2006年10月29日

2006年10月27日の金曜ロードショー

 ということで、映画公開から約4ヶ月という短いスパンでTV地上波放送された“金曜ロードショー20周年特別企画「DEATH NOTEデスノート 前編」”を観てみたaliasなのです。

この週刊少年ジャンプで連載されていた原作漫画を観たときは、人が殺すことができるノートという単純な設定なのに、天才同士が表向きはポーカーフェイスを気取りながら水面下では論理思考の戦い繰り広げる心理描写のうまさにも驚かされましたが、少年誌なのに絵より文字の方が多いんじゃないか?と思わせるほど複雑なストーリーで、一週間に一度のペースの長いスパンで画かれる物語のため細かいキーワードなども記憶していないと子供達も理解できないはずなのに、人気投票でいつも上位だったことに驚かされました(ジャンプは大人向けの雑誌になってるのかな?)。


 物語は、検事局長を父に持つ夜神月(やがみ・らいと)は大学を首席で入学し法律の勉強をしていた。たが、現状の刑法では追求できない悪があることを知り、法律の限界を感じていた。そんな思いを抱えていた彼が街角で拾った黒いノートには人に死を与える能力があることを知る。彼は世の中で裁かれない悪をこのデスノートで粛清し犯罪のない理想の世界に変えようとしはじめた。突然に始まった犯罪者たちの死という現象に対して、いつしか彼は正体不明の救世主キラという存在として世間に認められていった。しかし彼に対抗するL (エル)という存在が立ちはだかる。インターポールから警視庁に送り込まれたLは、今まで起こった現象とたった一度の行動でデスノートの存在と能力を見極める。闇に隠れた存在のまま理想の世界を築き上げようとする夜神月と、大量殺戮を止めるべく捜査をするLとの二人の戦いが始まる。そして…。


 この映画が公開された当時は公開2日目で興行収入4億円、約30万人の観客動員されたほど人気があったそうです。その映像には映画関係者も自信があったためか、公開一週間後に冒頭の12分ほどの内容をそのままテレビ公開するという異例な宣伝展開がされました。

その冒頭で画かれるシーンにはデスノートの世界観が詰め込まれ物語の導入部としては最高の出来だったのですが、その後は音を立てるように物語の世界観は崩れていくのです。


 予算の関係上の為か?死んでゆく犯罪者達があまりに二流過ぎる演技しかできない人達だったので、人が死ぬということの重みが伝わってこないのです。

そして、少年誌としては犯罪者の名前が実際にいる人と同じでは子供のいじめにつながると考えた配慮のためか、登場人物たちがあまりに不自然すぎる名前だったことが、漫画の中では気にならなかったのですが、映像だとかなりの違和感が残り物語からリアリティーを奪ってゆくのです。

さらに、漫画で画かれていた繊細でいて大胆な頭脳戦が繰り広げられる心理描写をまったく画かず、原作のストーリーを追っただけのような脚本になっているため、原作で画かれていた主人公達の緻密に計算された言動が映像としては場当たり的に対処しているようにしか見えないです。そのため、この脚本では漫画の面白さやキャラの魅力を伝えきれず、映画としても魅力が欠けただ無理やりな展開をする物語に見えてしまうのです。


 ということで、この映画は金曜ロードショーとして21:00から放送されていたのですが、この作品を知らない人がテレビを見ていたら、なんで土曜ワイド劇場が金曜日に放送されているんだ?と思ってしまうような2時間サスペンスドラマな作品になってしまっていたのです(おいおい)。

なのですが、この不自然な展開は完結編となる“DEATH NOTE デスノート the Last name”の伏線として、巧妙な仕掛けなのかもしれませんね(たぶん違うんじゃ…)。

とりあえず、後編に期待してみるaliasなのでした。



DEATH NOTE デスノート
DEATH NOTE デスノート

-------------------------------追記----------------------------------------------


ということで、後編のDEATH NOTE デスノート the Last nameを観てみたaliasなのでした。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/26385362

この記事へのトラックバック

映画「DEATH NOTE the Last name」に向けて
Excerpt: 映画デスノート、見ましたぁ・・・金曜ロードショーで^^; 原作読んだヒトと読んでないヒトで、かなり評価わかれる感じ 原作読んでたら、ものたりないでしょー 映画2本で表現するには、壮大かつ綿密..
Weblog: 3SIDES トゥ MUSIC
Tracked: 2006-10-29 10:42

デスノート 後編 のあらすじ・ストーリーって・・
Excerpt: デスノート 後編 のあらすじ・ストーリー情報満載です!
Weblog: http://tvdrama.livedoor.biz/index20.rdf
Tracked: 2006-10-29 17:53
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。