2005年12月15日

ハリー・ポッターと炎のゴブレット

 冒頭で、あのルールが良く分からないクィディッジのワールドカップ大会が行われるシーンから始まるのですが、いきなりハリーの宿敵に競技会場が襲われるのです。現実の世界でもオリンピックやサッカーなど世界中の注目が集まる場所には、テロの危険性を心配して厳重な警備がされているのに、ハリー・ポッターの世界でもテロかよ!と、現実の世界引き戻されました(おいおい)。

そのほかにもドラゴンと対決するところや、ハリーが水中をスピード感ある泳ぎ方をしたり、宿敵と対決するシーンは迫力ありました。今までのシリーズにはないアクションが多くて、ロードオブザリングを思い出させるような迫力のある映像が増えていました(今年からは、比較される心配もないですからね!)2時間を越える長編映画なのに、息もつかせぬ展開で、あっという間に終わってしまいましたが…

1作目の頃は内容も倫理観も小学生レベルだったのに、いつのまにか学園ドラマのような淡い恋心やリビドーなど感じさせる部分もクローズアップされてきました。1作目から観ている子供達も大きくなってきたので映画の内容も成長させたのでしょうか?

そして、かわいかったホグワーツの生徒達も、だんだんこまっしゃくれたガキになってきたし、
主役のラドクリフ君も6作目まで出演することは確約しているそうですが、「最終作になる予定の作品には出演するかどうか決めかねている」と、答えているそうですが、

7作目だけ主人公変わってたらおかしいだろ!

ギャラを釣り上げるための作戦じゃないのか?と考えてしまいます(すでに45億円ほど貰っているそうです)。それにエンドロールで流れる曲も不自然な曲になってるし…。だんだん裏で暗躍する大人の事情が見え隠れしてきました。
観ている子供達への影響も気になりますが、資本主義を理解するための教材としては最適なのかも(?)。


 今回は間違えて吹き替え版のほうを観てしまったのですが、ハリーが日本語をしゃべるだけで、なんてオリエンタルな世界観に変わるんだ!と驚いてしまいました。テレビなどでは吹き替え版を観たこともありましたが、やっぱり映画は現地の言葉で話してもらわないと、微妙なニュアンスは伝わらないことをあらためて思い知らされました(もう1回字幕版を観に行こうかな?)。
そうそう、あのハリー役の声優の小野賢章くんも少し声変わりしていたみたいです。



ハリー・ポッターと炎のゴブレット 通常版
ハリー・ポッターと炎のゴブレット 通常版

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

小野賢章
Excerpt: 小野賢章日本・福岡県| 民族 = 日本人| 血液型 = | 生年 = 1989| 生月 = 10| 生日 = 5| 没年 = | 没月 = | 没日 = | ジャン..
Weblog: まなみの記録
Tracked: 2007-07-27 12:52
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。