2006年05月31日

早朝に起きてテレビを見てた。

 今朝はサッカー・W杯強化試合「日本×ドイツ」を見ていたのですが、朝早くから見ていた価値がありました。パス回しとか去年のコンフェデとかを思い出すような展開だったし、後半に日本が2点をリードしたところでドイツが親善試合とは思えないほどガチな試合を仕掛けてきたので(ぜんぜん親善じゃなかったのです)、本気モードの世界レベルの試合を見れました。この試合を見ていると、日本は意外と今回のW杯で活躍できそうな気もしてきたのですが、松井さんがいたらなぁ〜とも思うaliasなのです(また、その話を蒸し返すのか?)


 で、今回一番気になったのがこの試合の放送時間なのです。
今回のドイツでの試合は日本時間の3:30から行われていたのですが、放送は4:25からの録画放送となっていたのです。なので、一時間遅れの放送なのかな?と思っていたのですが、会場の様子やスターティングメンバー紹介、ニュース、CMなどがさんざん放送され、結局試合が始まるころには5時前になっていたのです。それに朝からハイテンションな川平慈英さんが「ドイツが何だ!」と、ヤンキー口調で話しているのを放送の最初から最後まで聞かされるのには疲れてしまいました。

朝早くから起きて見ているのに何でこんな放送の仕方をしたんだろう。もしかしたら、サッカー中継の視聴率をそのまま朝のワイドショーに取り込むためにこんな番組編成にしたのかな?

そんな放送をするテレビ朝日さんにちょっとむかついたので、慈英さんを見習って「テレビ朝日が何だ!」と思ってしまった、低血圧なので朝は不機嫌なaliasなのでした。




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。