2006年06月23日

演出だったのかな?

 本日は朝から2006FIFAワールドカップ「日本」対「ブラジル」を見ていたのですが、世界トップクラスとの実力差を感じさせられました。

自力での予選突破の不可能だったため、前半戦であれほど何度もテロップで出ていたオーストラリアとクロアチアの途中経過も、後半で逆転されてからはほとんど表示されなくなったし、終了直前にまだ逆転できると言うアナウンサーの実況もむなしく響くし、中村俊輔選手の試合後のインタビューなんか痛々しくて見ていられませんでした(NHK総合によるW杯中継されたときの日本代表不勝神話はまだまだ続くのです)。


 で、気になったのが、中田英寿選手が一人泣き崩れて倒れていたシーンなのです。

あの10分間は日本代表が決勝トーナメントに出られなかったことを悔しがる彼の心と、応援していた人たちの落胆する心を投影したようなシーンだったのです。そしてNHKで放送の終わる5:59で彼が立ち上がり、そしてピッチを去っていく彼の背中が映し出されながら中継が終わったのですが、まるで映画やアニメのようにドラマチックな終焉でした。

でも、本当に彼はあんなに長い間倒れていたのかな?

本当は短い時間で立ち上がった彼を、NHKが編集して劇的に見せようとした演出だったのではないか?と疑っているaliasなのでした。




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。