2006年05月21日

エリザベスタウン

 オーランド・ブルームさんってかっこいいんだけど、“ロード・オブ・ザ・リング”の耳のとがったエルフの格好をした白塗り姿が一番かっこいいと思うのはaliasだけでしょうか?(素顔だと何かが足りないような気がするのです)


 物語は、ドリュー・ベイラー(オーランド・ブルーム)がヘリで本社へと呼び戻された理由は、会社に対して10億ドルの損害を与えた事。彼の新作の靴が市場から拒否されてしまい、返品の山となっていた。8年のあいだ一緒に働いた同僚や社内にいた彼女にも冷たい視線を投げつけられ、最後は社長にまで見捨てられ首になってしまう。生きていく気力を無くした彼は自殺をしようとするが、そこに父が死んだという知らせの電話が入ってくる。親戚達のいる故郷のエリザベスタウンに戻っていた父の下へと駆けつけられない家族の代わりに、父を引き取るため遠く離れたエリザベスタウンへと向かう。人生に絶望を感じていたドリューだったが、旅の途中で飛行機の中にいたフライトアテンダーのクレア・コルバーン(キルスティン・ダンスト)との出会いや、親戚の人々のやさしさや今まで知らなかった父の一面の話に触れ、自分を見つめなおす。そして…。


 10億ドルの負債って…、

一人に責任を負わせるプロジェクトじゃないだろ!

という印象から始まった映画だったのですが(おいおい)、この大きなる悩みをどうやって克服するのか?など、あらためて人の生き様を考えさせるような作品でした。


 この物語はキャメロン・クロウ監督が、父の死をきっかけに感じた悲しみ以外に、あらためて知った家族愛や自分のルーツなどに感動したことを観客に伝えたいと思い作られた映画だそうです。

そのためか、悩みを抱えた主人公がNHKで放送していた“真剣10代しゃべり場”のように、観ている方が恥ずかしくなるようなセリフや内面をさらけ出すところが痛々しいのです。そして、メッセージ性の強いセリフやコミカルに画かれるシーン、人のやさしさに触れる感動などをうまく一つにまとめることが出来ず、メッセージ性の強い曲で無理やりつないだような作品となってしまっていたのです。

そして、自分探し旅のように画かれる物語にはそれなりの決着がつくのですが、監督の心の中では、まだ父親の死が消化しきれていないような未完成な印象を受けました(監督の映画への思い入れが強すぎたのかな〜?)。



エリザベスタウン
エリザベスタウン

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。