2006年02月11日

犬の特殊能力

 最近では、犬に服を着せたり、犬用セラピーや人間並みの宿泊代を取るペットのホテルなど、擬人化対象にされた犬が増えていますが、人間の20倍近くの嗅覚力をいかし、昔から警察犬や麻薬犬として重宝されています。そしてついに“がん犬”が登場なのです。

アメリカ、カリフォルニア州にあるパインストリート財団の研究結果で、今回対象となった肺がん、乳がんの患者と、健常者が息を吹きかけたサンプルを犬にかがせたところ、90%以上の確立でかぎ分けた。ラブラドールという日本でもなじみ深い犬種で実験され、中には完治した患者にも犬が反応したが、一年半後、その患者は皮膚がんの再発が確認されたケースもある。

だそうです。


この手法では早期のがん患者でも発見することができるそうなので、今後の研究に期待がかかっているそうなのですが、何で犬じゃなきゃ、だめなんだろう?

別に犬じゃなくても、飲酒検問などで息を吹きかけて使われるアルコール検知器のような物の方が、信頼性があるような気がするんですけど…。

それとも科学では解けないような能力を、犬が持っているんですかね〜?

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/13124505

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。