2009年12月09日

「竹内義和・大川総裁の あのひとに訊け!」 〜第1回 おしえてホリエモンの巻〜 イベントリポート その01

 2009年12月5日(土) 開場13:30 開演14:30 出演 竹内義和・大川豊(大川興業総裁)・堀江貴文(ホリエモン)のイベントを見て来ました。場所は、あの橋本府知事が移転・縮小を検討しているワッハ上方のワッハホールです。

今回は竹内さんと大川総裁が、ホリエモンさんの話を聞こうという文字通りの企画なのですが、竹内さんは例の事件で自粛中、ホリエモンさんも例の事件で上告中なので、危険なネタが世間にバレてしまうと問題があるので、録音やメモは禁止
(aliasもヤバそうなところは削ります)。

なので、メモも取らずに思い出しながらブログを書いているので、イベント内容の順番が変わっていたり、忘れている可能性があります(意図的に省いているものもあります)。



●オープニング

 ハワイでウェディングドレス姿ではしゃいでいた男性芸能人を見かけたという話のあと、ホリエモン登場。彼は講演依頼などをよく頼まれるが、会場でのイベントにゲストとして招待されたのは初めてだったとの事。

相変わらず大川総裁はテレビでは出来ないようなネタだが、今回はSOMの実機を持ち込んでの説明(あえてリンクしていませんので検索しないでください)。

ホリエモンはマシンが動画に合わせて動いたり、自由にエディットできることに興味を持ち、自由な両手を使ってチャット利用ができる仕様にしたら、コミニケーションツールとして面白くなるんじゃないか?との事。


●薬物疑惑について

 六本木ヒルズの女社長の紹介で、押尾学と会いアドレス交換などしたことはあるが、その一度きりで後は会ったことがない。印象的には年上に対してやたら腰が低いこと。

ホリエモンがそんなドラック部屋などに一度も誘われたことが無いという発言に対して、
竹内さん曰く、ホリエモンは検察ににらまれているから、かかわると売人も一緒にマークされてしまい彼を逮捕するエサにされてしまう可能性があるから。


●球団買収

 最初はダイエーホークスを買収する話があったが、ダイエーが“球団”、“ホテル”、“ドーム球場”をまとめて経営していたので、誰と交渉すればいいのか?分からない間に、ソフトバンクに先を越されてしまった。

次に近鉄身売りの話が入ってくる。そして、ライブドアが一躍有名になったあの出来事へと続くが、島田亨さんの話は危険なのでネタばらしは却下。


●ニッポン放送買収

 ニッポン放送は経済団体により作られたもので、文化放送は宗教団体が作ったもの。
その2つがフジテレビを作り上げたから、フジテレビは産経新聞と提携し、“ポンキッキ”や“ママとあそぼう!ピンポンパン”などの教育番組もあった。

それらの歴史を踏まえ、あの株買収の裏話になるのですが、これも却下。


●留置所暮らし

 刑務所暮らしの本には、誰が書いても一定の購買層があるみたい。
彼は留置所で3ヶ月ほど過ごしたが、その中で得た有名人受刑者や元・部下の情報なども危険なので却下。



【感想】

 ドラえもんのような体系だからホリエモンというあだ名が付いたって、

それなら“ホリえもん”だろ!

と、未だに納得いかないaliasなのでした。


 最近、こんな記事が載っていたから大川総裁もSOMを持ってきたのかな〜
大画面に映し出される動画も含めて、衝撃的なオープニングでした。


今回は竹内さんを慕って、途中打ち切り状態になってしまった“誠のサイキック青年団”の濃いサイキッカーがたくさん集まっていたようです。北野誠さんがいなくてさみしいものの、久しぶりの暴露トークを楽しんでいた人がかなり多かったみたいです
(そんなイベント帰りの人達のつぶやきが、たくさん聞こえてきたのです)。

そんな期待に答えるかの様にホリエモンさんが当時を振り返りながら話してくれるのですが、ワイドショーやニュース、討論番組がいかに的外れなことを言っていたのかが分かります(口がうまいから騙されている可能性もありますけどね…)。

ちなみに、渡邉恒雄前オーナーとは一度も会えなかったそうです。



 そして、ホリエモンについての話へと続くのです。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/135086967

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。