2006年01月15日

なんだか白夜行がおかしいのです。

 2006年新春の木曜日の21:00は、TBSの東野圭吾さん原作“白夜行”の裏番組に、テレビ朝日の松本清張さん原作“けものみち”が放送しているのですが、
前にも米倉涼子さんは松本清張さん原作で“黒皮の手帳”をやってたし、
綾瀬はるかさんと山田孝之くんも初回2時間枠で気合が入っていたようですが、こちらも”世界の中心で、愛をさけぶ”のコンビだし…、

なんだか二番煎じなドラマ同士が争う時間帯ですね(おいおい)。


 それた話を元に戻してみましょう!

白夜行の原作は、1973年の廃墟のビルで一人の男が殺され、その後の捜査で次々と容疑者が浮かぶのですが、やがて事件は迷宮入りするのです。そして被害者の息子“桐原亮司”と容疑者の娘“西本雪穂”は、この事件以外には何の接点も無く、まったく別の人生を送っているはずなのに、二人が歩む人生には相手の影と、常に犯罪のにおいが見え隠れするのです。

そして、19年にわたる二人の犯罪の軌跡は脇役たちからの視点で語られるため、二人の心情、動機には一切触れられずに、、二人の行動しか文章には書かれていないのですが、
話が進むごとに、なぜか二人の哀愁がにじみ出てくるハードボイルドな小説だったのです。


で、今回、セカチュウの脚本(ドラマ)を書いた森下佳子さんが、白夜行も手掛けているのですが、
時代は1973年から19年にわたる二人の話だったのに、1991年から2005年にわたる14年間の設定に変えちゃってるし(殺人の時効って15年だから、そのために設定を変えたのかも?)

原作のラストシーンをドラマのオープニングにもってきてるし、

小説の中では物語の重要な要素だった内容まで、初回放送でバラしちゃったし、

小説中ではまったく触れられなかった、二人の会話や心情まで、細かく映像化しているので、

原作を読んでいた人にとっては、まったく別の物語となっています。


 森下さんはプロデューサーに無理やり、セカチュウのような純愛物語にさせられたのか?
彼女が東野さんのファンなので、二人の心理描写を自分なりの解釈で脚本にしたのでしょうか?

ドラマの展開も過去を振り返るような視点が語りかけるナレーションを入れたり、エンディングテーマも柴咲コウさんの歌を採用して、セカチュウのドラマ化とまったく同じ手法で、ふたりの愛を育む物語に変えられちゃいました。やっぱり純愛物にしないと視聴率が取れないのかな?


 原作には、マイコンやPC−8000が活躍していたころから、自分でゲームを作ったり、ハッキング技術の話など、windowsなどのパソコンが普及し始める前後のことが詳しく書かれていたのですが、ドラマでは時代設定が変わってしまったので、ITバブルの頃のような話をからめて、去年TBS乗っ取りをしようとした楽天への仕返しのようなドラマにはならないといいな〜
(例:恋に落ちたら〜僕の成功の秘密〜)。



白夜行
白夜行



で、そんなこんながありまして続きを読む?

2006年01月14日

美肌の国

 前から気になっていたのですが、“ポンズ クリアフェイス ハン<韓>”って美容液のCMで、
なぜなのか?、韓国は“美肌の国”って言ってるんですよ。

韓国特有の健康的なアイテムって、日本の時代劇などで病気のおっかさんが出てくると “高麗にんじん”というキーワードが必ず出てくる事ぐらいしか思い浮かばないしな〜。

それとも韓国女優さんがきれいだからという、安直な発想なのでしょうか?

その結果、たこ焼きのまち大阪とか、餃子のまち宇都宮などと同じように連想してしまうのかな?


 と思っていたのですが、その理由を思い付いてみました(おいおい)。

女性誌では、韓国女優さんがよく行く美容院や、エステなどが多く紹介されていて、同じページに、
韓国のエステやドラマのロケ地にいって、思い出と共にきれいになって帰ってこよう!という旅行パックも売られているのです。

で、韓国のエステに行ってきれいになっちゃった!と言って帰ってくる人が増えるのですが、
現在、韓国はアジアではトップクラスの整形の技術を持つと言われているので、
本当は、整形手術を受けて美しくなって帰ってくる人が増えているのではないか?

