2007年07月20日

サッカー・AFCアジアカップ2007・準々決勝「日本×オーストラリア」の前にすること。

 無事に決勝トーナメントに進出した日本代表ですが、いつもの「絶対に負けられない!」と何度も連呼する角澤照治アナウンサーのあいまい過ぎる実況と、勢いだけで的確ではない解説をする松木安太郎さん、サポーターの応援する声を不自然な拾い方の音声で放送するテレビ朝日に納得できなかったので、途中からBS-1で試合を見ていました。

そんな悲しい時代もありましたが、2001年からAFC(アジアサッカー連盟)の主催する全試合のTV放映権をテレビ朝日が取得しているのですが、2008年で放映権契約が切れるため、別の放送局に変わらないかな?と期待しているaliasなのでした(別に、実況担当者と解説者を変更してもらえれば、テレビ朝日でもいいんですけどね…)。


 ということで、いつものようにテレビ番組表をチェックしてみるのです。

 サッカー・アジアカップ2007「日本×オーストラリア」
2007年7月21日(土)  テレビ朝日系列 19:00〜、NHK-BS1 19:00〜

2006FIFAワールドカップ・ドイツ大会で、試合終了10分前で勝利が消え去ってしまった昨年の悪夢を思い出す対戦相手です。前回出場した日本選手たちもリベンジに燃えている事などのコメントを寄せているのですが、グループ・リーグ2位通過とはいえ、だんだんオーストラリアの選手も調子を上げているので強敵であることは間違いなさそうです。


 そのオーストラリア戦に勝利して日本が準決勝に進んだ場合

 サッカー・AFCアジアカップ2007「準決勝」
2007年7月25日(水)  テレビ朝日系列 21:54〜、NHK-BS1 22:10〜

テレビ朝日系列の番組表には“番組変更の場合あり”と書いてあったので、日本が負けた時点で地上波での中継自体が無くなるみたいです(さらにこの日は、TBS系列が19:45という不自然な時間帯からハリー・ポッターと秘密の部屋を放送して、視聴率を奪おうと画策しているみたいです)。


 もし、3位決定戦に出場になってしまう場合の番組表は確認できていないのですが、

 サッカー・AFCアジアカップ2007「3位決定戦」
2007年7月28日(土)  キックオフ(日本時間) 21:35


 順調に勝ち進んで、三連覇を目指す日本代表が決勝戦に進出する場合は、

 サッカー・AFCアジアカップ2007「決勝戦」
2007年7月29日(日)  キックオフ(日本時間) 21:35

となるのです。


 ということは、決勝に出場する場合、会期延長のため公示が遅れてしまった7月29日の参議院の開票速報の特番が行われる時間帯に放送されることになってしまうのです。

今回の参議院選挙は、安倍総理就任以来の大臣起用、年金記録不備問題、憲法改正、外交、消費税率など問題点が数多く取り上げられています(でも、各党のマニフェストや公約などに具体的な数字などがあまり掲げられていないことが気になるaliasです)。

そのため世間の注目度自体が上がり、久しぶりに投票率が上昇するのではないか?と言われる最中で、サッカー中継が行われる状態なのです。

で、延長戦突入やPK戦にならないと仮定しても、試合が終わった頃には与野党の大勢は決している可能性が高いため、地上波のテレビ朝日系列ではテロップ対応や画面分割した縮小画面で試合を見ることになりそうです。(BS-1は選挙速報を流すのかな?)。


 ということで、日本代表が決勝まで勝ち上がることになってしまったら、サッカーも好きですが参議院選挙の行方も気になってしまうので、両方の動向をチェックしたいのです。

なので、BS-1で選挙速報を同時放送しない場合は、あのテレビ朝日でのサッカー中継を見るしかないという苦渋の決断に迫られそうなaliasなのでした(泣)。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。