2006年01月30日

ディズニーがピクサーを買収なのです。

 最近、ディズニーとピクサーの関係は悪化して両者の提携がなくなりそうだったので、ピクサーが単独で作品を作ったらどんな映像を見せてくれるのだろう?と思っていたら、

2006年1月24日にピクサー・アニメーション・スタジオを米ウォルト・ディズニーが74億ドル(約8500億円)で買収すると発表した。買収に伴い、ピクサーの代表で米アップルコンピュータの最高経営責任者(CEO)としても知られるスティーブ・ジョブズ氏が、ディズニー前CEOのマイケル・アイズナー氏を抜き最大の個人株主になるとともに、ディズニーの取締役も兼ねる

だそうです。


 とりあえず、ディズニー映画ファンと、最近は値を下げていたディズニー株を所有している人にとってはうれしい一報でしょうね。“モンスターズ・インク”の頃から発表されていない2006年6月公開予定の“カーズ”以降の作品が、ちかくラインナップとして上がってくることになると思われます。

ピクサーは1995年に公開された“トイ・ストーリー”以来、アニメの制作と配給でディズニーと協力関係にありましたが、 “Mr.インクレディブル”で大人向けな作品を制作した頃から両者の関係は完全に悪化し、“カーズ”を最後に協力関係を解消することが決まっていました。ジョブズさんとディズニーの前CEOのマイケル・アイズナーさんとの個人的関係の悪化も背景にあると指摘されていましたが、

「インクレディブルのようなキャラクターじゃ〜、子供達は商品を買ってくれないんだよ!
“ファインディング・ニモ”みたいなかわいいキャラをもっとたくさん作ってくれよ!!」


と、ケンカでもしていたのでしょうね(たぶん正解)。

昨年の秋ぐらいに、ロバート・アイガーさんがディズニーCEOに就任してから両会社の関係修復に努めていましたので、映画を自由に製作する権利や、株などの大人の事情が発揮されて修復されたと思われます。


 で注目ポイントは、この買収前に決まっていた“トイ・ストーリー3”のディズニー単独制作。はじめての両者の提携作品である映画の第3弾が、ピクサー抜きで作られているのです。昨年公開されたディズニーのみで制作された“チキン・リトル”がキャラクターのかわいらしさのためなのか?そこそこヒットしているのですが、ストーリー展開の支離滅裂さがディズニーアニメの崩壊を感じさせる映画となっていました。そのため、ピクサーが“トイ・ストーリー3”のテコ入れと称して口出ししてきたり、この映画がピクサー抜きで大ヒットしても、両会社の連携が悪化するんじゃないか?と楽しみな映画なのです(おいおい)

でも、意外とビデオ発売のみの地味な作品になるかもしれませんね。

-------------------------------追記----------------------------------------------


 で、2006年2月1日にディズニー独自で進められていた“トイ・ストーリー3”の制作がいったん白紙になったそうです。

同作品はピクサーとの配給交渉が決裂した時に、続編を制作する権利を持つディズニーが3作目の制作をピクサーの了承無しに開始していましたが、今回の買収劇でトイ・ストーリー3の制作の可否はピクサーに一任されたそうです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/12495306

この記事へのトラックバック

アップルのスティーブ・ジョブズ氏がディズニーのCEOに?
Excerpt: 先週、もっとも米国メディアを賑わせたのは、やはりディズニー(Disney) による、アニメ製作会社 ピクサー(PIXAR) の買収です。 皆さんはこのピクサー という会社をご存知でし..
Weblog: ◆ 米国 IT企業社長のブログ ◆
Tracked: 2006-01-30 15:09

File.10 ピクサー、ディズニー傘下へ
Excerpt: CGアニメーション映画を作れば必ずヒットに導き、いまや世界トップクラスアニメーション工房のひとつとな
Weblog: 映写室からのつぶやき
Tracked: 2006-01-31 22:56

ファインディング・ニモ
Excerpt: 今日は、娘と『ファインディング・ニモ』のDVDを借りてきました。 娘のために借りてきたはずが、私のほうがかなりのめり込んでしまいました オープニングの突然の出来事に引きつけられて、エンディングまで..
Weblog: 快適☆シングルマザー生活☆
Tracked: 2006-02-02 23:08

ミッキーとウッディ・・・小が大を呑む新旧融合
Excerpt: この話題、ほってはおけません。2月6日号のタイム誌のビジネス欄は「ウッディがミッキーに出会うとき」("When Woody Met Mickey")というタイトルで、ディズニーに売却されたスティーブ・..
Weblog: 博多っ子の元気通信
Tracked: 2006-02-04 11:36

スティーブ・ジョブズ
Excerpt: スティーブ・ジョブズ-偶像復活posted with amazlet on 0
Weblog: 独善的な読前書評
Tracked: 2006-02-05 12:33
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。