2008年01月11日

そろそろ引退してもらいましょうか?(携帯編)

 年が明けてすでに11日ほど経ちましたが、特におめでたいこともないaliasです。


 ところで、aliasはDOCOMOのD505iという携帯を使っているのですが、すでに4年以上使用してるのです。でも、バッテリが弱っている事以外は特に不満はなかったのですが、年末に携帯を1メートルの高さから地面に激突させてしまって以来、カメラ機能が使用できなくなってしまったので、そろそろ彼に引退してもらおうと思っていたのです。

今では買い替えの際に番号ポータビリティー制が選べるので、基本料などの値段が高いDOCOMOから、au、SoftBank、WILLCOMなどの他の携帯会社への乗り換えも検討してみたのですが、今のメールアドレスがお気に入りだし、2007年11月26日から採用された新料金プランを考慮すると、そこそこ維持費も安くなりそうなので、仕方なくDOCOMOを継続することにしてみました。



 で、aliasはフラッシュ付きカメラの携帯が欲しかったのですが、現在発売中の905iシリーズの機能をNTTドコモのホームページで検索してみると…

●いつでもどこでも地デジTVのワンセグ

●自分の居場所が地図で検索できるGPS

●海外でも使える3Gローミング

●HSDPAの高速データ通信のFOMA HIGH-SPEED

●おサイフケータイを利用したクレジットカード決済iD

●音楽/動画の自動配信のMusic&Videoチャンネル

●一つの携帯電話機で二つの電話番号やメール・アドレスを持てる2in1

など、不必要な機能の情報しか公式サイトには載っていないのです。それに、905iはこれらの機能を“全部載せ”したことを前面に押し出したシリーズなのです。これは携帯電話としての完成系とも言えるラインナップなのですが、悪く言えば新しい技術が開発できなかったので、今までのシステムを寄せ集めただけの商品構成に見えてしまうのです。


 そして、2008年1月〜2月発売予定の705iシリーズを見てみると…

●折りたたみ世界最薄モデルのP705iμ


●ワンセグ搭載最薄モデルのP705i


●防水ケータイ世界最薄モデルのF705i


など、ある程度無駄な機能を切り落とし特化することにより、それぞれに特徴のあるモデルになっているのですが、aliasが欲しいカメラ機能には特化されていないのです。



 とりあえずこの中から、カメラのフラッシュや手ブレ防止機能などが付いている安そうな携帯を買おうと思っていたら、冬モデルとして23機種もあるにもかかわらず、

SO905iCSP704iの2機種にしかフラッシュ機能が付いていないのです。


で、SO905iCSはソニーのデジカメの名前を冠したCyber-shotケータイというモデルになるのですが、有効画素数510万画素/光学3倍ズーム/高輝度LEDフラッシュ搭載とスペックが高いので、値段もお高めになりそうだし、まだ発売もされてないのです。

そして、一つ前のラインアップになるパナソニックのP704iはスマートフラッシュ/有効画素数が200万画素とそれほどスペックは高くはないのですが、お手軽な価格となっているのです。


 なので、このP704iにしようかな〜と思っていたら、古い704iシリーズには新料金プランは適用されないので、昔どおりのお高い基本料金を毎月払わないといけないのです(世の中って、いつも思い通りには行かないのです)。



 ということで、次の携帯候補が決めきれないaliasなのでした。

(やっぱり携帯会社選びから見直すべきなのかな?)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/77721203

この記事へのトラックバック

SO905iCS&705
Excerpt: WILLCOMって通話料安いんだね、ってことで携帯売場に。 SONY好きとしては気になっていた「SO905iCS」。 実機見ましたが、かなり良さそうです。ワンセグを省略し、カメラ機能を特化した ..
Weblog: lifestyle.com
Tracked: 2008-02-02 10:18
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。