と、結論付けてみました(方向がずれているような気が…)。


で、そんなこんながありまして、続き読む?

2006年01月12日

電車男な人々が、本当に助けたいのは…

 2006年1月11日に“トリビアの泉〜最強の国民ランキングSP!”という、今までのトリビアの
寄せ集め人気作品を特集した番組をやっていたのですが、

その中で、

街で女性がからまれていた時
「電車男」のように助けてくれる
秋葉原の男性は100人中○○人

って、内容があったのです。


原作のエルメスさんと同じ、YOUさんと国仲涼子さんを2で割ったような女性のタレントを選び出し、
グループ行動している複数で歩いてくる人は避け、一人で裏道に入ってくる男性を対象にして、
原作を同じく中年オヤジに言いがかりを付けられる女性という現場状況の設定を作り出し、

その中で女性を助ける秋葉原の男性は何人いるのか?という実験をしていたのです。


 で、結果は100人中、助けてくれる男性は69人もいたそうです。

意外とみんな勇気あるじゃん!と思っていたのですが、

普通の女性でなく、アニメキャラのコスプレをした人や、メイドさんの格好をした女性なら、
ほぼ100%に近い確立で助けてくれると思います。

2006年01月11日

麻生さんが逝く

 4年の付きあいの麻生さんが、低血圧で寝起きの悪いaliasに対してついに切れてしまい、
2〜3回殴りつけるか、電池をはずなさいとベルを鳴らしつづける強敵へと変貌してしまったのです
(麻生さんは目覚し時計の名前なのです)。

その後、小康状態が続いていました。そして死が訪れる瞬間まで正常な状態で動いていたのですが、タイマーをセットした06:00の1分前の05:59に往生してしまったのです(最後は役目を果たせずに、最後を迎えてしまったのです)。おかげで、その日は遅刻寸前まで寝てしまいました。

そしてあたらしい麻生さんを探しに行ったのですが、二代目麻生さんは、タイマーの時間になっても、ベルを鳴らさない不良少年な人だったのです(また、遅刻しそうになりました)。

で、二代目の麻生さんと出会った店で、三代目麻生さんに変えてもらったのですが、
なぜか三代目は店頭で鳴らした音ほど、大きな声は出せない体調不良な人なのです
(音に気付かず、またまた遅刻しそうになりました)。


 どうやら、生まれつき体が弱いようなのです。こんな人に朝を任せるのは少し不安なので、
四代目麻生さんをさがすか、新たに改名しようかと迷ってます(例:おさる→モンキッキ)。

次の候補としては相生さんか、モー娘。、モリアーティー教授にしようかと思っています

(名前を付けるのをやめたら?)。

2006年01月10日

氷川きよしさんに負けちゃったみたいです。

 2005年度ベストジーニストによるチャリティーオークションで、浜崎あゆみさんのサイン入りジーンズが2005年12月27日に1億円近い金額で落札されてから、2週間ほど経ちました。

その後、予想通りYahoo!ではキャンセルが続き、ついに同じ時期に出品された氷川きよしさんのジーパンの落札額、421.000円を下回っちゃったのです
(aliasの予測ではベッキーさんと同じ15万円ぐらいまで値崩れしそうな気が…)。

結局、きよしファンのおばちゃん方々は韓流ブームに乗らずに手堅く残っていたのか?(または両方とも応援しているのか?)、やっぱりきよしファン層の方が裕福なのかな〜?
それとも、浜崎さんが2ちゃんねらーやネットの住人から嫌われている証拠かもしれません
(笑えない)。


 オークションの経過はこちらで。 

2006年01月09日

エコなテレビ

 最近エコロジーについてアピールしたテレビCMなどが多いのですね。

電気使用量がすくないエアコンや、冷蔵庫、乾燥機、
電池燃料の車や、自然環境にやさしいタイヤ、自動的にアイドリングストップする車など。

それを見ていて思ったのですが、CMが始まると勝手に電源が切れて、
CMが終わり番組が再開すると、自動的に電源が入るTVって作れないのかな?
(作らないって!)

