2006年02月24日

ファッションチェック

 女子フィギュアスケートで、荒川静香選手が日本人初の金メダルの快挙だそうですが、
先日、トリノオリンピックのフィギュア選手たちのセンスが悪い!という、記事を見かけました。

イタリア・ミラノファッションウィークという雑誌によると、

ラテンをテーマにした日には、斜めに裁断された黒いドレスの下に銀のスパンコールのビキニ、蛍光ピンクの片腕ドレスの女性選手と、光るシャツに黒いパンツの男性選手のペアなど、ファッションとしては見るに堪えない。

だそうです。

荒川静香さん、村主章枝さん、安藤美姫さんの3人の日本人選手たちを見てみると、赤、青、黒の三色を日本人同士でかぶらないようにするため、事前に打ち合わせをしていたのでしょうね。
毎回違う衣装を着ているのに、3人が違う色になる様に配慮されていました。


 で、先日テレビを見ていると、ピーコさんが日本人選手のファッションチェックまでしてました。

ピーコさんいわく、

「フィギュアでは赤は定番の色だけど、今回は競技場の背景が赤で彩られているで目立つ青や黒の服に選んだのでしょうけど、淡いブルーやブラックは黒髪の日本人には似合わないし地味に見えるのよね〜。今年は蛍光オレンジなどが流行色だし、同じ赤でも背景とは違うレッドを使えば、もっとセンスよく見えるんだけどね〜」

だそうです。

ピーコさんの毒舌は素人だけでなく、オリンピック選手に対しても容赦しないようでした
(女性だから?)。




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。