2006年02月19日

クラッシュ

 2005年に行われた第77回アカデミー賞で、4部門を制覇した“ミリオンダラー・ベイビー”の脚本家ポール・ハギスさんが、この映画で初監督をつとめ自ら脚本も書きました。この映画を観終わった時、ミリオンダラー・ベイビーってこの人の脚本があったからこそ成功した映画だったんだろうな〜と思されるほど、共通した創作意識を感じました。


 この物語はアメリカにおける銃による犯罪、人種問題、貧富格差などをいくつかの独立したエピソードでそれぞれ人物に焦点を当てながら画いていくのです。普通の人間が当たり前のようにいだく世の中の不公平感、銃や暴力による町の治安への不安、家族の看護で疲れてしまった毎日の生活感、仕事と私生活で変わってしまう倫理観、そして愛する人々とのすれ違い。そういった少しずつ人の中に溜まった不満をどこかで晴らした時、また別の人間を不幸に貶めてしまったりする事への悲しさ。そんな独立したエピソードが互いに少しずつ影響し始め、そして最後はクラッシュという形で、ひとつの物語になっていくのです。

こんな解説では何のことやら?と思われている人も多いかもしれませんが、暗いテーマなのに説教くさくもなく重過ぎる展開でもないのに、最後には人の心に何かを残す作品なのです。


 ポール・ハギスさんの脚本にはハリウッドでは定評があり、サンドラ・ブロックさんなど多くの役者さんが出演の売り込みに来ていたと言われるだけあって、有名な役者さんだけでなく普段見かけない海外ドラマなどで活躍している演技派の方たちも多数出演していました。現在撮影中のクリント・イーストウッドさんと再び組んで制作している“硫黄島”や次回作以降の作品が楽しみな人なのです。


 でも、ポール・ハギスさんが脚本を書くことに決まっているリライトで脚本に参加している(←ご指摘いただいたので修正しました)“カジノロワイヤル”007シリーズの最新作のボンドガールは、ハリウッド女優へのオファーがことごとく断られなかなか決まらなかったことは有名ですが、結局フランス出身の日本では無名に近い“エヴァ・グリーン”さんって人に決まったそうです(彼が脚本に参加しているのなら意外といい作品になるかもしれないのに…)。人気のポール・ハギスさんを起用して前評判でこれだけ不評な作品なら、007の制作は中止にすれば良かったのでは?(おいおい)



クラッシュ
クラッシュ


この記事へのコメント
ポール・ハギスは「カジノ・ロワイヤル」にはリライトで参加していて、原案は他の2人の脚本家によるものです。
Posted by at 2006年02月19日 14:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。