2006年01月07日

さんしゃい

 aliasの友人には“りゅうくん”という名前の子供が、二人います。

年上のりゅうくんはまだ4才なのに、とってもクールなのです。
声をかけても、さりげなくうなずくだけで、すべてを悟ったかのように遠くを見ています。

そういえば小さい頃でも、まわりとは一線を引いて大人の対応ができる子供っていたよな〜。

彼は意外と大物になりそうです。


 もう一人のりゅうくんはまだ3才なのです。
前にあったときは言葉もほとんどしゃべれないのに、玄関までaliasを迎えにきてくれて、テレビのある応接間まで案内してくれて、いろいろとおもちゃを持ってきてくれるやさしい子だったのに、

今年のお正月に会ったときには、日本語で意思疎通が可能なまでに成長していました。

そしてひらがなもマスターし、さらにアルファベットも読めるバイリンガルな子になっていました。


でも、まだ「さんしゃい」としか言えないのです。

この年ぐらいの子供は、言葉が二音で表記される“しゃ、しゅ、しょ”になりやすく、さ行や、丸の付くぱ行など、唇を連続で使いこなす技術が必要なものは発音しにくいようでした。

それに対して発音しやすいのが濁点のつく言葉で、特にば行だ行は発音しているだけでも楽しいらしく、一人で笑っていました(英語圏のアーティストも“B”や“D”の発声は大切だもんな〜)


とりあえず好奇心旺盛なようで、aliasのヘルメットやカバンなどに興味を持ち
「これって、なに?」って、連呼するのです。

なにもかもが新鮮に映る時期なんでしょうね〜。こちらも気を使いゆっくりできません。

そのうち、りゅうくんの就寝時間を過ぎてしまったのですが、aliasたちのそばから離れません。
まだまだ興味があることがあったためか、ベットに入れようとしてもイヤイヤ!するのです。


そんな姿のりゅうくんは見ているだけでも、かわいかったのですが、

次に合うときは、反抗ばかりする生意気なガキになってるんだろうな〜(おいおい)。


2006年01月04日

細木数子さんのすごいところ

 前に細木数子さんのあんなことを書きましたが、訂正いたします。

2006年の元旦に“細木数子が緊急大予言アナタの将来を幸せにするSP”で、細木数子さんがいろいろな緊急大予言をしていたのですが、小泉首相の次期首相を予想などの政治問題から、プロ野球チームの優勝予想などのスポーツまで取り上げていたのです(どこが緊急なの?)。

そのときの一緒に出演していたのが和田あきこさん

前にも一度ふたりが共演しているのを見たことがあるのですが、二人の不穏な雰囲気が画面を通して視聴者に伝わるほど仲が悪いはずなのに、今回もなぜかゲストとして呼ぶのです。

彼女の番組を見ていると、イケメン俳優などといちゃついたり(例:タッキーさん、要潤さん)、そしてお笑い芸人は滅茶苦茶に叩いて(例:クリームシチューさん、ネプチューンさん)、さらに今回はクレヨンしんちゃんの着ぐるみまで出てきて子供相談をしていました。

そんな光景を見ていると、スタッフから好待遇を受けていることが画面からも伝わってきます。
だから彼女は自分の思い通りに番組を作ることができるはずなのです。

なのに、仲が悪いと思われる和田あきこさんをゲストにしたり、
別の番組でハマコーさんと共演して大喧嘩したりするのです。


つまり、視聴率を取るためなら嫌なゲストでもちゃんと呼ぶ、

彼女はそんな計算ができるすばらしい商売人なのです(おいおい)。
タグ:細木数子

2006年01月03日

ひまつぶしにでも…

 毎週見ている海外ドラマを見ようとしたら、画面に現われてきたものは、

Miss Teen USA 2005

だって、どうやら10代のミスコンのようです。

年末年始の番組の変更に気付かず録画してしまったのですが、そのまま見てみました。


 州代表51名が出てくるのですが、やっぱり日本と海外では美の基準に違いがあるためなのか、

どこが美人なんだろう?と思える人が多少なりともいたのです(おいおい)。

そして、オープニングで全メンバーの紹介が終わったと思ったら、

いきなり、事前の化粧品メーカーによるインターネット投票と、審査員の選考の結果発表!

