2005年11月21日

牛肉、鶏肉、豚肉

 最近、鳥インフルエンザの特集が、テレビではよく報道されています。

特にタイでは闘鶏が盛んですので、戦っている鳥が負傷した時の血液が人間が接触するので危険だとか、渡り鳥が鳥インフルエンザを国境を越えて運んでしまうなどと、鶏肉のイメージを悪くなるように報道されていますが、

アメリカからの牛肉の輸入問題から目をそらす為に、意図的に報道されているのでしょうか?


抗ウイルス薬オセルタミビル(商品名がタミフル)についても、子供に飲ませると睡眠薬を多量に飲ませたのと同じような状態になる話や、薬を飲んだ直後に自殺した少年の話が、情報として錯綜しています。薬害エイズの時と同じようなことにならないと、いいのですが…。


こんな話を聞いていると、鶏肉も食べにくいし、狂牛病で牛肉も食べられないし、豚もインフルエンザを仲介する動物だと言われてるし、いま一番安全な肉って何なんだろう?

ヘビでも食べろという気でしょうか?(おいおい)


この記事へのコメント
コメントありがとうございました。
ヨーロッパでも危機感というのはまだ身近ではなくて、メディアが何かと騒いでいるだけ、というのが正直な感想です。
私もこの記事はほとんど見逃しかけてたくらいですから。
ワクチンも副作用が怖いので、とりあえず抵抗力つけてウィルスが取り付きにくいようにすること、かなー、って思ってます。
Posted by mikiko at 2005年11月23日 19:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

鳥インフルエンザに対抗する方法
Excerpt: イギリスの新聞にあった「あなたの健康と資産を来る大流行から守る方法」と題する新聞記事に惹かれて投資コンサルタント会社が発行しているレポートを読んでみた。鳥インフルエンザはサプリメントで予防できるらしい..
Weblog: flapjackers.net
Tracked: 2005-11-21 20:15

【牛に鶏糞】鶏糞への肉骨粉混入率を30%程度とFDA要官見積(=年間30万トン?)
Excerpt: ■【牛に鶏糞】鶏糞への肉骨粉混入率を30%程度とFDA要官が見積(=年間30万トンの肉骨粉が牛へ?) 牛への鶏糞ごみ飼料=poultry litter について、全国食健連が主催したBSE講演会のジ..
Weblog: BSE&食と感染症 つぶやきブログ
Tracked: 2005-11-23 00:35
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。