2005年12月20日

米国産牛肉輸入を再開したみたいです

 政府は、牛海綿状脳症(BSE)の発生で止まっていた米国などの北米産牛肉の輸入再開を2005年12月12日に決めたそうです。そして18日には最上級のヒレ肉 “テンダーロイン”約100kgがアメリカから空輸されてきたそうです。

少し前に牛肉の産地偽装問題もあったのでスーパーの表示なんか信用できないもんね!
しばらくは牛肉を食べないことにしよっと!!

と思ったのですが、牛肉そのものよりゼラチン質や牛エキスとか危険部位に近いところの方が、スープのだしとかに使われれる可能性もあるのでチェック仕切れないし、そもそも異常プリオン自体が原因かどうかわかってないし…、あきらめて楽しく焼肉でも食べたほうがお得なのかも?(笑えない)

気になるのが、食品安全委員会が日本側と北米側の検査体制に大差がないと主張していることなのです。個体識別をして全頭検査している日本と、骨格や肉質で月齢判断をしたり、サンプル検査しかしていないアメリカと、どこが同じなの?日本の検査体勢もそれぐらいいい加減になっていると言いたいのでしょうか?
そしてアメリカの検査体制をチェックする調査チームを今ごろ派遣するそうですが、調査結果の発表は来年春頃だそうです。つまりこの2年間はちゃんと調査もしていなくて、アメリカ側からの圧力の押されて輸入再開したと宣言しているのと同じことなのです。2年間の輸入停止の間にアメリカは何の改善もしてこなかったのにいきなり再開を決めたと言うことは、日本の世論が静まるのを待っていただけなのでしょうか?

とりあえず牛肉そのものを食べないことを心の誓ったのですが、でも愛する人が一生懸命作った料理なら食べちゃうかも?(笑えない)


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

牛丼がっつく?
Excerpt: 16日に 米国産牛肉 が2年ぶりに輸入再開し、 早くも今日 には焼肉店に並ぶそうです(汗) 安く..
Weblog: リクエストメール で時給 1万円 Blog
Tracked: 2005-12-20 11:15

食い倒れ
Excerpt: ゆっくり脳に効いていくかもしれない牛肉、 米国産がもうここ大阪に出回りはじめたって。 食べても即発症しないからウヤムヤなんだろうね。 即発症もいつか発症も、結局変わらないと思うけど。 これからどこ..
Weblog: cafe STILL CRAZY
Tracked: 2005-12-20 12:30

現代栄養学の間違い。牛乳・チーズ・卵は危険!
Excerpt: 日本人の食生活欧米化の裏には「アメリカ小麦戦略」が。その結果、日本は食糧輸入大国化、成人病患者の増加という危機に晒されている!
Weblog: 【身体と心と世界を癒す!】
Tracked: 2005-12-20 19:57

アメリカから再来日
Excerpt: いよいよ来日されましたね。
Weblog: プリンに抹茶と生クリーム
Tracked: 2005-12-21 00:51

待ち遠しいもの
Excerpt: もうすぐ、クリスマスがやってきますね。 今年はちょうど土日に当たるので、待ち遠しく思っている人たちもたくさんいることでしょう。 東京は週末も晴れそうですから、イルミネーションもきっときれいでしょうね。..
Weblog: after 911
Tracked: 2005-12-21 14:56

輸入牛肉再開を耐震偽装に重ねてみる
Excerpt: もう輸入再開されたのだが、基本的に兄やんが反対しているのは、現在の条件が安全に不安がある、ということだけではなく、その検査機関が機能するのか、全く信用ができないからである。 マンションの耐震偽造すら..
Weblog: 政治家・兄やんの一言モノ申すブログ
Tracked: 2005-12-24 22:15

外務省にはBSE存在せず
Excerpt: よく分からん米国産牛肉解禁を書いた後、念のために外務省の海外安全ホームページでBSEを検索したら、不思議なことに一つもヒットしなかった。
Weblog: 佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン
Tracked: 2005-12-24 22:38

狂牛病の恐怖について考えてみる 第二幕
Excerpt: 第二膜 「二人はプリオン MAXHEART」 みなさんどうもこんばんわ!。 北陸地方は雪で真っ白です。家を観察したら、つららが大量にできてました。 ここは何処なんでしょうか?。そう富山県..
Weblog: しゃも(鶏)が「勝手に解説するぜ!オイコラ聞けよ!」
Tracked: 2006-01-09 21:42
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。