2006年04月21日

隕石が近づいてるみたいです。

 最近、見かけたニュース記事が、

フランス軍元航空管制官エリック・ジュリアンさんによると、シュワスマン・ワハマン第3周期彗星の軌道計算をした結果、2006年5月25日に彗星が地球に衝突する可能性がある。

だそうです。


 で、別の記事では、

直径400キロ隕石が7万キロ/hの速度で地球にぶつかり、衝突地点の温度は4千度〜6千度になり、海はたちまち蒸発してしまうだろう。

とか、

彗星は地球に 0.07天文単位(太陽までの距離の1/13の距離) まで地球に近づくため、肉眼でも観測できる可能性もある。

と、悲観論から楽観視まで扱い方も様々なようです。

25日は給料日の人が多いので、お金を使い切ってから死にたいと思う人が銀行に殺到するかもしれませんね(おいおい)。


 昔、ノストラダムスさんが1999年7の月に地球が滅亡するって言ってたそうですが、本当は1999+7=2006のことを指していたので、意外と2006年に地球滅亡したりして…(たぶん違う…)。




この記事へのコメント
Posted by gotou at 2006年04月28日 23:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


Excerpt: 天文単位天文単位(てんもんたんい、Astronomical unit
Weblog: 天文・宇宙を知る
Tracked: 2007-07-27 09:15
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。