2005年11月24日

2005年11月23日にハリー・ポッターが放送してたみたいです。

突然ですが、

ハリー・ポッターの映画は原作に忠実なので、本は読まないで映画で観ようの会

会長のaliasです。

現在、会員2名の集まりなのです…。


 夢のある世界、ファンタジーな生き物、そして迫力のある映像、とても子供向けに作られたとは思えないほど、感動的な作品だったのですが、
最後、校長先生に成績が高かったことをほめられて、そのことに喜びながらエンドロールになるところが、子供向けの作品らしい終わり方だなと、いまごろ思いました。

日本語吹き替えのハリー・ポッターを観るのは初めてで、
こんなにたくさんの子供の声優を集めてくるのって、大変だろうな〜と思いながら観ていたのですが、検索してみると主役の小野賢章君が、あの悪名高い“北京原人 Who are you?“(某映画会社の歴史から、抹消された映画という噂もあります)に出演していたぐらいで、あまり有名な子役の声優さんは使っていなかったようです。

そして映画の後、シリーズ第4作目の“ハリー・ポッターと炎のゴブレット”の予告編を観ていると、ラドクリフ君も成長して、映画の内容もずいぶん大人向けになっているそうなのですが、
吹き替えをしている子供達もずっと同じ人がやってるみたいなので、声変わりする子なんかがいて大変なんだろうな〜と、余計なお世話な心配をしてしまいました。


では!いちおう会長なので、早めに最新作を観て、また報告します。
--------------------------------------追記----------------------------------------
で、観に行ってきました! →ハリー・ポッターと炎のゴブレット


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。