2005年10月10日

アイドリングストップ表示機のゆくえ

 アイドリングストップ普及推進キャンペーンの一環として、大阪府警が全国に先駆け、心斎橋周辺3ヶ所にアイドリングストップ表示機を設置したらしい。

  仕組み

信号機の横に電光掲示板が設置される。

●赤信号の間は、エンジン停止に協力を と表示される。

●青になる10秒前に何も表示されない状態になる。

●4秒前に まもなく青に変わります と表示される(5秒前とかかれている記事もある)。

●青なると何も表示されない。

  目的

●アイドリングストップが省エネルギーと地球温暖化に効果があることを知ってもらう

●信号が変わる前にエンジンをかけることできるので、渋滞防止に繋がる。

みたいな事が書いてありました。


で、1ヵ月後には、信号が変わるタイミングが分かるので、見切り発車する車が増えたとさ

 おしまい



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。