2006年07月08日

女性のための携帯

 先日、ニュースを見ていると、NTTドコモがセレクトショップオーナー兼デザイナーの幾田桃子さんとのコラボレーションモデルである三菱電機製のD702ifというモデルを発売するそうです。

内容は、女性の手の形に似合う角を丸くしたラウンドフォルムや、防犯ブザーの代わりにボタン一つで着信音を鳴らすことができ、人と話しているように見せかけ周囲の注意を引くことができるほっとメロディ機能、そして体調管理をするバイオリズムメモなど女性のための携帯に仕上げたそうです。

昔と比べると携帯電話はだんだん軽くなってきましたが、最近はテレビ電話やテレビの見れるワンセグ機能などでまた大きく重くなり、電池の消費も早くなったりしてきたので、そんな余分な機能が必要ない人には迷惑以外の何物でもないのです(言い過ぎだって!)。

なので、この女性向け携帯がヒットしたら、お年寄り向けの通話専用の携帯電話が発売されたように、何かに特化した携帯が数多く発売されるようになるかもしれませんね。


 で、aliasが気になったのはこの“ほっとメロディ”機能なのです。

夜道で不振人物の影を感じたときに、ボタンを押すことによりあらかじめ設定していた着信音などを鳴らすことができ、誰かと通話しているように見せかけ、周囲の注意を自然にひきつけることができると説明してあったのです。

あんまり有効性のなさそうな機能だな〜と思っていたのですが、“気まずい雰囲気になったとき電話が鳴ったフリをして席をはずすために使える”と、別のニュースのページで書いてあったので、思わず納得していたのですが、

aliasがそんな気まずい雰囲気になったとき、今まではアラーム機能を使い電話が鳴ったフリをして席をはずしていたのです(おいおい)。

なので、このほっとメロディ機能が一般化してしまったら、この技もこれからは使えなくなってしまうよな〜と、少しさみしくなったaliasなのでした(また、新しい方法を考えなくちゃ!)。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。