2006年02月08日

警告のセンス

 先日、友人たちとお鍋をすることに決まったので、駅の上にあるビルで集合することになりました。時間より少し早く着いてしまいみんなを待っていたのですが、その待ち合わせ場所は外気と比べれば暖かいのですが、人通りが多く付近のドアが開くたびに冷たい風が入ってくるのです。
そこで、近くにあった自動販売機であったか〜い紅茶でも飲もうかな?と思ったのですが、
すぐ横にある張り紙には、

この付近での飲食、禁煙は禁止です。


と書いてあるのです。


 目の前には温かい飲み物があるけど、わざわざ外に出て飲む気にもなれないので、まるで目の前でおあずけをされた犬のような気分です。だったらこんなところに自動販売機を置くなよ!と思ったのですが、資本主義の世界なので矛盾も出てくることもあるよな〜と自分を納得させてみたのですが、
禁煙の禁止と言うことは、タバコは吸ってもよろしいのでしょうか?(それとも、禁煙している人にタバコを吸え!とでも言いたいのでしょうか?)


 禁止しなければならない事を禁止してしまう禁止事項って、いったい…。

もうすこし、日本語の勉強をして欲しいところです。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。