2005年11月01日

映画館にも命名権

 久光製薬と、映画館を運営するテイ・アンド・テイが契約を交わし、東京・有楽町にある丸の内ルーブルの命名権を取得した。

結果、“サロンパス ルーブル丸の内”と、12月10から変更予定。

久光製薬側は、若者が集まりやすい有楽町という環境と、幅広い顧客層もった映画というコンテンツに目を付けて、サロンパスの知名度の向上を目指しているようです。

馴染めばそれほど違和感がなくなる名前なんですが、サロンパスって言われると
映画館の中におじいちゃん、おばあちゃんがたくさん座ってそうなイメージが…

タグ:命名権
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。