2005年11月16日

2005年11月15日に、グラチャン・バレーが開幕したみたいです。

がんばれ!全日本女子バレーMagazine Vol.5 (5)


 ワールドグランプリ チャンピオンズカップの女子バレーが、昨日から始まりました。

さすが開幕戦だけあって、テレビ局にも不手際が多くて、

開幕戦なのに、いきなり第4セットの放送が、まるまるぶっ飛ばされたり、

番組の中のVTRでポーランド・ズコブロニスカ選手の
映像が本人と違っていました。お詫びして訂正いたします。


って、テロップが流れたりしていました。


バレーボール中継なのにオープニングで、が10分ぐらい歌ったり(今は違うって!)、

さらにセットの間に、が応援プロジェクトのイベントやってるし(だから違うって!)、

そんなことに無駄な時間を使うから、放送枠に収まらなくなるのだよ(じゃないって!)。

国歌斉唱じゃないんだから、歌なんか必要なし(ジャニーズファンに怒られるぞ!)


でも、KAT−TUNが、MCなどで会場内を盛り上げる役目を、TVの前だけでなく、
裏方としてもやっていることに、ちょっと感心しました。(フォローしとこっと!)


 ところで、日本テレビが放送するバレーボールの中継方法って、基本的にはフジテレビと同じような内容なんだけど、見てるとなんか物足りないんだよね〜。Jリーグの試合とジーコ・ジャパンの試合ぐらい盛り上がりに差があるのは、なぜなんだろう?(そうそう、今日はキリンカップの日本×アンゴラ戦の日ですね)

それにスペースぎりぎりでサーブを打つ時に、後ろで何気なく画面に映りながらいつもカメラ目線だった日テレのアナウンサーにも、なんかムカつくし…、

さらにミュージックステーション方式で応援するは、できればやめて欲しいのです
(番組のゲストの曲がランクインした時だけ、拍手する方式の事です)。

 そういえば、フジテレビが“プリンセス・メグ”とか、“白い妖精カオル姫”とか、あだ名を命名してたんだけど、日本テレビは名前を変えて“ファイティング・カオル姫”とか、“スピードクイーン・スギ”とか、不自然な新たなニックネームで呼んでました。やっぱり他局がつけたニックネームなんて使えない!というテレビ局のプライドでしょうか?
それともすでにフジテレビが、ニックネームの標章登録してるのかな?


 大友愛さんも相変わらず頼りになるエースだし、少し引き締まった顔つきになった大山加奈さんも強くなって帰ってきたみたいだし、竹下佳江さんも相変わらず冴えてるし、
とりあえず宝来眞紀子さんも出場機会があったので、一安心です。

何が安心なの?と、言われると

宝来が一番かわいい!って、ことがです(?)。


初戦は負けちゃったけど、11月27日までは、目が離せない大会なのです。

(でも今日はキリンカップの日だから、バレーボールは録画するのです…)



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

女子バレー グラチャン開幕
Excerpt: 今回はフジテレビではなく日本テレビ。どんな放送を見せるのか期待したが、期待は失望となった。 NEWSの代わりにカトウーンが出演しただけ。リプレーも下手だし、選手の名前は間違える。 第3セットが終わっ..
Weblog: ひとりの独り言
Tracked: 2005-11-16 16:16
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。