2006年06月27日

テレビで放送されている映画

 先日、2006年6月12日〜6月18日の視聴率表を見ていると、報道やドラマなど種別ごとにベスト10で表示されていました。スポーツの欄ではワールドカップ期間中だったので、“サッカー・2006FIFAワールドカップ・日本×クロアチア”の平均視聴率(関東地区)が52.7%だったり、日本×オーストラリア戦は49.0%と、とんでもない数字になっていました。

で、映画だけのトップ10の視聴率を見てみると

9.7% TBS   月曜ゴールデン・突入せよ!あさま山荘事件
8.3% テレビ東京 映画・80デイズ
7.1% テレビ東京 木曜洋画劇場・インソムニア
3.2% テレビ東京 午後のロードショー・オーシャン特集・オクトパス・ポセイドン・アドベンチャー
2.7% フジテレビ ミッドナイトアートシアター・ストレン
2.0% テレビ朝日 シネマエクスプレス・ココニイルコト
2.0% テレビ東京 サタデーナイトスペシャル・バリ・シネ・ベッカムに恋して
1.9% 日本テレビ 映画天国・ビッグ・バッド・ママ
1.8% 日本テレビ 月曜映画・女はみんな生きている

だそうです(軒並み低視聴率なのです)。


 さらに、ベスト10なのに9作品しかない…。

午後のロードショーとかミッドナイトとか不自然なタイトルがついているな!と思ったら、この週に放送されていた映画自体が9本しかなかったようなのです。


 で、今回はたまたまワールドカップの週だから映画の放送が少ないのかな?と思いながら過去の視聴率を見てみると、この週だけが特別だったのではなく、普段から週に7〜8本ぐらいしか放送されていないみたいです。

最近ではレンタルだけでなくペイパービューチャンネルなどでも比較的安く映画を見ることができるので、視聴率も上がらないので映画をテレビで放送する意味がなくなってきたのかな?

なので、視聴率表の映画だけはベスト10ではなくベスト5ぐらいにしたら…?
と思ったaliasなのでした。




タグ:視聴率 映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。