが、この商品は意外とおいしいのです(にこにこ)。
袋に冷やして食べるとおいしいと書いてあったので、実行してみると幸せな甘さを感じました。

でも、3つぐらい連続で食べるとちょっと味がくどくなるのが難点なのです。

なので、普通にカキ氷の抹茶ミルクを食べたくなったaliasなのでした。

2006年05月29日

家の中に昆虫はいない方がいいのです。

 最近、新しいパソコンを買ったので便利なツールがたくさんある“窓の杜”さんを見ていると、

ゴキブリや蚊の嫌がる超音波を発生「CA-CONE」v1.0.0

って、ソフトを見かけたのです。

紹介文を見てみると、人には聞こえない周波数の超音波が虫除けになる音をパソコンのスピーカーから出すのですが、音楽や動画のプレイヤーは問題なく再生ができるそうです。

でも、人には聞こえなくても犬などのペットの耳には干渉してしまう可能性があるのだそうです。


 いつもaliasの周りにはいろんな種類の虫さんが寄ってくるので、特に夏場は虫除けスプレーが手放せない体質なのです(血液型のせいかな?)。

なので、今年の夏はこのソフトを試してみようかな?とも思っているのですが、あまりにも快適すぎたらパソコンの周りから離れられなくなってしまい、ニートなひきこもりの人になっちゃたらどうしよう?と、そんなことはぜんぜん心配していないaliasなのでした(おいおい)。

タグ:CA-CONE

2006年05月27日

ライフサイクル

 先日見かけたのがNASAの技術によって生まれた小さな地球、BEACHWORLDなのです。


ビーチワールド(WG8)-BEACHWORLD【小さな地球】-☆予約販売☆6月中旬発送☆


完全に密閉された空間である小さな水槽の中にはハワイ島にだけに生息する小エビ、藻、バクテリアが入っているので、藻を食べる小エビが二酸化炭素を出しそれを藻が光合成によって酸素を作るため毎日5〜6時間ほど太陽に当てる必要があるのですが、えさを与えなくても水槽内で起こる生命のリサイクルを観察することができるのだそうです。


 生命の不思議さをひとつの水槽で観察できるので、癒し系のインテリアとしてもいいのですが、子供に贈りたくなるようなプレゼントだと最初は思ったのですが、注意書きを見てみると“万が一6ヶ月以内にエビが全滅してしまった場合は希望小売税込価格の30%にて新品に交換いたします。”と書いてあるのです(やはり生命は死から逃れられないのです)。

ということなので、次の生命が誕生したとしても死んでしまったエビちゃんが水槽の中にいつまでも残っていたり(バクテリアが分解してくれるのかな?)、場合によってはエビが異常繁殖して共食いになったりするところまで観察できてしまう可能性もあるのです。


 シュール過ぎるので大人の向けの商品なのかもしれないのですが、本来の自然の厳しさを学んでもらうには子供にとっていい教材になるのかもしれません(禅のような世界観かも?)。


2006年05月26日

便利にはなってきたのですが…

 最近は冷凍食品の味が向上してきて、さらにほうれん草などの生鮮食品は瞬間冷凍されたものの方が店先で売られている生野菜より栄養価や鮮度が高かったり、冷凍したままお弁当に入れると食べる頃には解凍されている惣菜やカット済みの野菜など、自炊をしているaliasとしては大変便利なのです(お弁当用の惣菜は使ったことがないのですが、冬場でもちゃんと解凍されるのかな?)。


 で、先日見かけた記事によると、アメリカでは“洗浄カット済みリンゴ”という生の袋詰めの商品が売られているのだそうです。皮付きのままでリンゴを8カットぐらいにしているのですが、アメリカのりんごは小ぶりなため一口食べることができるそうなのです。

りんごぐらい自分で切れよ!と最初は思ったのですが、よく考えると無洗米や三枚におろされた魚などをaliasも買っているのです。それに映画で、アメリカの少年野球チームの子供たちに食べさせるおやつが健康食品並みに厳選されたスナックやフルーツなんかを食べさせるシーンもあったので、そんなところに多量の食材を持っていったりする時には便利だし、昼食代わりに食べるのにもヘルシーでいいのかも知れませんね。


 でも、ひとつ気になることがあるのです。子供のころ母親に野菜には農薬がついているからきれいに洗うことや、海外の野菜は洗剤で洗うように教えられたのです(家事をしない人は知らないかもしれませんが、多くの食器用洗剤には用途に“野菜”と書いてあるのです)。さらにりんごなどを剥くときには、農薬が染み込んでいるから皮は厚く剥きなさい!と教えてもらったのです。

なので、皮がついたカット済みりんごが日本で売り出されたら、スイカのように皮を残して食べないといけないのかな?と、無駄な心配をしているaliasなのでした。

2006年05月24日

選ばれしもの

 で、後継者である新たなるパソコンが決まりました。

さんざん悩んだ結果、aliasに選ばれしパソコンは“emachines j6454”なのです。

結局、メーカー製のパソコンにはたくさんのソフトが入りすぎているし、液晶画面が大き過ぎたり、テレビ機能など要らないものが多すぎたので、シンプルなデザインでXP以外のソフトがほとんど入っていないものにすることにしたのです。

イーマシーンズのj6454の本体価格は通販の九十九電機さんで67800円と非常に安くで販売されていて、オプションで“Office Personal Edition 2003”と17インチの液晶モニター、256MBのビデオメモリーで12万ちょっとの価格なのです。

なので、九十九電機さんに先日の夜に注文したら翌日には出庫されて、いまではaliasのお家にやってきました(結構対応が早いのです)。


 さっそく電源を入れたらすごいモーター音がするので、安物を買ったせいかな?と思っていたのですが、起動時に冷却ファンが最大値で動いただけのようで、その後は静かに働いているのです(こんな時間にブログを更新しているのも、さっきまでセットアップをしてたからなのです)。

今のところはほとんど問題なく快適に処理をしてくれているのですが、ひとつだけ問題点が…。

ブログの記事を書いていると、勝手にいつも使わない漢字に変換されるので、教え込むのに一週間ぐらいかかりそうなのが一番の難点なのです(それはemachinesさんのせいじゃないだろ!)。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。