2010年01月19日

【1/144】スケール【1/100】

 aliasが子供の頃に作ったことがあるのは、1/144の300円のガンプラ。

当時、1/100とか1/60でしか発売されていなかった値段の高い“ドム”は高嶺の花で、バイトをするような歳になってから作った記憶があるのです。

全長18mのガンダムが12.5cmになる1/144スケールというのは、当時のモデラーにとって馴染み深いサイズなのですが、ガンダム以外では1/144のプラモデルって意外と少なくて、 戦闘機とか空母などのスケールモデルでしか見かけなかったような気がするのです。



gurren-lagann.jpg



 で、上の写真は先日買った全長13cmほどの大きさのフィギュアなのですが、これがアニメ史上最大級と言われている“天元突破グレンラガン”なのです。


2010年1月27日より劇場版の後編がDVD発売されるのですが、この作品は燃えジャンプ系アニメで、合体するごとに大きくなり、後半にはロボットがインフレのように巨大になっていくのです。(設定集の数字に矛盾があるので、少し違うのかも…)。



ラガン 

全長:1m
(顔に手足がついただけの人間より小さいロボットなのです)


天元突破グレンラガン オレたち小グレン団 フィギュアストラップ  ラガン&シモン




グレンラガン 

全長:5m
グレンと、顔だけのラガンが合体してグレンラガンになるのです)


リボルテックヤマグチ No.50 グレンラガン




アークグレンラガン 

全長:5km
(あんなに大きかった超時空要塞マクロスでも1.2kmなんですが…)


リボルテック No.070 天元突破グレンラガン アークグレンラガン




超銀河グレンラガン 

全長:5,000km
(月が地球を見張る宇宙船という設定で、合体して月と同じ大きさのロボットに変形するのです)


リボルテックヤマグチ No.071 超銀河グレンラガン




 ●天元突破グレンラガン 

全長:50,000,000,000,000,000,000,000km
(グレンラガンの10の25乗の大きさで、53億光年ぐらいの大きさになるのですが、
銀河系をつかんだ敵と戦うなど、とんでもない戦闘をするのです)


リボルテックヤマグチ No.062 天元突破グレンラガン





 と言うことで、このフィギュアをスケール計算すると

1/2,600,000,000,000,000,000,000,000,000




劇場版 天元突破グレンラガン 螺巌篇 【通常版】 [DVD]

劇場版 天元突破グレンラガン 螺巌篇 【通常版】 [DVD]

  • 出版社/メーカー: アニプレックス
  • メディア: DVD



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/138804057

この記事へのトラックバック

Cymbalta.
Excerpt: Cymbalta.
Weblog: Cymbalta.
Tracked: 2011-01-21 14:53

Viagra.
Excerpt: Viagra.
Weblog: Viagra.
Tracked: 2011-02-01 13:50

Oxycodone.
Excerpt: Oxycodone.
Weblog: Oxycodone.
Tracked: 2011-02-01 19:45
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。