2006年02月16日

スウィングガールズ

 安心して楽しめる映画でした。

普通の女子高生が、補修をサボるために吹奏楽をはじめるのですが、吹奏楽をするには人数が足りないので、とりあえず少ない人数でできるビックバンドを結成してジャズをはじめるのです。最初は仕方なくはじめたはずなのに、いつのまにか演奏することに楽しみを覚え、やがて自分で楽器を買うほどに夢中になってしまうのです。そして…


 とまあ、ウォータボーイズの頃から変わらず、矢口史靖監督は青春物語と吉本新喜劇をあわせたようなテイストの映画を撮りますね〜。

どのへんが吉本新規劇なのかと言うと、

9回ツーアウト、最後のバッターが彼女がくれたお守りを握り締め、お前のために打つ!ってポーズをしたり、バッターに対してヤジや悪口の言う観客に打ち上げたファールボールが悪口を言った本人に直撃するといったところなど、さらに崖や土手から落ちるような危険でスタントが必要なシーンに、誰が見ても人形と分かる物を使うところがです(よけい分かりにくいか?)。

吉本新喜劇って毎週見ると面白くないんだけど、たまにみると面白い、そんな感じのサービス満点の映画でした。(吹奏楽をやっていた人がこの映画を観てどう思うのか?ちょっと気になります。)



スウィングガールズ スタンダード・エディション
スウィングガールズ スタンダード・エディション




 映画の中で上野樹里さんの妹役の子がゲームをしているのですが、普通はタイアップでもしていなかぎりゲーム画面を映さなかったり、やたらに古いゲーム(スパーマリオとか)やってたりするのに、なぜか中途半端に新しい音ゲーをやっていることに不自然さを感じていたのですが、最後に演奏する曲目の中でゲームのテーマソングを演奏していたので納得しました。


で、そのゲーム。



スペースチャンネル5 パート2
スペースチャンネル5 パート2


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

映画「スウィングガールズ」
Excerpt: 夏休み補習中の山形の女子高生達が吹奏楽の、演奏の楽しさに触れ、特訓を重ね、市内の音楽祭でビッグバンドジャズを演奏するまでの物語・・。 落ちこぼれ補習組の一員である友子(上野樹里)の大..
Weblog: 茸茶の想い ∞ ??祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり??
Tracked: 2006-02-20 01:58

『スウィングガールズ』を観たぞ〜!
Excerpt: 『スウィングガールズ』を観ました東北の片田舎を舞台にジャズの魅力に惹かれた女子高生がバンドを結成し、紆余曲折を経て一直線に突き進む、爽やかな青春“ジャズ”物語です>>『スウィングガールズ』関連ジャンル..
Weblog: おきらく楽天 映画生活
Tracked: 2008-11-09 22:58
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。