2007年11月26日

NANA2

 ということで、この映画の原作は矢沢あいさんの少女マンガになるのです。2005年に公開された前作は女性からの大きな支持を受け40.3億円もの興行成績を叩き出した作品だったのですが、aliasはその作品に何か物足りないものを感じていたので、2006年に公開された続編であるこの作品に期待していたのです。


 なのですが、映画撮影開始前に宮崎あおいさんの降板が発表されてしまったのです。そして、主役の一人が交代してしまったことを受け、沈みかけた船から抜け出そうとしたメインキャラクターな人々も次々と離脱・交代してしまったのです(参考:松田龍平さん→姜暢雄さん、松山ケンイチさん→本郷奏多さん)。

映画はこの2作目で完結なのですが、原作のエピソード自体も最初の疾走感が無くなり中だるみを感じさせる内容だったことや、“ハチ公”と呼ばれる小松奈々に‘ケ,蕪yヲ#迦9;なシーンが増えていることもあり(18禁な言葉は文字化けしてしまうシステムなのです)、この映画に出演するメリットが無くなってしまった宮崎あおいさんからバトンタッチして、濡れ場対策要員として市川由衣さんが代わりに起用されたのかな?と思っていたのです(彼女のファンに怒られるぞ!)。

通常、続編映画を製作すると悪くても対前作の7割〜8割の興行が見込めるのですが、この作品は前回の3割にも満たない10億円を切ってしまったため、ヒットした前作を想定して予算組みをしていた製作サイドとしては、大失敗の興行となってしまったのです。


 そんなこともあり、映画館に足を運ぶこともなく、レンタル店でもそのままスルーしていたのですが、たまたま付けたテレビで放映されていたので、この作品を観ることになってしまったaliasなのでした(おいおい)。



 東京へ向かう新幹線の中で出会った大崎ナナと小松奈々は、それがきっかけとなり同じ部屋で暮らし始め東京での生活を楽しんでいた。BLACK STONESのボーカルであるナナは地道に続けていたライブがきっかけとなりメジャーデビューの話が舞い込んでくる。一方、ナナの成功していく姿を見守っていたハチは、彼氏を追いかけ東京に来たはずなのに彼と別れてしまい、バイトもクビになり、将来の見えない不安な毎日を送っていた。

そんな二人はハチの優柔不断な行動がきっかけとなり、取り返しが付かなくなるほどのケンカをしてしまう。そして、二人が歩み始めた道は…。



 キャスト的にグレードダウンしてしまっていることが伝わるような映像だったのですが、役者さんたちはそれを補うほどの役作りをしているところが画面を通しても伝わってくる演技だったのです。(一部やる気のない人もいましたけどね…)。

そして、二人の生活を象徴するいちごのグラスが割れてしまったシーンは、原作の絵を再現するために、何回もリテイクを重ねるほど監督もこの映画にこだわっていたそうです。


 でも、市川由衣さんは一応W主役の肩書きなのですが、知名度の低い彼女は映画の中では準主役級として扱われてしまっているのです。そのため、彼女はナレーションなどこの物語を展開する上でキーポイントとなる重要なハチ役だったのに、出演者に合わせ急遽脚本を変更させてしまったような印象を受けてしまう内容だったのです。その結果、人物描写の焦点がずれてしまっていたり、物語の展開がリズムよく進まなかったりするので、全体的なバランスが悪くなってしまっているのです。

さらに完結作だというのに、物語を終結させる方向へと向かわせず原作をなぞっただけのような展開でストーリーを進め、ラストシーンで意味もなく中島美嘉さんに歌わせることにより、この作品を無理やりエピローグへと導こうとするのです。


 原作の印象的なシーンをリスペクトした数々の映像や、中島美嘉さんのゲリラ・ライブのシーンをヘリを飛ばし空から映し出したり、何台ものカメラを使い撮影していることなど、映像としてはすばらしいのですが、続編映画にありがちな、悪くなってしまう要素が集結させてしてしまった印象が残る映画なのでした。


 で、一番気になるのが、市川由衣さんが「前作にも出演していました」みたいな顔をして主役を演じたり、舞台挨拶をしていたり(主役が交代したんだからしょうがないだろ!)、18禁なシーンへと続くはずの展開なのに「アイドルだから、そんなカラミはできません」って、感じで簡単にスルーしちゃうし(アイドルなんだから仕方ないだろ!!)、いまいち楽しめなかったaliasなのでした(本気で彼女のファンに怒られるって!!!)



NANA 2 スタンダード・エディション
NANA 2 スタンダード・エディション



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。