2006年11月09日

真救世主伝説 北斗の拳 ラオウ伝 殉愛の章

 北斗の拳といえば1983年に少年ジャンプで連載開始され、当時の若者達に熱狂的な支持された世紀末を舞台にしたバイオレンスな暗殺拳の漫画だったのですが、当時の熱狂ぶりを知らないaliasは199X年に再版された文庫版やTVの再放送などでこの作品を見たのです。

今回は救世主伝説としてOVAと映画の二つの媒体で5部作のシリーズ作品になる予定だそうです。原作者の武論尊さんと作画者の原哲夫さんがストーリーを新たに構築し、連載時に漫画の担当編集者として物語を作り上げてきた堀江信彦さんが脚本に参加しているこの物語には、漫画では画ききれなかったストーリーを画くのだそうです。そしてケンシロウ役に阿部寛さん、ラオウ役に宇梶剛士さん、新キャラクターのレイナ役に柴咲コウさんと有名な俳優人を声優として起用しているのです。


 で、副題にも書いてあるのですが今回は世紀末覇者である拳王ラオウさんに焦点を当てる作品なのですが、aliasが一番好きな漢だった聖帝サウザーさんのストーリーでもあるのです。

サウザーさんといえばラオウの拳王軍にも対抗できる軍隊や政治的支配力を持ちながら、南斗聖拳一〇八派中で最強とされる一子相伝である帝王の拳を使いこなすという魅力的なキャラなのです。彼は人への愛というものを完全に拒絶した男で、従順な子供しか奴隷にしなかったことやどんな窮地に陥っても「退かぬ!媚びぬ!!省みぬ!!!」の精神で戦うのですが、最後は師匠への深き愛を感じながら死んで行くというツンデレな人だったのです(おいおい)。



 ということで映画を観ていると、クリスタルキングさんが歌っていたTVアニメのオープニングだった曲が “愛をとりもどせ!! MOVIE ver.”としてリテイクされた挿入歌が流れるのです。でも、あの一番盛り上がるところでありながら、あまりに高音すぎるサビの部分の手前で、曲は不自然にフェードアウトしていくのです。なので、あとで検索してみるとクリスタルキングで高音を担当していた田中雅之(旧:田中昌之)さんが脱退したため、低音を担当していたムッシュ吉崎さんが歌っていたのです。サントラに収録されていたその曲を聴いてみると、やはりフェードアウトしてよかったと思うような曲になっていました(クリスタルキングさんのファンの方々に怒られるぞ!)。

そして、恐怖で世紀末の覇権を目指していたラオウさんのサイドストーリが画かれてはいたのですが、ラオウさんと共に行動する新キャラクターのレイナさんの出番があまりに多すぎるので、その余波を受けたラオウさんにはほとんど出番がなかったのです。

さらに、一番期待していたサウザーさんは魅力的な悪として画かれていたのですが、時間の制約のためか?大事な要素である愛のエピソードが省かれ、ツンデレの“ツン”の部分しか画かれないので、ただの絶対君主な男にしか見えないのです。

なので、サウザーさんの“デレ”の部分を削ってまで、新キャラクターを出す必要はなかったんじゃないのかな?という印象を受けてしまいました。


 映画では迫力のある格闘シーンなど多くもの名場面がよみがえっているのですが、原作の重要な要素がいくつも省かれているため、原作を読んでいないと理解できないシーンが数多くあるのです。でも、北斗の拳という原作を知らずにこの映画を見る人はほとんどいないはずなので、特に問題はなかったと思われます(おいおい)。

なのですが、昔好きだった曲をアーティストがあらためて歌ってくれているのに、曲のアレンジがアコースティックver.とかフルオーケストラver.などになっているのと同じような違和感がこの作品では残るのです。ファンとしては原曲のままで歌ってくれよ!と思うのですが、アーティスト側がその曲に飽きてしまった部分や今の方向性に沿わないのでアレンジを変えてしまうのと同様に、この映画の製作者側が提供する新たなるストーリーの展開が、多くのファンの待ち望んでいた映像とは違っていたような印象を受けてしまうのです。

ということで、CGなど現代のアニメ技術を駆使して迫力のある映像になっているものの、原作を知らない人には理解しにくい内容になっていて、古いファンもいまいち楽しめないという中途半端な脚本になってしまっていたのです。

 声優の起用方法なども問題視されていましたが、作画に統一性がないことなども気になったので、ちゃんと最後の5部作まで制作されるのかな?と心配な作品なのですが、次回以降に期待してみるaliasなのでした。



真救世主伝説 北斗の拳 ラオウ伝 殉愛の章 ディレクターズ版 通常版
真救世主伝説 北斗の拳 ラオウ伝 殉愛の章 ディレクターズ版 通常版




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/27113326

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。