2010年01月03日

次回の岡田斗司夫のひとり夜話 第5回

 そろそろ岡田斗司夫のひとり夜話 第5回の内容が気になるところです。



●東京
日時   2010年1月16日(土) 昼夜2回公演
@ 13:00開場 13:30開演
A 18:00開場 19:00開演

場所   ロフトプラスワン 03-3205-6864
  〔〒160-0021東京都新宿区歌舞伎町1-14-7林ビルB2〕
料金   チャージ¥2000(+飲食代)
発売日  ローソンチケット 12月20日(日)
【Lコード:33531】

●大阪
日時   2009年12月20日(日)
@マチネー企画 17:00開場 17:30開演18:30まで(1時間企画)
A本公演 18:30開場 19:00開演

場所   studio ZAZA boxV 06-6212-3005 ※今回はboxVです
  〔〒542-0071大阪市中央区道頓堀1-7-21 中座くいだおれビル4F〕
料金 @マチネー公演 当日券のみ 1000円(お茶・お菓子付)   
   A前売2000円 当日2500円 自由席 チケットぴあ
発売日  チケットぴあ 12月20日(日)
Pコード 616-623

内容
テーマ「未来」
2020年はこうなる〜岡田斗司夫の未来予測
アニメとマンガの明日はどっちだ!「縦マンガと横マンガ」ガンダム、エヴァ、ヤマトの未来
1月中にこれを読め!オススメ本紹介




 今回、東京は昼・夜の2階講演、大阪はマネチー公演としてお茶菓子付きの1時間企画があるそうです。東京はどうなってるのか?不明ですが、大阪公演はまだチケットが余っているみたいです。さらに今回、東京BIGサイトのコミケに参加することが難しい大阪人としては、ひとり夜話の同人誌が50冊用意されているところが重要なポイント。

やっぱり、観保布で買いたいところですが(観賞用・保存用・布教用のことです)、50冊だったら遠慮しちゃうな〜。出来れば少し多めに用意してくれるとうれしいのですが…。


 岡田さんの2020年への未来予測も楽しみなところですが(alias的には社会ネットと電脳ネットの統合的な予測の話を聞きたいのです。)、ヤマト、ガンダム、エヴァとそれぞれの世代で税金を払わされているアニメを取り上げているところが気になるところ。マンガの話はページをめくりながら2ページ単位で読む雑誌形式のマンガと、WEBで書かれているマンガが下方向にスクロールしていることへの文法の違いの話とかになるのかな?


 エヴァはヱヴァンゲリヲン序・破ともに滞りなく支払いはしているのですが、ヤマトとガンダムに関してはほとんどテレビだったり、レンタルやDVDでしか税金を払っていないのです。でも、どんな話になるか楽しみなaliasなのでした。



(でも、1974年に宇宙戦艦ヤマト、1979年に機動戦士ガンダム、1995年に新世紀エヴァンゲリオンで世代的にはけっこう分裂してるよな〜。この系列だと間に1978年の銀河鉄道999、1982年の超時空要塞マクロス、1989年の機動警察パトレイバー、1990年のふしぎの海のナディア、宮崎駿さんのアニメ映画とかが順当に入ってくるんだろうけど。それに21世紀になってから税金を払いたくなるようなアニメって思い付かないな〜。攻殻機動隊とか創聖のアクエリオン、交響詩篇エウレカセブン、alias的には天元突破グレンラガンなんだけど、世代的に支払いするには社会現象のようなものとか何かが足りない。)

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/137297336

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。