2006年03月31日

舞い落ちるもの

 昨日は思ったより早く家路につくことが出来たので、少し寄り道をして近所の桜の開花状況を見に行ってきました。席取りをして宴会をするような花見は好きではないのですが、次の休みの日に愛するスイートさんと桜並木を一緒に歩いてみようかと思っていたのです。

でもニュースによるとaliasが住んでいる地方もそろそろ開花しているとの情報なのですが、数日前からまた寒気が戻ってしまい、春の装いから冬服に戻ってしまいましたからね。見に行く前に、はかない桜が散ってしまわないか心配になったのです。


 バイクで向かっていると、何だか真冬に戻ったような感じがするぐらい体の芯から冷えていき、さらに雨も降り出しそうな雲行きだったのです。現場に着いてみると、樹には花びらが付いてないし白く小さなものがはらはら舞い落ちていたので、花の見頃を逃してしまったのか?と思っていたのですが、それは手でつかむと消えてしまう雪なのでした。

夕方から雨が降る天気予報だったのですが、まさかこの時期に雪に変わるとは…。


 街の方では桜の開花が始まっていたのですが、aliasの住んでいる辺りはまだ蕾のままだったので、桜が散ってしまうことは心配しなくて良さそうです。

なので、来週くらいに、見に行こっと!


タグ:さくら 花見
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。