2005年10月07日

シン・シティー

 白黒のインパクトのあるCM展開をしている映画ですが、
この白黒画面が意外と曲者で、観てる人の想像力を働かせることで平凡な風景を美しく見せたり、
手や足が引きちぎれ血が舞うようなシーンでもアニメチックに和らげられています(多少ですが…)。
さらに印象付けたいシーンには、女優の唇や、服、空などを単色で彩り、映像を引き立てています。


 3個の独立したエピソードがシン・シティーという場所の中で、すれ違うこの物語では豪華共演人が格闘技ゲームのようにさまざまな独自のスタイルで戦います。

ほとんどが有名な人ばかりなので、あまり知られていないデヴォン青木に注目してみました。
ワイルド・スピードの二作目に出演してたくらいにしか覚えていないので、調べてみると、


…… 検索中 ……


彼女は日本人ハーフで世界的にはトップクラスのモデルさんらしい。
それなら日本でも、もっと有名なるはずだろうと思うのですが、顔がね…
日本人好みじゃないところが、この国ではメジャーになり切れないのでしょう。
そんな彼女が他の共演者に負けず劣らず暴れまわり、舞うがごとく二刀流を使いこなし、手裏拳を投げ、忍者のように飛び回ります。

う〜ん…、いまだにハリウッド映画人の認識で日本人は忍者のイメージから抜け出せないのねと、少しさみしい気持ちになりました。
そういえば映画ファンドで有名になった 忍 SHINOBI をハリウッドリメイクするって言ってたしなぁ〜(遠望)。


 それからイライジャ・ウッドが意外なキャラクターになってました。彼が演じるシリアルキラーは

もうロード・オブ・ザ・リングのイメージは捨てたいのね!
と、思わすほど、幼さをのこしたままの殺人鬼を演じる彼には、妖気が漂っていました。


 あの洗練されたCMを見て、女性と観に行こうと思っている方は、まるで女性に北斗の拳を勧めるのと、同じ状態になってしまいます。結局のところヴァイオレンスな作品なのです(リメンバー キル・ビル)。

でも、キル・ビルと同様にハマってしまう人は多いと思います。



シン・シティ プレミアム・エディション
シン・シティ プレミアム・エディション


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/7841408

この記事へのトラックバック

北斗の拳
Excerpt: 北斗の拳『北斗の拳』(ほくとのけん)は、原作・武論尊、作画・原哲夫による少年漫画である。当初は、週刊少年ジャンプの増刊号に掲載された一話完結の読み切り漫画であったが、好評を博したため、1983年から1..
Weblog: ジャパニアニメ
Tracked: 2005-10-08 06:58

「シン・シティ」劇場にて
Excerpt: 最近のガソリン値上げには困っております。皆さんはどうでしょう?(私が入れているGSではレギュラー127円です。) 今の職場までは片道40キロあります。車は今は生産されていないスターレットのグランツァV..
Weblog: xina-shinのぷちシネマレビュー?
Tracked: 2005-10-08 22:25

懸賞
Excerpt: 懸賞
Weblog: 懸賞
Tracked: 2005-11-01 16:33
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。