2006年05月18日

イン・ハー・シューズ

 この映画にはキャメロン・ディアスさんの水着シーンがやたらとあるのですが、175cmもあるモデル体型は相変わらず美しいのです。でも全盛期と比べると顔に出るしわなどで、さすがに少し老けてきたよな〜と思ったのですが、あとから彼女の経歴を見てみると1972年8月30生まれだそうです。あの年齢であの美貌を維持していることに驚いてしまいました。


 物語は、外見には自信があるが内面にコンプレックスを持ち、定職も持てずその日暮らしような生活を続ける妹のマギー(キャメロン・ディアス)と、外見にコンプレックスがあるが弁護士の肩書きを持ち安定した生活をしている姉のローズ(トニ・コレット)。アリとキリギリスのように対照的な生き方をする二人に共通することは“8 1/2”の靴のサイズだけ。いつまでもだらしない生き方続ける妹に振り回されていた姉と、30歳手前になって今の生活に焦りを感じていた妹は、ある日に取り返しのつかなくなるようなケンカをしてしまう。そのショックで姉は仕事をやめてしまい、家を飛び出した妹は亡くなったと親から聞かされていたおばあちゃんが生きていたことを知り、そこで居候を始める。二人の新しい生活には、自分の欠点を受け入れてくれる人達がいた。そして二人は…。


 たぶん、同年代の女性には姉か妹に自分を重ねてみてしまう身近に感じる設定なのです。
そして第二の人生で二人の前に現れる人達によって自分が変わっていくところや、他人に必要とされる喜びで自分の生き方に自信を持ってくるシーンなどを観ていると、彼女達の努力している姿を応援したくなるし、少し元気に分けてもらえるような映画です。

この映画は、ガラスの靴を拾った王子様がシンデレラを探してくれるお話ではなく、お姫様が自分に似合う靴を探しに行くポジティブな物語なのでした。



イン・ハー・シューズ
イン・ハー・シューズ

この記事へのコメント
はじめまして。返信トラバありがとうございました。

この映画は、キャメロン・ディアスのよさがよく表れていましたよね。

それでは、今後ともよろしくお願いします。
Posted by David Gilmour at 2006年06月13日 00:15
はじめまして、David Gilmourさん。
コメントありがとうございます

この映画多少の強引さもありましたが、けっこう楽しめたのです。

そしてこのイン・ハー・シューズというタイトルは、
この映画のことをうまく表していると思うのですが、
日本人にはアピール不足な題名ですよね。

もう少し気の利いたタイトルだったら、
もっとヒットしてたような気がするので、ちょっと残念なのです。
Posted by alias at 2006年06月13日 21:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

イン・ハー・シューズ
Excerpt: イン・ハー・シューズ
Weblog: AML Amazon Link
Tracked: 2006-05-27 04:19

「イン・ハー・シューズ」
Excerpt: キャメロン・ディアス主演のヒューマン・ドラマ「イン・ハー・シューズ」(2005年、米、カーティス・ハンソン監督、20世紀フォックス配給)。ディアス主演の作品といえば、あの愛すべきおバカ映画「メリーに首..
Weblog: シネマ・ワンダーランド
Tracked: 2006-06-11 23:10

『イン・ハー・シューズ』
Excerpt: ■監督 カーティス・ハンソン ■脚本 スザンナ・グラント ■原作 ジェニファー・ウェイナー ■キャスト キャメロン・ディアス、トニ・コレット、シャーリー・マクレーン、マーク・フォイアスタイン、..
Weblog: 京の昼寝〜♪
Tracked: 2006-06-14 23:33

イン・ハー・シューズ/キャメロン・ディアス
Excerpt: 簡単に失われるような人間関係なら、最初からなかったと諦めた方がいい。人と人の本当の信頼は、一つや二つの事件では揺るがない。そのことを強く感じた映画でした。 女性弁護士ローズ(トニ・コレット)には..
Weblog: 文学な?ブログ
Tracked: 2006-06-18 00:46
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。