2005年11月20日

七人のマッハ!!!!!!!

仏像を取り戻すために戦った(笑)、あのマッハ!が帰ってきました。

今度は本物のチャンピオン達が挑む、究極の異種格闘技戦!だそうです。

と言っても、トニー・ジャーの出演はなくて、マッハの撮影チームが帰ってきたんですけどね
(トニー・ジャーは2006年に公開される“トム・ヤム・クン”まで、おあずけなのです)。

で、今回の主人公たちがあやつる格闘技は?

ムエタイ    トニー・ジャーの同級生で親友のタイアクションの新星!(国技ですからね)

テコンドー   タイ・ナショナル・テコンドー金メダリスト!(韓国の格闘技も入ってきました)

ラグビー    アジア競技大会7人制ラグビーの銅メダリスト!(体当たりとか怖そうですもんね)

器械体操   東南アジア競技大会25の金メダリスト!(このへんから、だんだんあやしくなる)

体操女子   東南アジア競技大会銀メダリスト!(確かに運動神経は良さそうだけど…)

セパタクロー 足でやるバレーボールみたいな競技の優勝者!(おいおい…)

サッカー    韓国プロサッカー大会最多ゴール記録!(……)


で、マッハな格闘家たちと、が7つそろって、“七人のマッハ!!!!!!!”だそうです。

相変わらず、ワイヤーなしー、CGなし、スタントなし、の基本を守り、

相変わらず、危険で、計算もしていない、無茶苦茶な撮影を強行しております。


タイの映画撮影中に、事故が起こり、多数の死者が出ました。
この監督は以前から無理な撮影が問題になっており、関係者に事情聴取…


って、そのうち、ニュースで流れるかもしれません。


あと0.1秒遅れていたら…、死んでいた!という衝撃の映像を、笑いにする宣伝もすごいので、

予告編を観るだけでも価値があります(公式ページでも観れますよ。)。


迫力もありますが、ジャッキー・チェンの香港時代のようなアクション展開に、懐かしさを覚えました。



七人のマッハ!!!!!!! プレミアム・エディション
七人のマッハ!!!!!!! プレミアム・エディション

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。