2006年11月30日

ソウ3(SAW3)

 この作品は“ソリッド・シチュエーション・スリラー”と定義されたジャンルの映画なのです。

意味不明な言葉なのでソリッド・シチュエーションで検索してみたところ、一定の空間で展開される特殊な状況を作り出し、その世界観の中で逃げ場のない主人公達が観客と共に、周りの状況を把握しながら進行する物語のことみたいです。

映画は限られた時間で一つの世界観を画くものであるため、この定義はほとんどの作品に当てはまってしまうような気がするのですが、特に密閉された空間や少ない登場人物、観客に謎解きをさせるジャンルのことを指すようです。例えば、雪に閉ざされた密室で次々と殺人が起こるミステリー小説などでよくある設定で、犯人の手がかりは本文にすべて書かれているみたいな感じの作品なのです。つまり、下手をすると土曜ワイド劇場のような作品になってしまう場合もあるのです(違うだろ!)。


 ということで、ソリッド・シチュエーションとされる代表作は、“CUBE”、“ブレア・ウィッチ・プロジェクト”、“メメント”、“フォーン・ブース”などになるそうです。

上記にあげた作品に共通しているのは、低予算でつくられた作品であることなのです。低予算なため大々的に海外ロケなどもできず、限定されたセットの中で短時間に撮影しなければいけない制約であるものの、観客達を驚かせるラストになっている新人監督の登竜門的な作品が多かったのです。


 で、映画の本題なのですが(いまごろかよ!)、

不倫をしていた女性外科医リンは何者かに拉致された。目覚めた彼女の前に現れたのは、末期がんで脳を侵され立つことすらできない殺人鬼ジグソーだった。彼は後ろ暗い過去のある人たちに生きる価値があるかどうか無理難題なルールを提示して殺人ゲームを仕掛けてきた男だったが、リンにもあるゲームが終わるまでの間、彼を延命できなければ爆死されるという条件を突きつけてきた。医療設備もほとんどないところで爆弾を抱えながら手術をはじめるリンだったが、ジグソーは別のゲームを見守りながら衰弱が激しくなってきていた。そして…。


 初回作のsawでがんに侵され余命わずかという設定だったジグソーさんがまだ生きていることにも驚きましたが(おいおい)、物語の冒頭でゲームに負けた人たちが拷問道具のようなもので殺されていくシーンが次々と画かれ、体が破壊されていくところをCGで余すところなくスプラッタなー映像にしていることに驚きました。

そして、この物語は前2作品を観ていないとほとんど分からない作品になっているのです。このシリーズに関しての不明瞭な部分や謎についてネットなどでもさまざまな推測がされていましたが、それに対して回答するという作品にもなっていたのです。


 最初の作品は物語の謎を隠すために猟奇的なシーンなどを画いていましたが、SAW2以降の作品は、この作品に触発され脚本を書いたダーレン・リン・バウズマンさんが映画を引き継いだため、結果としては残虐性が追求された作品となっていたのです。

そのため、日本公開される際、画面を暗くしてグロいシーンを見えにくくするなど、R指定の年齢を下げる対策などが行なわれたようです。


 13日の金曜日のジェイソンさんの純粋なホラー映画が10作品以上の続編が作られた結果、いつの間にかコメディーなホラー映画になって行ったように、この作品もミステリー的な要素があるソリッド・シチュエーション・スリラーな作品からホラーが強調される映画へと変貌してきました。今回は憎むべき相手への許しという深いテーマを画いているのですが、グロすぎる描写の事やシリーズ作品の悲しさで設定に無理ができ始めているところの方が気になってしまいました。


 この作品に関してはsaw4の製作も決定されているのですが、この状況をリセットするためにsaw・ビギニングな作品になりそうな気がしているaliasなのでした。



ソウ3 DTSエディション
ソウ3 DTSエディション

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ミッション:インポッシブル君(←??かよっ) の巻
Excerpt: 「ホッホッホ・・・ どうだね、コンピ君?」 「専務! どうしてここに!?」 「ホ...
Weblog: コンピ君
Tracked: 2006-11-30 09:23
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。