2005年10月14日

TBS株の買占め

TBSの買収対策はある程度していたようですね(株式を公開しているマスコミの悲しさです)。敵対的買収をかけられた時のマニュアル作りがしっかりとできていて、ニュースでの対応、発表用の原稿までちゃんと用意されていたようです。株の大量保有報告書を提出されたことを確認してから、楽天、次に村上ファンドと、確実なことが分からない限りTBSでは報道しないと決め事があるのでしょう。
さすがに、系列局、ワイドショーまでには気が回っていなかったためか、この件には触れない事で統一されてたようです。
数々の問題発言を繰り返していた、みのもんたの朝ズバッ!でも(ワイドショーと定義するかニュース番組とするのか判断が難しい番組ですが)、前日のマニュアル対応をそのまま放送していたそうです(見てないので詳しいことは知りません)。

 この件で一番に気になったことが、小泉首相がいつもの官邸での会見で、TBSの件について
「よく解らないんだよ、株取得とかね、敵対的買収とかね。野球はわかるけど、」
と、こんな発言を堂々と首相がしてるのに、誰も問題発言と言わないことが恐いです。

  で、暴論

公共性を保てないことを理由として、上場しているテレビ会社の買収に問題があると言うのなら、ニュースを第三者の外部に発注するか(それって誰かが言ってたような気がする)、
最初から、バライティーやドラマの部門を子会社扱いで上場して、ニュースなどの公共性のある部門を親会社にして株式公開しなければよかったのでは?(経済には詳しくないので、実現可能な話ではないかもしれません)


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。