2007年05月27日

GOAL!2

 この映画は3部作構成のシリーズ作品だったのですが、急遽、4作目を作るという構想が練られているみたいです。

前作は、草サッカーをしていた少年がプロのピッチに立つまでを画き、今回の作品で、UEFAチャンピオンズリーグなどの話を絡め、最終作となる3作目で、2006FIFAワールドカップ・ドイツ大会中にロケをして、その模様を加工し映画にする予定だったのです。

このシリーズはアメリカとイギリスの合作の映画なのです。アメリカの主流スポーツといえば、アメリカンフットボール、バスケットボール、ベースボールが三大メジャーとなっているのですが、最近はアメリカでもサッカーに注目が集まり出しているのです。さらに2007年から、アメリカのメジャーリーグサッカーの“ロサンゼルス・ギャラクシー”にデビット・ベッカムさんが移籍をすることが決定したため、アメリカでのサッカー普及の一環として、4作目をアメリカリーグの物語として画く構想になると思われます。


 ということで、だんだんサッカーファンしか楽しめない、マニアックな映画になり始めているような気がしているaliasなのでした。


 物語は、ニューカッスルで活躍するサンティアゴのプレーに目を付けた監督が、マイケル・オーウェンと引き換えに彼をレアル・マドリードへ引き抜いた。イングランドのFAプレミアリーグからスペインのリーガ・エスパニョーラへ移籍することになってしまったが、銀河系軍団と呼ばれ、ジダン、ベッカム、ラウールなどの多くのタレントがいる世界最高峰のチームからの要請に、彼は喜んで彼女と一緒にスペインへと移住する。

移籍後、チームにも馴染み、初の出場試合でゴールを決めるほど順調に進んでいたが、家族を捨てたはずの母親が、このスペインの地に住んでいることを聞いてショックを受けてしまう。そのことに心を振り回されてしまった彼は精神的に不安定になり、試合中に一発レッドの退場や練習に遅刻するなどのミスを繰り返してしまうだけでなく、さらに彼の不注意で足を骨折してしまう。監督やチームメイトからの信用を失い、彼女もイギリスへと帰ってしまう。そして彼は…。


 前作では、ベッカムさん、ジダンさん、ラウールさんなどの選手たちが顔見世程度に出演していたのですが、映画宣伝のためのゲスト出演だと思っていたので、まさか2作目でスペインのレアル・マドリードに移籍するための伏線とは思いもしなかったのです(それにアメリカとイングランドの合作でしたからね!)。

aliasの予想としては、今回は移籍などによる金まつわる話になると思っていたのですが、FIFAやレアル・マドリードの全面協力の映画となっていたため、クラブ経営や移籍になどに関わる汚いお金の話などは画かれず、お金や名声におぼれてしまうクノ・ベッカーさん演じる主人公を貶める脚本となっていました。

前作は棚からぼたもちというか、漁夫の利というか、わらしべ長者のようなサクセス・ストーリだったのです(おいおい)。そして、今回は2005年7月の「レアル・マドリード ワールドツアー2005 in Japan」で日本に来日したところから始まるのですが、一年もプロのピッチに立っていない新人選手を世界最高峰と呼ばれるチームに移籍するという設定は少しやり過ぎな気もするのです。さらに、時系列的考えると、3作目はワールドカップ直前に代表チームに呼ばれるという設定になるはずなので、サクセスし過ぎな気もするシリーズなのです。


 で、今回は実在の選手たちがチームメイトとなるため、2005-06年シーズンにレアルに在籍していた選手たちとの練習や試合の風景が映し出されるのです。実際の試合に9台のカメラを用いて映画を撮影したといわれるだけあって、それなりに臨場感のあるシーンとなっているのです。

なのですが、プレイヤーとして試合を戦っている主人公にリアリティーがないのです。フィールドで戦う選手たちの息遣いが聞こえるような生々しさがないため、テレビや観客として試合を見ているのと変わらない視点で画かれているのです。

そのため、実在しているプレイヤーたちとの一体感がなさや距離感のようなものが画面から伝わってきてしまうため、サッカーとしての面白さが伝え切れていないような印象を受けてしまいました(監督の意図した結果だったのかもしれませんけどね…)。


 次回の三作目は実際のワールドカップの会場でロケを敢行した映画です。2006FIFAワールドカップ・ドイツ大会の全試合をテレビで見ていたので、それをどんな風に再現するか?楽しみなのです(中田英寿さんの出演もあるみたいです)。

そして、どの国でワールドカップに出場するのか?という疑問なのですが、前作の頃はイングランドに帰化すると思っていたのですが、今回スペインに移籍してしまったので、その可能性は消えてしまい、彼の生まれた地であるメキシコになりそうな気がしてきました。


 もしも、4作目の製作が進行するとしたら、アメリカで活躍するベッカムさんをリスペクトしただけの映画になりそうな気がしているaliasなのでした(ジーコさんがJリーグで戦っていたような、ある意味での物悲しさが漂うのです)。



GOAL!2 STEP2 ヨーロッパ・チャンピオンへの挑戦 スタンダード・エディション
GOAL!2 STEP2 ヨーロッパ・チャンピオンへの挑戦 スタンダード・エディション
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/43026613

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。