10分ほどで15人に絞られてしまいました(70.58%の人が画面から消えていったのです)

で、残った15人を見ているとaliasがキレイだな〜と思っていた人が残りました。
普段から映画や海外ドラマを見ているためか、アジア系以外の人でもずいぶん見分けがつくようになったせいかもしれません。


 そこから、日本では水着審査になるのですが、この番組はいきなりイブニングドレスで審査です。イブニングドレスなんかにバリエーションはそんなにないだろう!と思っていたのですが、胸元を強調したものから、背中が大きく開いたもの、スリットが大きく開いているものとか、分かりやすいものばかり着ている人もいたのですが、人魚姫のように見える足元だけをタイトにしたチョコチョコとしか歩けないドレスや、くるりと身を翻すと腰元ぐらいからマントのようにひらひらと舞うドレスなどがありました。

勉強になるな〜!、そんなもん見る機会めったにないし、行くあてもないですからね。

そして服選びのセンスもあるのですが、立ち振る舞い方も大事なのです。いままでに州を勝ち抜いた人なのにおどおどしていたり、子供っぽいしぐさで歩いている人など、明らかに場になれてしている人との違いが出ていました。そんな人と、下品なドレスを着た人は次の10名には残れませんでした。


 その後、10名のプロフィールや事前に収録したビデオなんかが紹介されていたのですが、ボランティアや学業、スポーツで活躍している人もいて、将来は国務長官になりたい!と言い出す人までいましたが、趣味はソフトボールとボーリングという地味な人までいました。

日本のミスコンでは美しさだけではなく、いろいろな場で活躍していることを強調しないと勝ち残れないのです。なので、まるで美だけでなく人間の価値を競い合うような大会になっていますが、美だけを争うこのコンテストには好感をもてました。まだ10代なんだから、このコンテストをきっかけにして、いまから経験を積めば良いのです。


 そして水着審査が始まりました。

アメリカの人は痩せているだけではなく、ちゃんと体を鍛えていることが大事なようです。

で、細いけど鍛えている事を外見から見分けるポイントは、人間の筋肉の中で一番大きい太ももの部分なのです。特に太ももの付け根の周辺の筋肉を見れば、運動しているかどうかすぐ分かるのです
(あのラインはエステや整形ではできません)。

そのへんをチェックしながら水着審査を見てみようと思っていたら、一人目が紹介されたところで、録画が終わってしまいました。

いつものドラマより30分長い、1時間半の番組だったようです。


まあ、見たかった番組じゃないから、別にいいんだけど…。

タグ:Miss Teen USA

2006年01月01日

2006年1月1日がやってきました。

 明けましたが、おめでたかったですか?(おいおい)

本日は、なぜか年賀状が届く日になってしまいました。(イヤなのか?)

世論調査で、年賀状は75%の人が人との付き合いのために必要だと思っているが、
書くことを楽しんでいる人は34%で、55%の人が面倒だと思っている。

だそうです(ほら!やっぱり面倒と思っている人が大半じゃん)。

年末には1通も書いてません!今から届いた人にだけにむけて書こうかな?と思っています
(そもそも、届くのかな?←本音)。


地球にやさしいエコロジーの精神で、無駄に使われる紙の心配をしているのか?
それとも、元旦から働いている郵便配達の人の大変さを思ったためか?
親しい友人からは年賀メールが入っていました(間違いなく違うと思う)。
まとめて送ったメールでなく、ちゃんとaliasの名前を書いてくれる気遣いが、うれしかったのです。

そんなメールに混じって、“Happy New Year”と称した迷惑メールがたくさん送られてきていました。ひまだったので読んでいたのですが、ほとんどがエロ系なのです。新年合わせて文面を考えているところや、いろいろな誘い方をしているのが面白いですね。出会い系サイトには入ったことがないのでよく分からないのですが、入会している人にとってあんなメールを見ると、返事がキター!と思うようなものなんでしょうか?


パソコンに来るメールはほとんど自分が見たいときにチェックするので、突然に音で知らせてくる携帯の迷惑メールほど迷惑じゃないのですが、その内容がほとんど男性向けってことは、引っかかる人もほとんど男ばっかりということなのでしょうか?
(女性向けならダイエット商品で、騙そうとする迷惑メールがあってもいいと思う)。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。