2009年12月04日

Google日本語入力を使ってみる。

 2009年12月3日にGoogle日本語入力がフリーで配布されました。

このIMEは、草g剛のナギという字が一発変換されたり、
にわに”と入力すると“庭には二羽ニワトリがいる”とか、
ひとがご”と入力すると“人がゴミのようだ”などと予測変換されます。

人名や映画、アニメの題名、軍事用語などが一発変換されたり、予測変換候補が面白いことで話題になっていたのでaliasも使ってみました。



 前にGoogle検索で「夫」の後にスペースを入れると…というスレがありましたが、
同様に、Googleがウェブ上の多量のデータからMapReduceを使用し、辞書や統計的言語モデルを構築しているのです(MSの涙ぐましい集積方法とは対極的になってます)。

オフライン動作するので、プライバシーの心配はないようです。
つまり、日々更新される単語には対応出来ないのですが、今回はベータ版なので仕方ないところ。次のリリースでその辺の解消はされるのかもしれません(っていうか、更新されないと全く意味のない物になってしまうのです)。

実際使ってみたところ携帯のように予測変換されるのは面白いのですが、再変換機能がないところや動きが遅いところは少し使いにくいかも?
でも、この語彙力は魅力的なのです。



 パソコンの普及で文字を書く機会がなくなり漢字がだんだん書けなくなってきたように、文章まで依存することや、誤用されている単語やことわざまで変換されることなど、問題は様々ありそう(携帯と違って自分の文章を予測されるわけではないので…)。

さらに、インターネットの普及で、宿題を自分で考えずに検索して調べたり、自分の考えをネットで照らし合わせることなど、人の意見が単一方向に進む危険性などがいわれていますが、これも拍車を掛ける要因になりそうな気が…。

もちろんGoogleは広告収入に支えられた企業なので、変換予測で広告をするんだろうな〜(OSも作ったりしてるし、どんどんMSが必要のない企業になってきてますね)。



 ということで、「Wordとも相性悪いし、もう少し様子を見てから…」と思っていたのですが、使い分けをすれば問題なさそう。

変換予測を見てるのは面白いので、このブログを書くぐらいだったら使ってもいいかな〜って感じです。なので、しばらく使ってみようかと思っているaliasなのでした。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/134724519

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。